· 

【美術解説】エロティック・アート「性的興奮を呼び起こすことを目的とした視覚芸術」

エロティック・アート / Erotic art

性的興奮を呼び起こすことを目的とした視覚芸術


葛飾北斎『蛸と海女』(1820年ごろ)
葛飾北斎『蛸と海女』(1820年ごろ)

概要


エロティック・アートは、広義的には制作者、および鑑賞者のどちらか(または両方)が性的興奮を呼び起こすを意図して制作された視覚芸術である。

 

エロティック・アートは、デッサン、彫刻、映画、絵画、写真など、さまざまな視覚的媒体の作品が含まれる。一般的には、人間の裸体や性行為が描かれるが、ファイン・アートにおける裸体とは区別される。

 

エロティック・アートにおける裸体描写は、ファイン・アートにおけるそれと異なり広くタブー視され、社会規範や法律によって制作、流通、所持が制限されている。

 

なお、エロティック・アートとポルノグラフィーは区別されることが多い。その理由はエロティック・アートの多くは、制作者の自己満足やフェティシズムを表現するために制作され、商業的なエロティックとかけ離れているためである。

 

ファイン・アート史で問題になっている美術としては、葛飾北斎など江戸時代の春画、会田誠バルテュスピエール・モリニエエゴン・シーレなどが挙げられる。

 

エロティック・アートを扱っている代表的なギャラリーとしては、ヴァニラ画廊がよく知られている。

Artsyで販売される田亀源五郎のドローイング。
Artsyで販売される田亀源五郎のドローイング。

定義


エロティック・アートの定義は、何がエロティックで何がファイン・アートであるかという認識が異なるため、文脈に左右され、主観的なものになりうる

 

エロティック・アートの事例がわいせつであるかどうかは、それが展示される場所やコミュニティの基準によって変化する。

 

米国では、1973年のミラー対カリフォルニア裁判の判決で、何がわいせつで保護されないか、何が単なるエロティックで修正第1条で保護されるか、3段階のテストが確立された。この判決で、ウォーレン・バーガー最高裁判事は次のように述べた。

 

  •  現代の社会基準を適用する平均的な人が、全体として、その作品がわいせつ的な関心に訴えるものであると認めるかどうか。
  • 作品が、適用される州法で明確に定義された性行為を、明らかに不快な方法で描写しているかどうか。
  • 作品が全体として、深刻な文学的、芸術的、政治的、または科学的価値を欠いているかどうか。

また、ある文化圏では、陰茎の彫刻は、あからさまにエロティックというよりも、伝統的な権威や繁栄の象徴とみなされることもある。

 

性教育で説明ために制作された資料が、他の人々には不適切でエロティックなものとして認識されるかもしれない。

 

スタンフォード百科事典では、「対象者を性的に刺激することを意図して制作され、ある程度意図通りのものとなった芸術」と定義している。

 

エロティック・アートとポルノグラフィーはしばしば区別される。エロティック・アートもまた、性行為のシーンを描き、エロティックな興奮を呼び起こすことを目的としているが、ポルノグラフィーは通常、ファイン・アートと混同されることはまずない。

 

また、エロティック・アートとは、性的興奮以外の目的を持った作品で、エロティックな内容に興味がない人でもアートとして鑑賞できるもの、というように、作品の意図やメッセージによって区別されることがある。

 

米国最高裁判事のポッター・スチュワートは1964年に、エロティック・アートとして法的に保護されないようなハードコアポルノについて、「見ればわかる」と述べ、この区別は直感的であると述べている。

 

また、哲学者のマシュー・キエランやハンス・マースなどは、エロティック・アートとポルノグラフィーを厳密に区別することはできないと述べている。

古代ローマ時代にポンペイ遺跡に描かれたセックス。
古代ローマ時代にポンペイ遺跡に描かれたセックス。
アキレ・デヴェリアの『リベルタン水彩画』では、奥に見える「立派な」パーティーを背景に、露骨なエロチック・シーンが密かに描かれている。
アキレ・デヴェリアの『リベルタン水彩画』では、奥に見える「立派な」パーティーを背景に、露骨なエロチック・シーンが密かに描かれている。
ニューヨーク近代美術館が寄贈により所蔵していたが、市民からの抗議で売却されたバルテュスの『ギターのレッスン』。バルテュスの解説によると、この女教師は少女の身体をギターの代わりに弾いているという。ボードレールの『悪の華』の中の「レスボス」の一節を引用して説明しているという。
ニューヨーク近代美術館が寄贈により所蔵していたが、市民からの抗議で売却されたバルテュスの『ギターのレッスン』。バルテュスの解説によると、この女教師は少女の身体をギターの代わりに弾いているという。ボードレールの『悪の華』の中の「レスボス」の一節を引用して説明しているという。

