カテゴリ:ミケランジェロ



作品解説 · 02日 1月 2022
【作品解説】ミケランジェロ「最後の審判」
《最後の審判》は、1536年から1541年にかけてミケランジェロが、バチカン市国のシスティーナ礼拝堂の祭壇壁一面に描いたフレスコ画。 キリストの再臨と全人類に対する神による最後の、そして永遠の裁きが描かれている。死者が蘇り、それぞれの運命に降りかかる様を、著名な聖人たちに囲まれたキリストがさばいている。 フレスコ画の下部では、ミケランジェロは伝統画に従って、左側に救われた者が昇天し、右側に呪われた者が堕ちていく姿を描いている。上部では、新たに救われた天国の住人たちが描かれている。 このフレスコ画は、天井画に比べて単色性が強く、肌と空の色調が重要な要素を占めている。 しかし、最近の洗浄と修復の結果、従来よりも幅広い色調があることが明らかになっている。オレンジ、緑、黄色、青などが全体に散りばめられており、複雑な情景に活気を与え、統一感を出している。 この絵は当初から賛否両論で、賞賛も多かったが、宗教的、芸術的な理由による批判もあった。裸体の量と筋肉質のスタイル、そして全体の構図が論争の的となった。 300人以上の人物が描かれているが、男性や天使はほとんど
16日 7月 2020
『ピエタ』像は、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂に収蔵されているミケランジェロによる彫刻作品。ミケランジェロのサイン入りの唯一の作品である。 この作品は、複数あるミケランジェロによる同主題「ピエタ」シリーズの最初の作品で、磔刑の後、母マリアの膝の上で抱かれたイエスの遺体を描いた有名な作品である。 『ピエタ』はローマに駐在していたフランスの枢機卿ジャン・デ・ビルヘールからの依頼で制作された。 カッラーラ産の大理石で作られたこの彫刻は、枢機卿の葬儀の記念碑のために作られたが、18世紀に現在の場所、バジリカの入り口北側の第一礼拝堂に移された。 ミケランジェロによるピエタ像の作風は、これまでのイタリアの彫刻でにはないもので、ルネサンスの理想とする古典美と自然主義のバランスをとった重要な作品として評価されている。
10日 7月 2020
ピーター・ブリューゲル・エルダー、通称「ブリューゲル」(1525-1530〜1569年9月9日)は、オランダ・フラマン・ルネサンス絵画の最も重要な画家、版画家。 中世ヨーロッパの風景画や農民の情景(風俗画)を描いたことで知られており、大規模な絵画において両方のタイプの主題に焦点を当てた先駆者である。 ブリューゲルは宗教的な主題が絵画の主題として当たり前でなくなった時代に最初に育った世代の一人として、また、革新的な主題の選択で注目を集め、オランダの黄金時代の絵画、そしてその後の絵画全般に影響を与えた。
08日 7月 2020
《ダビデ》像は、イタリアの芸術家ミケランジェロが1501年から1504年の間に大理石で制作されたルネッサンス彫刻の傑作。 ダヴィデ像は5.17メートル(17.0フィート)の大理石像で、フィレンツェの芸術で好まれていたの主題のひとつである。 ダヴィデ像はもともと、フィレンツェ大聖堂の東端の屋根に沿って設置される一連の預言者像の一つとして制作依頼されていたが、最終的にはフィレンツェの市民政府の所在地であるヴェッキオ宮殿の外、シニョーリア広場の公共の広場に設置されることにななった。1504年9月8日に除幕された。 この像は1873年にフィレンツェのアカデミア美術館に移され、のちにレプリカ作品が元の場所に設置された。
06日 7月 2020
ミケランジェロ・ディ・ロドヴィコ・ブオナロティ・シモーニ(1475年3月6日-1564年2月18日)は、盛期ルネサンス時代のフィレンツェ共和国で生まれ、後の西洋美術の発展に比類のない影響力を発揮したイタリアで最も有名な彫刻家、画家、建築家、詩人。 一般的に「ミケランジェロ」という名称で知られている。彼の芸術的多彩さと技術的高さは、当時ライバルだったレオナルド・ダ・ヴィンチにともに比較され、典型的な「ルネサンス・マン」の称号の与えられるほど評価が高かった。 代表作は30歳前に制作した「ピエタ」と「ダビデ」の2つの彫刻作品。また、ダ・ヴィンチと異なり絵画にはあまり関心を示さなかったが、ローマのシスティナ礼拝堂の天井に描いた《システィーナ礼拝堂天井画》と祭壇の壁に描いた《最後の審判》は、西洋美術史上最も影響力のあるフレスコ画として評価されている。