· 

【美術解説】アントニ・ガウディ「カタルーニャ・モダニズムの最大の先駆者」

アントニ・ガウディ / Antoni Gaudí

カタルーニャ・モダニズムの最大の先駆者


サグラダ・ファミリア
サグラダ・ファミリア

概要


生年月日 1852年6月25日
死没月日 1926年6月10日
国籍 スペイン
表現媒体 建築
代表作

・サグラダ・ファミリア

・カサ・ミラ

・カサ・バトリョ

関連サイト

https://sagradafamilia.org/

アントニ・ガウディ・イ・コルネ(1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、カタルーニャ・モダニズムの最大の先駆者として知られるカタルーニャ人の建築家。

 

ガウディの作品は、非常に個性的でオンリーワンのスタイルを持っている。主な作品であるサグラダ・ファミリア教会を含め、そのほとんどがバルセロナにある。

 

ガウディの作品は、彼の生活において情熱だったこと(建築、自然、宗教)から影響を受けている。作品の細部を考慮し、セラミック、ステンドグラス、鍛造や大工などの工芸品を建築に統合した。また、廃棄された陶磁器の破片を利用したトレンカディスなど、材料の処理に新しい技術を導入した。

 

ネオゴシック美術と東洋の技術の影響を受けて、ガウディは、19世紀後半と20世紀初頭にピークに達していたモダニスタ運動の一部となり、自然の形に触発された有機的なスタイルで最高潮に達する主流のモダニズムを超越した。

 

ガウディはほとんど彼の作品の詳細な計画を描くことはなかったが、代わりに3次元サイズのモデルを制作し、それらに思いついた細部を造形していくというプロセスを取っていた。

 

ガウディの作品は世界的な人気を博しており、建築家たちから賞賛と研究が続いている。1984年から2005年の間に、彼の作品のうち7つがユネスコの世界遺産に登録された。ガウディは生前からカトリック信仰を強めており、作品の多くに宗教的なイメージが見られる。これにより、「神の建築家」というニックネームを得ている。

サグラダ・ファミリア解説


サグラダ・ファミリアはスペインのカタルーニャ・バルセロナにある巨大なローマ・カトリック教会。スペインの建築家のアントニ・ガウディが設計、現在も建設中だが、既にユネスコ世界遺産に登録されています。

 

また2010年11月には、ベネディクト16世 (当時のローマ教皇)が礼拝に訪れて、正式にローマ・カトリック教会として認定するミサを行い、着工から128年目にして大聖堂(カテドラル)とは異なる上位の教会「バシリカ」となった。

 

サグラダ・ファミリアの着工は1882年に始まりました。翌年に1883年にガウディが主任建築士に任命され、建設計画を独自の方向へ変更しました。

 

ガウディ自身の建築設計や土木設計にこれまでのゴシック様式や曲線的なアール・ヌーヴォー様式を組みわせた構造となっており、直線、直角、水平がほとんどない外観が特徴である。

 

ガウディは1923年、76歳の最晩年まで精力的にこの建設企画に関わったが、彼が生きている間に完成することはできなかった。なお、ガウディの亡骸はサグラダ・ファミリアに埋葬されている。

 

しかしガウディ死後もサグラダ・ファミリアは、ゆっくりだが、市民の建設資金の寄付やさまざまな助力のおかげで建設は続けられている。途中スペイン市民戦争で一時的に建設が中断したり、建築資料を紛失することなどもあったが、1950年代以後は断続的に建設を再開している。

 

プロジェクトの最重要点は残ったままだが、2010年には全体の半分が完成したことになっており、大礼拝堂も完成、公開された。

 

1980年代には、完成までに300年くらいはかかると言われていたが、IT技術などの進展により、現在では2026年の完成が見込まれている。

 

美術批評家のライナー・ツェルプストは、「全地球の美術史においてこのような教会建築は前代未聞である」とコメントしており、またアメリカの建築批評家のポール・ゴールドバーガーは「中世以来のゴシック様式において最も異常で個人的なカラーの強い建築物」とコメントしている。

略歴


幼少期


アントニ・ガウディは、1852年にリウドムス、もしくはレウスで銅細工師の父フランセスク・ガウディ・イ・セラ(1813-1906)と母アントニア・コーネット・イ・バートラン(1819-1876)の間に生まれた。は5人の子供の末っ子で、そのうち3人は成人まで生き延びた。ローザ(1844-1879)、フランチェスク(1851-1876)、アントニである。