歴史


メソポタミア美術


現存する最古のエロチックな描写は旧石器時代の洞窟画や彫刻だが、多くの文化でエロチックな芸術が創作されてきた。

 

古代メソポタミア文明では、異性間の性行為が描かれた遺物が発見されている。シュメール初期王朝時代のシュメール彫刻芸術には、正常位でセックスする場面が頻繁に描かれている。

 

紀元前2千年頃のメソポタミアの奉納画では、前かがみでストローでビールを飲む女性の背後から、男性が挿入する場面が描かれている。

 

中世アッシリアの鉛製奉納品には、祭壇の上で休んでいる女性を、立って挿入する男性が描かれていることが多い。

 

学者たちは従来、古代シュメールのセックス描写などをすべて結婚などの儀式的なセックスの場面と解釈してきたが、むしろ売春の女神イナンナの崇拝と関連している可能性が高い。

 

アスールのイナンナ神殿からは多くの性描写芸術が発見されており、そこにはお守りとして首から吊り下げるものや、偶像の装飾に使われたと思われる石のファルス(陰茎のオブジェ)や、女性の外陰部の粘土像など、男性や女性の性器の模型も多数含まれていた。

ポンペイの陰茎のファルス
ポンペイの陰茎のファルス

古代エジプト美術


性交の描写は古代エジプト美術の一般的なレパートリーにはなかったが、異性間の性交を描いた初歩的なスケッチが土器片や落書きの中に発見されている。

 

トリノに保存されているエロティック・パピルス(Papyrus 55001)は、デイル・エル・メディナで発見された25cm x 2.5フィートのエジプトのパピルスで、その最後の3分の2は、様々な性的体位の男女を描いた12の装飾模様で構成されている。

 

 

イラストに描かれた男性は、「無精ひげで、背が低く、腹の出た」男性で、性器が誇張されており、エジプトの身体的魅力の基準には適合していない。

 

女性たちは若々しく、コンボルブルスの葉など、伝統的なエロチックな図像の品々を持って描かれている。いくつかのシーンでは、蓮の花、猿、シストラと呼ばれる神聖な楽器など、伝統的に愛の女神ハトホルに関連するものを手にしている。

 

ラメシード時代(前1292-1075年)に描かれたものと思われ、その高い芸術性から裕福な人々のために作られたと思われる。同様の巻物は他に発見されていない。

トリノのエロティック・パピルス
トリノのエロティック・パピルス

古代ギリシア・ローマ美術


古代ギリシャでは陶磁器に性的なシーンが描かれ、その多くは同性同士の関係や衒学を描いた初期の作品として有名であり、ポンペイのローマ時代の廃墟の壁には多数の性的な絵が描かれている。

 

エドワード・ペリー・ウォーレンは、大学時代にギリシャ美術に傾倒していた。ギリシャのエロティック・アートのコレクターで、特にゲイの性的関係を表現した作品を好んで収集した。

 

彼の名前にちなんでつけられた「ウォーレンカップ」は、男性同士のアナルセックスのシーンが描かれている。長年にわたって収集されたウォーレンの多彩な作品の多くは、ボストン美術館に所蔵されている。

大英博物館所蔵のウォーレン・カップ
大英博物館所蔵のウォーレン・カップ
ポンペイ出土のポリファリック風鈴、各ファルスに鈴が吊るされている。
ポンペイ出土のポリファリック風鈴、各ファルスに鈴が吊るされている。

古代南米美術


南米ペルーのモチェ族も、陶器に露骨なセックスシーンを彫り込んでいる。リマのラルコ美術館には、先コロンブス時代のエロチックな陶器(モチェ文化)を集めた展示室がある。

東洋美術


東洋文化では、エロティック・アートの長い伝統がある。たとえば、日本では13世紀に春画が登場し、19世紀後半に写真が発明されるまで人気を博し続けた。

 

春画の利用法の一つとして、災難よけの一種のお守りとしての機能が挙げられる。武士は鎧の下に男女性交の図を厄除けの守りとして身につけ、後世になると商人が火事を避ける願いを込めて蔵に春画を置いたという。

 

