カテゴリ:近代美術



アーティスト一覧 · 03日 2月 2023
【美術解説】アルベルト・ジャコメッティ「20世紀モダニズム彫刻の代表、実存主義の不安」
アルベルト・ジャコメッティは、20世紀を代表する彫刻家として知られています。特に戦後のフランスの彫刻界において最も高い評価を得ています。本記事では、アルベルト・ジャコメッティの生涯や作品を解説し、彼の芸術様式を紹介します。彼の作品からは、人間の状態についての哲学的な疑問、実存論的、現象学的な議論が抽出されます。彼の作品は、極力余分なものをすべてそぎ落とし、本質に迫ろうとする、独特な人間像を模索するものです。さあ、本記事を読み進めて、アルベルト・ジャコメッティの芸術世界に触れてみましょう。
アーティスト一覧 · 03日 2月 2023
【美術解説】ジャクソン・ポロック「アクションペインティング」
アメリカの美術家であるポール・ジャクソン・ポロックは、抽象表現主義ムーブメントを先導し、独自のスタイルであるドリップ・ペインティングを開発しました。彼の作品は、「アクション・ペインティング」として広く知られています。本記事では、ポール・ジャクソン・ポロックの生涯や作品を解説し、彼が美術界にもたらした影響について詳しく解説します。また、彼の作品を評価するための視点を提示し、ポール・ジャクソン・ポロックが美術界に与えた価値を考察します。
作品解説 · 02日 2月 2023
【作品解説】アンディ・ウォーホル「キャンベルスープの缶」
アンディ・ウォーホルのキャンベルスープ缶作品は、1960年代のポップカルチャーを代表する作品として知られています。この記事では、ウォーホルのキャンベルスープ缶作品について、その作品概要や特徴、そしてその意味を詳しく解説します。また、ウォーホルがキャンベルスープ缶作品を制作した背景などもご紹介します。芸術史の一端を学びたい方、そしてウォーホルの作品に興味がある方は、ぜひご一読ください。
作品解説 · 26日 1月 2023
【作品解説】マルセル・デュシャン「泉」
マルセル・デュシャンの「泉」の背景と制作について深く掘り下げることは、美術愛好家にも一般読者にも有益なことです。この記事には、彼のキュビズム絵画から「泉」の制作につながった事件などの詳細など、この間に起こったことの概要が書かれています。ダダイスム運動の効果を知り、マルセル・デュシャンの作品への貴重な洞察を得てください。さっそく、ご紹介しましょう。
アーティスト一覧 · 18日 1月 2023
【美術解説】パブロ・ピカソ「20世紀最大の芸術家」
ピカソは芸術の世界で最も象徴的な人物の一人であり、彼の芸術作品と影響力は将来にわたって記憶されることでしょう。この記事では、ピカソがなぜ有名なのか、彼の作品と芸術界全体への影響について説明します。また、彼の私生活や生い立ち、そしていくつかの経験がどのように彼の傑作のいくつかを生み出すことにつながったのかについても説明します。ピカソがなぜ歴史上最も偉大な芸術家の一人とされるのか、彼の作品にもっと詳しくなりたいという方には、まさにうってつけの記事です。さて、本題に入りましょう。
アーティスト一覧 · 12日 1月 2023
【美術解説】ピエト・モンドリアン「コンポジション」
モンドリアンの抽象画は時代を超えて愛され、そのシンプルさとモダニズム的な抽象表現が現代のアーティストに影響を与えることも少なくない。シンプルな線、形、色で感情や感覚を呼び起こす能力は、モンドリアンが目指したものであった。普遍的で感情的なつながりを生み出そうとしたモンドリアンの芸術を解説していく。
アーティスト一覧 · 11日 1月 2023
【美術解説】ルネ・マグリット「視覚美術と哲学の融合」
ルネ・フランソワ・ギスラン・マグリット(1898年11月21日-1967年8月15日)はベルギーの画家。シュルレアリスト。 ある物体が、現実的にはありえない場所に置かれていたり、ありえないサイズで描かれる手法デペイズマンをたくみに利用するシュルレアリスト。 初期はエロティシズムや女性を主題とした作風だったが、1930年代以降になると、ほかのシュルレアリストに比べて内面的な表現はかなり抑制され、「白紙委任状」のような錯覚を取り入れただまし絵作品や、「イメージの裏切り」のような哲学的要素の高い理知的な表現が際立つようになる。 そのため哲学者のミシェル・フーコーをはじめ、多くの美術関係者以外の知識人にも人気が高い。また、具象的でインパクトが強い絵画でもあるため、サルバドール・ダリ同様、のちのポップカルチャーへの影響も大きい。 シュルレアリスムのリーダー、アンドレ・ブルトンと対立があったものの、生涯シュルレアリスムの表現思想には忠実。またポップ・アート、ミニマル・アート、コンセプチャル・アートなどアメリカ現代美術に大きな影響を与えている。
アーティスト一覧 · 08日 1月 2023
【美術解説】サルバドール・ダリ「ダブルイメージを発明したシュルレアリスト」
サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク(1904年5月11日-1989年1月23日)は、一般的に“サルバドール・ダリ”という名前で知られているスペイン・カタルーニャ州の画家。シュルレアリスト。 ルネサンスの巨匠たちに影響を受けて身につけた熟練した絵画技術でもって、数々のシュルレアリスム作品を制作。 あるイメージをあるイメージに重ね合わせて表現するダブルイメージ手法「偏執狂的批判的方法」の発明者として、シュルレアリスムでは評価されている。代表作品は1931年8月に完成させた『記憶の固執』。ここでは、時計とカマンベールチーズを重ね合わせて表現している。 絵画以外の活動も多彩で、メディア露出をほかのシュルレアリストより重視していたのが最大の特徴。著述、映画、彫刻、写真などさまざまな大衆メディアに頻繁に登場。アメリカでは大衆文化のスターとなり『Time』誌の表紙にもなった。特に注目を集めたのはダリの奇行癖。作品以上にむしろ奇行のほうが知られていたといっても過言ではない。
アーティスト一覧 · 05日 1月 2023
【美術解説】グスタフ・クリムト「ウィーン分離派の創設者」
グスタフ・クリムト(1862年7月14日-1918年2月6日)はオーストリアを代表する画家、ウィーン分離派の創設者であり、代表的なメンバー。装飾芸術、絵画、壁画、ドローイング、オブジェなどさまざまなメディアで制作。中心となるモチーフは女性の身体で、率直なエロティシズム表現が特徴である。 滅亡前のオーストリア=ハンガリー二重帝国の首都ウィーンの頽廃的な雰囲気を、豊麗な女のイメージによって、もっとも見事に形象化したといわれる。ハプスブルグ家の支配するオーストリア・ハンガリー帝国の首都として独特な爛熟した文化を生み出してきた世紀末のウィーンは、支配的な社会階層が贅沢な饗宴にうつつをぬかし、病的に快楽を追求した時代だった。現在の日本を彷彿させるところがある。
アーティスト一覧 · 04日 12月 2022
【美術解説】アンリ・マティス「フォーヴィスムの創始者」
もしあなたが視覚芸術を愛し、かつ近代美術の先駆者であるアンリ・マティスに憧れているなら、この記事はあなたのためのものです。ここでは、彼の人生と芸術的影響、そしてマティスが率いたフォーヴィスム派について、その特徴と彼の貢献について深く知ることができます。また、彼の芸術的な歩み、作品、そしてその背景にある哲学についての洞察も得ることができます。この革命的な芸術家の作品にインスピレーションを受けるために、飛び込んでみてください。

さらに表示する