 

ガウディ先祖は、南フランスのオーヴェルニュ地方をルーツとしている。先祖の一人である鷹狩人のジョアン・ガウディが17世紀にカタルーニャ地方に移住したという。ガウディ(Gaudí)の姓の起源としては、GaudyまたはGaudinが考えられる。

 

ガウディの正確な出生地は不明である。出生地を裏付ける書類が発見されていないため、彼がレウスかリウドムス、バイクスカンプ地区の隣の2つの市町村で生まれたかどうかについての論争になっている。ガウディの学生時代とプロの時代の両方の身分証明書ともほとんどは出生地としてレウスと記載されている。

 

しかし、ガウディは父方の家族の村であるリオドムスで生まれたことを様々な機会に述べている。ガウディは生まれた翌日、レウスのサン・ペレ・アポストール教会で "Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet "という名前で洗礼を受けた。

 

ガウディは、祖国と創作活動に適した地中海の遺産に対して深く感謝していたという。地中海の人々の創造性、独創性と芸術とデザインに対して生得的な感覚に恵まれていると信じていた。

 

特に夏の間、ガウディ家のマス・デ・ラ・カルデレラに滞在していた時に屋外で過ごした時間は、ガウディに自然を研究する機会を与えた。

 

自然界を楽しんだガウディは、1879年、27歳の時にカタルーニャエクスカーションセンターに参加した。この組織は、カタルーニャと南フランスを探検するための遠征を計画するもので、しばしば馬に乗ったり、1日に10キロの距離を歩いたりした。

 

若いころからガウディは、リウマチなどを含む健康不良問題に苦しんでいた。それが彼の寡黙で謙虚な性格を育てた可能性がある。

 

これらの健康上の問題とクナイプ医師の衛生の理論から、ガウディは人生の早い時期から菜食主義者になった。彼の宗教的な信仰と厳格な菜食主義は、何度か長期的かつ厳しい断食を導いた。これらの断食行為はしばしば不健康なこともあり、1894年には命を脅かすような病気にかかることもあった。

 

ガウディはフランチェスク・ベレンゲールが運営する保育園に通っていた。彼の息子であるフランチェスクは、後にガウディのアシスタントの一人となる。

 

ガウディはレウスのエスコラピオス修道会に入学し、エルアルレクイン(ハーレクイン)と呼ばれるセミナーでドローイングを通じて芸術的才能を発揮した。この間、レウスの織物工場 "Vapor Nou "で見習いとして働く。1868年にバルセロナに移り、カルメ修道院で教職を学ぶ。

 

思春期にガウディはユートピア社会主義に興味を持ち、仲間の弟子であるエドゥアルド・トーダ・イ・グエルとジョセップ・リベラ・イ・サンズと共に、ポブレ修道院の修復を計画し、ユートピアのファランステールに改装しようと考えた。

 

1875年から1878年にかけて、ガウディはバルセロナの歩兵連隊で軍務管理者として義務的な兵役に付いていた。しかし、健康状態が悪く休暇に費やされていたため勉強を続けていた。また、1872年から1876年まで続いた第三次カルリスタ戦争に参加することができなかった。

 

1876年、ガウディの母は57歳で亡くなり、25歳の弟フランチェスクは医師として卒業したばかりだった。この間、ガウディはLlotja学校とバルセロナ高等建築学校で建築を学び、1878年に卒業した。

 

学業資金を得るために、ガウディはレアンドレ・セララッチ、ジョアン・マルトレル、エミリ・サラ・コルテス、フランシスコ・デ・パウラ・デル・ビジャール・イ・ロサノ、ジョゼップ・フォンツェレーなど、様々な建築家や建築家のために製図技師として働いた。

 

建築の授業に加えて、フランス語、歴史、経済学、哲学、美学を学んだ。彼の成績は平均的であったが、時折落第することもあり良い生徒ではなかった。ガウディに学位を授与する際、バルセロナ建築学校の学長であるエリーズ・ロジェント氏は次のように述べています。「我々はこの学問的な称号を愚か者か天才のどちらかに与えてしまった」。

 

ガウディは学位を授与されたとき、友人である彫刻家のロレンス・マタマラに皮肉なユーモアを交えて「ロレンス、私は今、建築家だと言われているんだよ」と言ったいう。

キャリア


ガウディの最初のプロジェクトは、バルセロナのレイアル広場の街灯、未完成のジロッシのニューススタンド、およびCooperativa Obrera Mataronenseの建物のためのデザインだった。