また、花嫁の性教育のテキストとして後々まで使われた。巨大な陰茎のオブジェを担ぐかなまら祭りは、商売繁盛や性病避けなどを祈願した祭りである。

似たような中国のエロティック・アートは明代の後半に人気のピークを迎えた。インドでは、有名な『カーマ・スートラ』は古代のセックスマニュアルであり、今でも世界中で広く読まれている。

Qing dynasty Spring Palace Illustration (春宮圖)
Qing dynasty Spring Palace Illustration (春宮圖)
ヒンドゥー教の寺院では、カーマ・スートラに関連した芸術がよく見られる。
ヒンドゥー教の寺院では、カーマ・スートラに関連した芸術がよく見られる。

中世ヨーロッパ美術


ヨーロッパでは、ルネサンス期から、貴族の娯楽としてエロチカを制作する伝統があった。

 

16世紀初頭、デザイナーのジュリオ・ロマーノと彫刻家のマルカントニオ・ライモンディ、詩人のピエトロ・アレティーノが制作した木版画アルバムの「I Modi」というテキストである。

 

イタリアのエロティック・アートには様々な形態があるが、最も有名なのは画家のジュリオ・ロマーノが描いた有名なスケッチ「I Modi」である。

 

教皇ユリウス2世は、バチカンの宗教家専用の部屋の装飾をラファエルに依頼した。ローマ教皇の死後、ロマーノはバチカンの住居であるサラに最後の作品を完成させる役割を担った。

 

教皇ユリウス2世の死後、ロマーノはバチカンのサラという部屋に最後のインスタレーションを完成させる責任を負っていた。サラは、宗教的エリートが集まる場所だった。サラの部屋にある絵画には、キリスト教が異教徒に勝利する精神的な征服の場面を示すようコンスタンティヌス帝が描かれている。

 

ロマーノは、これらの作品を仕上げる過程で、神話や歴史上の有名なカップルの性描写を描いている。これらのスケッチは、個人間のセックスの単純化された本質を引き出すために行われたという。

 

バチカンの聖職者たちが禁止していたものを、大衆が眺めることができるようにしたのだ。

 

このスケッチは、やがてラファエロの教えを受けた彫金師ライモンディの手に渡る。ライモンディはロマーノの版画を出版し、流通させた。すると、社会のエリートではない人々の間でたちまち人気を博し、イタリアのバチカン市国に散在するようになった。

 

イタリアではタブーとされていたこの題材は、ローマ教皇クレメンスによって破棄されるよう命じられた。マルカントニオ・ライモンディは、この『I Modi』の複製と配布の罪で逮捕された。

 

1601年、カラヴァッジョはヴィンチェンツォ・ジュスティニアーニ侯爵のコレクションのために《Amor Vincit Omnia》を描いた。

 

ロシアのエカテリーナ大帝が注文したエロチックな家具は、ガッチナ宮殿の彼女のスイートルームに隣接していたという。家具は、大きなペニスを脚にしたテーブルなど、エキセントリックなものだった。

エカチェリーナ2世のエロティックなテーブルのレプリカ
エカチェリーナ2世のエロティックなテーブルのレプリカ

1941年にドイツ国防軍の2人の将校が部屋と家具が目撃したのを最後に、家具の行方はわからなくなってしまった。以来消えてしまったようだ。ピーター・ウォディッチによるドキュメンタリーでは、家具はガッチナ宮殿ではなく、ペテルホフ宮殿にあったかもしれないという。

 

その後、近代になるとエロティック・アートの伝統は、フラゴナール、クールベミレーバルテュスピカソエドガー・ドガトゥールーズ・ロートレックエゴン・シーレなどの近代美術家たちによって受け継がれた

 

シーレは、裸婦の描写が現代の風俗を乱したとして、刑務所に服役し、いくつかの作品を当局に破壊された。

 

20世紀になると、エロティック・アートの媒体としては写真が主流となった。タッシェンなどの出版社がエロチックなイラストやエロチックな写真を大量に生産した。

近代美術


芸術におけるエロティックな描写は、20世紀の間に根本的な位置づけの変更を経験した。

 

キュビスム、未来派、ドイツ表現主義などの20世紀初頭の芸術運動は、ヌードを編集して多視点を探り、色彩の実験、人物を幾何学的要素に単純化することでエロティック表現を探求した。

 

20世紀半ば、リアリズムとシュルレアリスムは、ヌードの新しい表現方法を見つけた。シュルレアリスムのアーティストにとって、エロティックなものは、幻想、無意識、夢の状態といった概念を探求する方法となった。

