カテゴリ:イタリア



古典 · 21日 7月 2020
ジョット・ディ・ボンドーネ(1267年頃-1337年1月8日)は、一般的にジョットとして知られる中世後期のイタリアの画家、建築家。ゴシック・黎明期ルネッサンス期に活躍した芸術家と見なされている。 ジョットの同時代の銀行家であり歴史家でもあるジョヴァンニ・ヴィラーニは、ジョットを「彼の時代で最も君臨的な絵画の巨匠であり、自然に沿った人物やポーズを描いた」と評価し、彼の「才能と卓越性」は公に認められていたと記録している。 ジョルジョ・ヴァザーリは、著書『最も優れた画家、彫刻家、建築家の生涯』の中で、ジョットはこれまで流行していたビザンチン様式に決定的な打ちこわし、今日私たちが知っているような偉大な絵画芸術を確立し、200年以上も放置されていた技術を蘇らせたと評している。

作品解説 · 04日 2月 2020
《最後の晩餐》は、15世紀後半にイタリアの画家レオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された壁画作品。ミラノのサンタ・マリア・デレ・グラツィエ修道院の食堂の壁に描かれており、西洋世界で最も有名な絵画の1つと認識されている。 制作開始時期1495年から96年頃と想定されており、レオナルドのパトロンだったミラノ公爵ルドヴィコ・スフォルツァの教会と修道院の建物の改修計画の一部として依頼を受け制作されたものである。 この絵は、ヨハネの福音書13:21で伝えられているように、イエスの最後の晩餐と使徒たちの様子で、レオナルドが十二使徒のうちの1人がイエスを裏切ると告知して十二使徒の間で起きた驚きを描写している。 使用された道具やさまざまな環境要因、意図的に付けられた損傷のため、1999年に最後の修復が幾度も行われたにもかかわらず。今日ではオリジナルの絵はほとんど残っていない。

作品解説 · 26日 1月 2017
《不安を与えるミューズたち》は、1916年から1918年にかけて制作された形而上絵画の画家ジョルジョ・デ・キリコの作品。 第一次世界大戦時にデ・キリコが軍役でフェラーラに滞在していたときに制作されたものである。デ・キリコはフェラーラを完璧な幾何学的な街と感動し、フェラーラの神秘的な街並みを作品に何度も描いている。本作《不安を与えるミューズたち》もまた、フェラーラの町並みを描いたものである。 当時、キリコが住んでいた近くにあったエステンセ城が背景に描かれており、煙突のある工場や作品全体にかかるサビの赤色が特徴的である。