 

彼の最初の重要な仕事であるカサ・ビセンスで広く知られるようになり、その後、より重要な仕事が舞い込むようになった。

 

1878年のパリ万国博覧会で、ガウディは手袋メーカーのコメラのために制作したショーケースを展示した。その機能的で美的なモダニスタのデザインは、カタルーニャの実業家エウセビ・グエルに感銘を与え、彼はガウディに次々と仕事を依頼した。

 

グエルのワインセラー、グエルのパビリオン、パラウ・グエル(グエル宮殿)、グエル公園、コロニア・グエル教会の地下室などのデザインはグエルがガウディに依頼したものである。

 

ガウディはまた、グエル伯爵の義理の父であるコミーリャス侯爵の友人となり、コミーリャスの「エル・カプリチョ」を設計した。

 

1883年、ガウディはサグラダ・ファミリアというバルセロナの教会を建設するプロジェクトの責任者に任命された。ガウディは当初のデザインを完全に変更し、独自のスタイルを取り入れた。1915年から亡くなるまで、ガウディこのプロジェクトに専念した。仕事の数の多くなり、彼はチームに頼って複数のプロジェクトを同時に進めなければなかったという。

 

ガウディのチームは建築のあらゆる分野の専門家で構成されていた。彼の下で働いた建築家の中には、ジョセップ・マリア・ジュジョル、ジョアン・ルビヨ、セザール・マルティネル、フランチェスク・フォルゲラ、ジョセップ・フランチェスク・ラフォルスなど、後にこの分野で著名になった人も多い。

 

1885年、ガウディはバルセロナを襲っていたコレラの流行から逃れるため、田舎のサン・フェリウ・デ・コディネスに移り住んだ。フランチェスク・ウッラールの家に住み、お返しにディナーテーブルをデザインしたという。

 

1888年の万国博覧会は、バルセロナで開催されたこの時代の主要なイベントの一つであり、モダニズム運動の歴史の中で重要なポイントとなった。ガウディを含め一流の建築家たちが最高の作品を展示し、ガウディは大西洋横断会社のために設計した建物を展示した。

 

 

1890年代初頭、ガウディはカタルーニャ州外から、アストルガの司教座聖堂とレオンのカサ・ボティーヌの2つの工事を依頼された。これらの作品は、スペイン全土でガウディの名声を高めることに貢献した。

 

1891年にはマラガとタンジェを訪れ、コミーリャス第2侯爵に設計を依頼されたフランシスカン・カトリック伝道所のプロジェクトのために土地を視察した。

 

1899年、ガウディは1893年にジョセップ・トラス・イ・バジェス司教とジョセップ・リモナ、ジョアン・リモナ兄弟によって設立されたカトリックの芸術団体であるサン・リュク(聖ルカ芸術サークル)に参加した。

 

彼はまた、別のカトリック・カタルーニャの組織である「モンセラットの聖母の霊的同盟」にも参加している。 彼の政治思想の保守的で宗教的な性格は、カタルーニャ人の文化的アイデンティティーの擁護と密接に結びついている。

 

カサ・ビセンス
カサ・ビセンス
カサ・ボティーヌ
カサ・ボティーヌ
アストルガの司教座聖堂
アストルガの司教座聖堂

20世紀


20世紀の初めに、ガウディは同時に多数のプロジェクトに取り組んでいた。これらのプロジェクトは、自然に触発されたより個人的なスタイルへのシフトを反映している。1900年には、カサ・カルベがバルセロナ市議会から年間最優秀建築物賞を受賞しました。

 

20世紀の最初の10年の間、ガウディは、カサ・フィゲラス(フィゲラス邸、ベレスガードとして知られている)、パーク・グエル、失敗した都市化プロジェクト、パルマ・デ・マリョルカ大聖堂の修復などのプロジェクトに専念し、そのためにマヨルカ島を何度か訪問した。

 

1904年から1910年にかけて、彼はカサ・バトリョ(バトリョの家)とカサ・ミラ(ミラの家)を建設し、彼の最も象徴的な作品となった。

カサ・フィゲラス
カサ・フィゲラス
カサ・バトリョ
カサ・バトリョ
カサ・ミラ
カサ・ミラ

バルセロナに移った後、ガウディは頻繁に住所を変えていた。学生時代はゴシック地区の住宅に住んでいたが、キャリアをスタートさせた時には、アシャンプラ地区のアパートをへ移った。

