ブログカテゴリ:エドガー・ドガ



近現代美術 · 15日 3月 2018
《オペラ座のオーケストラ》は、1870年にエドガー・ドガによって制作された油彩作品。450 ×560 cm。オルセー美術館所蔵。 ドガは意図的に、通常は描かれるはずの劇場の舞台を不明瞭にし、代わりに舞台下の観客座席、なかでも音楽演奏席に焦点を置いて描いた。音楽演奏席と舞台のコントラストは、3つのエリアの描き方の違いで補強されている。 描かれた劇場は3つのエリアに分かれている。画面の一番下は観客席、中央が音楽演奏席、画面の一番上がバレリーナが踊る舞台である。この絵画ではバレリーナの脚がフットライトで照らされているが、上半身がカットされている。

画家 · 18日 2月 2018
エドガー・ドガ(1834年7月19日-1917年9月27日)はフランスの画家、彫刻家、版画家。ダンスを主題とした作品でよく知られており、実際にドガの作品の半分以上はダンスの絵である。 デッサンに非常に優れた画家で、特にバレエダンサーや競馬場の馬や騎手、ヌード女性の動きを描写するのが得意だった。肖像画は心理的な複雑さや人間の孤独性の描写に秀でていた。 また、ドガは印象派の創設者の一人とみなされているが、ドガ自身は印象派と呼ばれることを嫌い、写実主義を主張していた。 幼少の頃からドガは、歴史的古典絵画を描きたいと思っていたため、厳格なアカデミック訓練を受け、古典芸術の熱心な研究を行う。しかし、30代前半からスタイルをやや変更し、歴史的巨匠の伝統的な技術で現代の主題を描くようになり、モダニズム生活の古典画家と呼ばれるようになった。