作品解説

作品解説 · 10日 8月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの病院」
「アルルの病院」は、フィンセント・ファン・ゴッホが、1888年12月と1889年1月に滞在していた病院を描いた2枚の絵の題材である。 この病院は南フランスのアルルにある。そのうちの1枚、《アルルの病院の庭(アルルの病院の中庭ともいう)》は、4つの建物の間にある中央の庭の絵でよく知られている。もう1枚は病院内の病室を描いた《アルルの病院の病室》である。 ほかにゴッホは、入院中の主治医の肖像画《フェリックス・レイ医師の肖像》も描いている。
作品解説 · 06日 8月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「オリーブの木」
フィンセント・ファン・ゴッホは、1889年にサン=レミ=ド=プロヴァンス居住時期を中心に、少なくとも15枚のオリーブの木を描いている。 1889年5月から1890年5月まで、ゴッホ自身の希望で同地の精神病院に滞在し、病院の庭や、許可を得て壁の外に出て近くのオリーブの木や糸杉、小麦畑を描いていた。...
作品解説 · 14日 7月 2022
【作品解説】ジェームズ・ホイッスラー「薔薇と銀:磁器の国から来たお姫様」
《薔薇と銀:磁器の国から来たお姫様》は、画家ジェームズ・ホイッスラーが1863年から1865年にかけて制作した絵画。現在、ワシントンD.C.のフリーア美術館にある「孔雀の間」の暖炉の上に飾られている。 絨毯や屏風、大きな花瓶など、アジアの美術品に囲まれ、西洋風に着物をきこなしたヨーロッパ人女性が立っている様子が描かれている。 彼女は手扇を持ち、「切なげに」前を見ている。全体は印象派的な手法で描かれている。 絵画の額縁には、絵と同様のモチーフで、連なる円と無数の長方形の装飾が施されている。
作品解説 · 03日 7月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの跳ね橋(ラングロワ橋)」
《悲しむ老人(永遠の門)》は、フィンセント・ファン・ゴッホが初期のリトグラフ作品をもとに、1890年にサンレミ・ド・プロヴァンスで制作した油彩画。 この絵は、自殺とされる死の2カ月ほど前に体調を崩し、療養していた5月上旬に完成した。1970年のカタログレゾネでは、「使い古されたもの:永遠の門」というタイトルがつけられている。
作品解説 · 30日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ヴァン・ゴッホ作品一覧
《ひまわり》《星月夜》といった代表作やオークションの高額落札品までゴッホの作品を幅広く紹介しています。
作品解説 · 28日 6月 2022
【美術解説】ゴッホの静物画(オランダ編)
静物画は、ゴッホのオランダ初期作品において描かれた多くのドローイング、スケッチ、絵画の主題である。 オランダで制作された静物画の多くは、ゴッホがヌエネンに住んでいた1884年から1885年にかけてのものである。地味な色彩が多く、物体を横切って落ちる光の実験を行っていた。 次の2年間(1886~1887年)では、ゴッホが静物画を描く際の題材、色彩、技法を一変させることになる。なお、パリ時代では花の静物画を多く描き、色彩、光、そして近代画家から学んだ技法を試した。
作品解説 · 27日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「悲しむ老人(永遠の門)」
《悲しむ老人(永遠の門)》は、フィンセント・ファン・ゴッホが初期のリトグラフ作品をもとに、1890年にサンレミ・ド・プロヴァンスで制作した油彩画。 この絵は、自殺とされる死の2カ月ほど前に体調を崩し、療養していた5月上旬に完成した。1970年のカタログレゾネでは、「使い古されたもの:永遠の門」というタイトルがつけられている。
作品解説 · 25日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「ジャガイモを食べる人々」
「ジャガイモを食べる人々」は1885年にフィンセント・ファン・ゴッホが制作した油彩作品。82cm × 114cm。アムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館が所蔵している。 1885年の3月から4月上旬にかけて、ゴッホは「ジャガイモを食べる人々」の習作スケッチをしており、それをパリにいる弟テオに送っているが、テオはこの作品に関してあまり関心を持たなかったとされ、また画面全体が暗すぎると批判も浴びた。 テオの反応をよそに、当時のゴッホとしては自身が本当に表現したかった農民の姿を描いたベスト作だったと述べている。また、かなり難易度の高い構図を描き上げて、自身が優れた画家への道を歩んでいることを証明したかったという。
作品解説 · 21日 6月 2022
【美術解説】ゴッホの農民画
・概要 ・背景 ・農民という主題 ・芸術的発展と影響 ・農民や肉体労働者への配慮 ・産業化への懸念 ・農民の特徴研究 ・女性 ・男性 ・男女の役割分担 ・女性 ・男性 ・男女共同作業
作品解説 · 18日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホの初期作品
ゴッホが絵を書き始めたのは遅い。初期作品は、フィンセント・ファン・ゴッホが27歳と28歳のとき、本格的な芸術探求を始めた1881年と1882年に描いた絵画と素描の作品群から構成されている。 この2年間、ゴッホはいくつかの場所で暮らした。1881年に約1年間学んだブリュッセルを離れ、エッテン(北ブラバント州)の実家に戻る。エッテンで住民の何人かを描いている。...

さらに表示する