 

1906年には、グエル・パークの中にある、彼のアシスタントであるフランチェスク・ベレンゲールが不動産のショーケース用の建設した家に住むようになった。その後、ここはガウディ博物館になった。

 

ガウディはそこで父(1906年に93歳で亡くなった)と姪のロサ・エゲア・ガウディ(1912年に36歳で亡くなった)と一緒に暮らしていた。ガウディは亡くなる数ヶ月前の1925年までこの家に住み、その後、サグラダ・ファミリアの工房に住み始めた。

 

ガウディの人格に大きな影響を与えた出来事が、1909年の悲劇的週間である。ガウディはこの激動の時期にグエルパークの彼の家に残っていた。反宗教的な雰囲気と教会や修道院への攻撃は、ガウディがサグラダ・ファミリアの安全を心配する原因となったが、建物は被害を免れた。

 

1910年、パリのグラン。パレで開催されたフランス美術協会の年次サロンで、ガウディの作品が展示された。

 

ガウディはグエル伯爵の招待で参加し、いくつかの作品の一連の写真、図面、石膏スケールのモデルを展示した。

 

1910年5月のパリ万国博覧会では、ガウディはヴィックで休暇を過ごし、ジャウマ・バルメスの100周年を記念して、ヴィック大広場のために2つの玄武岩の街灯と錬鉄をデザインした

 

翌年、彼は結核に罹患しながらプイグセルダで療養生活を送りました。体調不良が続き、6月9日に公証人ラモン・カントー・イ・フィゲレスの事務所で遺言書を作成したが、後に完全に回復した。

晩年


1910年からの10年間は、ガウディにとって厳しいものだった。

 

この10年の間に、1912年に姪のロサの死、1914年に協力者フランチェスク・ベレンゲールの死、1915年にサグラダ・ファミリアの仕事を麻痺させた深刻な経済危機、1916年に友人ジョセップ・トラス・イ・バジェスの死、1917年にコロニア・グエルの仕事の中断、そして1918年に彼の友人であり後援者でもあるエウセビ・グエルの死に直面した。

 

これらの悲劇のためか、ガウディは1915年からサグラダ・ファミリアに完全に身を捧げ、作品に身を寄せていた。ガウディは彼の協力者に告白した。

 

「家族もクライアントも財産も何もありません。今は教会に完全に身を捧げることができます」

 

ガウディは、晩年を完全に "貧しい人々の大聖堂 "に捧げることにした。一般的に知られていたように、ガウディは事業と生活を継続するために施しを受けていた。この事業への献身以外にも、彼はいくつかの活動に参加してたが、その大部分はカトリックの信仰に関連しているものだった。

 

1916年には、ベネディクト派の修道士グレゴリ・スニョルの教えを受け、カタルーニャ・パラウ・デ・ラ・ムジカ・カタラーナでグレゴリオ聖歌の講座に参加した。


1926年6月7日、ガウディは毎日の祈りと告白のためにサン・フェリップ・ネリ教会に向かって歩いていた。ジローナ通りとバイレン通りの間のカタルーニャ通りを歩いていた時、通り過ぎた30番の路面電車にはねられて意識を失った。

 

身分証明書の欠如とみすぼらしい服のために物乞いであるとみなされ、意識不明のガウディは周囲からすぐに救助を受けられなかった。最終的には、いくつかの通行人が、サンタ・クレウ病院にタクシーで彼を輸送して初歩的なケアを受けた。

 

サグラダ・ファミリアの司祭だったモーセン・ギルパレスが、翌日にガウディの状況を認識したときには、あまりに深刻な悪化していたため、延命治療を受けることができなかった。

 

ガウディは1926年6月10日に73歳で死亡し、2日後に埋葬された。サグラダ・ファミリアの地下室にあるカルメル山の聖母礼拝堂には、多くの群衆がガウディに別れを告げるために集まった。彼の墓石には、このような碑文が刻まれている。

 

「アントニ・ガウディ コルネット。レウスより。模範的な人生を送った男であり、並外れた職人であった、この驚異的な作品の作者である教会は、1926年6月10日に74歳でバルセロナで敬虔な死を遂げた。彼のご冥福をお祈りします」

ガウディの葬式。1926年6月12日。
ガウディの葬式。1926年6月12日。

■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Antoni_Gaud%C3%AD、2020年5月11日アクセス