カテゴリ:フィンセント・ファン・ゴッホ



作品解説 · 10日 8月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの病院」
「アルルの病院」は、フィンセント・ファン・ゴッホが、1888年12月と1889年1月に滞在していた病院を描いた2枚の絵の題材である。 この病院は南フランスのアルルにある。そのうちの1枚、《アルルの病院の庭(アルルの病院の中庭ともいう)》は、4つの建物の間にある中央の庭の絵でよく知られている。もう1枚は病院内の病室を描いた《アルルの病院の病室》である。 ほかにゴッホは、入院中の主治医の肖像画《フェリックス・レイ医師の肖像》も描いている。
作品解説 · 06日 8月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「オリーブの木」
フィンセント・ファン・ゴッホは、1889年にサン=レミ=ド=プロヴァンス居住時期を中心に、少なくとも15枚のオリーブの木を描いている。 1889年5月から1890年5月まで、ゴッホ自身の希望で同地の精神病院に滞在し、病院の庭や、許可を得て壁の外に出て近くのオリーブの木や糸杉、小麦畑を描いていた。...
作品解説 · 03日 7月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの跳ね橋(ラングロワ橋)」
《悲しむ老人(永遠の門)》は、フィンセント・ファン・ゴッホが初期のリトグラフ作品をもとに、1890年にサンレミ・ド・プロヴァンスで制作した油彩画。 この絵は、自殺とされる死の2カ月ほど前に体調を崩し、療養していた5月上旬に完成した。1970年のカタログレゾネでは、「使い古されたもの:永遠の門」というタイトルがつけられている。
作品解説 · 28日 6月 2022
【美術解説】ゴッホの静物画(オランダ編)
静物画は、ゴッホのオランダ初期作品において描かれた多くのドローイング、スケッチ、絵画の主題である。 オランダで制作された静物画の多くは、ゴッホがヌエネンに住んでいた1884年から1885年にかけてのものである。地味な色彩が多く、物体を横切って落ちる光の実験を行っていた。 次の2年間(1886~1887年)では、ゴッホが静物画を描く際の題材、色彩、技法を一変させることになる。なお、パリ時代では花の静物画を多く描き、色彩、光、そして近代画家から学んだ技法を試した。
作品解説 · 27日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「悲しむ老人(永遠の門)」
《悲しむ老人(永遠の門)》は、フィンセント・ファン・ゴッホが初期のリトグラフ作品をもとに、1890年にサンレミ・ド・プロヴァンスで制作した油彩画。 この絵は、自殺とされる死の2カ月ほど前に体調を崩し、療養していた5月上旬に完成した。1970年のカタログレゾネでは、「使い古されたもの:永遠の門」というタイトルがつけられている。
美術用語 · 26日 6月 2022
ポール・ガシェ「晩年のゴッホを治療した医師」
ポール・フェルディナン・ガシェ(1828年7月30日-1909年1月9日)は、フランスの医師。 フィンセント・ファン・ゴッホがオーヴェル・シュル・オワーズで過ごした最後の数週間の治療を行ったことで知られている。 ガシェは芸術家、特に印象派の偉大なパトロンであり、またアマチュア画家で、作品には自分の生まれ故郷にちなんで「ポール・ファン・ライセル」とサインを入れている。
美術用語 · 26日 6月 2022
【画商】テオ・ファン・ゴッホ「ゴッホを死ぬまで支援した実弟」
テオドロス・ファン・ゴッホ(1857年5月1日-1891年1月25日)は、オランダの美術商。 フィンセント・ファン・ゴッホの弟で、テオの揺るぎない経済的・精神的支援により、兄は完全に絵画に専念することができた。テオは兄が37歳で亡くなった半年後、33歳で亡くなった。 テオは画商として美術界に大きな影響を与え、オランダとフランスの現代美術を一般に紹介する上で重要な役割を果たした。
作品解説 · 15日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「オーヴェルの教会」
《オーヴェルの教会》は、1890年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩画。実物の教会は、パリの北西27kmに位置するフランス、オーヴェル・シュル・オワーズ市のエグリーズ広場にある。本作品は、パリのオルセー美術館が所蔵している。
作品解説 · 13日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「小麦畑」
《小麦畑》はフィンセント・ファン・ゴッホが、宗教的な学習や説教、自然とのつながり、肉体労働者への感謝、他者に安らぎを与える手段を提供したいという欲求から生まれた数十点の絵画シリーズ。 1885年にオランダで制作された《麦束》から、1888-1890年にフランスのアルル、サンレミ、オーヴェル・シュル・オワーズで描かれたカラフルでドラマチックな作品まで、彼の芸術家としての成長を示す麦畑の作品群。 「ゴッホと神』の著者であるクリフ・エドワードは、次のように述べている。 「ゴッホの人生は統合の探求であり、具体的にはゴッホが関心を持った「宗教」「芸術」「文学」「自然」の観念をいかに統合するかであった」。
作品解説 · 12日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの寝室」
《アルルの寝室》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホ自身が付けたタイトルは「寝室」である。 「黄色い家」として知られる、フランス、ブーシュ・デュ・ローヌ県アルルのラマルティーヌ広場2番地のゴッホの寝室を描いたものである。 右側の扉は上階と階段に通じており、左側の扉はゴーギャンのために用意した客間の扉である。 正面の窓からは、ラマルティーヌ広場とその庭園が見える。この部屋は長方形ではなく、正面の壁の左側の角が鈍角、右側の角が鋭角の台形であった。 ゴッホの手紙によると3つのバージョンがあり、それらは右側の壁に描かれた絵で簡単に見分けることができる。

さらに表示する