 

ポール・デルヴォー、ジョルジョ・デ・キリコ、マックス・エルンストなど、エロティシズムを直接的に扱ったシュルレアリスムの作家は有名である。

 

第一次世界大戦後、1920〜30年代に抽象的な人物像から、リアリズムの人物像への移行が進んだ。

 

イギリス人画家スタンリー・スペンサーは、このような人体像を英国で主導した。これは、彼の作品《Double nude portrait(ダブルヌードポートレイト)》(1937年)に顕著に表れている。

スタンリー・スペンサー《Double nude portrait(ダブルヌードポートレイト)》(1937年)
スタンリー・スペンサー《Double nude portrait(ダブルヌードポートレイト)》(1937年)

現代美術


ヌード画は、19世紀を支配したアカデミック・ヌードのように、エロティック・アートは20世紀の現代美術の文脈の1つにになりつつあったのは間違いないだろう。

 

「ヌード」、特に女性の「ヌード」についての評論は、ヌードの描写とセクシュアリティの描写をどう考えるかという根本的な転換を意味した。

 

1956年のイギリスの美術史家ケネス・クラークの『ヌード:理想芸術の研究』や1972年の美術評論家ジョン・バーガーの著書『Ways of Seeing』など、芸術における裸体やヌードという概念を再検討するための重要なテキストが出版されている。

 

また、この時代の芸術は、政治的なものへの強い関連によって定義されている。のちの芸術におけるセックス・レボリューションの重要性を強調する歴史的な瞬間であった。

 

1960年代と1970年代は、米国とヨーロッパで社会的、政治的な変化が起きた時期だった。この運動には、セクシュアリティ、生殖に関する権利、家族、職場などに焦点を当てた女性の平等を求める闘いが含まている。

 

アーティストや歴史家は、西洋美術やメディアにおけるイメージが、しばしば男性の物語の中で生み出され、特にそれがいかに女性の理想化され続けているか研究し始めたのである。

 

伝統的な芸術における男性の視線に対する疑問や問いかけは、批評的なテキストや芸術的実践に現れ、20世紀半ばから後半にかけての芸術やエロティック・アートの多くを定義するようになった。

 

アメリカの美術史家キャロル・ダンカンは、男性の視線とエロティックな芸術との関係を要約し、「ほかのどのテーマよりも、ヌード芸術は男性のエロティックなエネルギーに由来し、継続されている」と書いている。

 

シルヴィア・スリーのような女性芸術家は、男性の視線を逆転させた例である。彼女の作品は、通常「オダリスク」の伝統的に沿って描かれていた女性のエロティックなリクライニングポーズを男性シッターで描いている

シルヴィア・スリー《トルコ風呂》,1973年
シルヴィア・スリー《トルコ風呂》,1973年

20世紀半ばのフェミニズム、セックスレボリューション、コンセプチュアル・アートの台頭は、イメージと観客、アーティストと観客の相互作用に疑問と再定義をもたらし、新しい実践の可能性を切り開くものであった

 

アーティストたちは彼ら自身のヌード像を追い求め、新しいレンズを通して、これまでの「エロティック」なものとは別の文脈を描き始めた。

 

新しいメディアはヌードとエロティックを描くために使われ始め、パフォーマンスや写真はおもに女性アーティストが好んで利用し、ジェンダーの力関係やポルノと芸術のあいまいな境界の問題を提起した。

 

キャロリー・シュニーマンやハンナ・ウィルケなどの女性アーティストたちは、こうした新しいメディアを使って、性別の役割やセクシュアリティの概念に疑問を投げかけている。例えば、ウィルケの写真は、ポルノや広告における女性の身体の大量な客観化を風刺している。

 

1960年代以降のパフォーマンス・アートは、伝統的なメディアに対する直接的な反応や挑戦と見なされ、作品やオブジェクトの非物質化とともに発展してきた。

 

1980年代から1990年代にかけては、エロティックなものを扱うパフォーマンスが盛んになり、男女のアーティストがエロティックなものの新しい表現方法を模索していた。

 

マーサ・エーデルハイトは、女性芸術家が自由な性表現に参加することを排除する典型的な性役割に対する反抗的な姿勢として、エロティック・アートに貢献したことで知られている女性芸術家である。

 

男性向けの有名なエロティック・アート作品の被写体は、女性に限られることが多かった。しかし、エーデルハイトは、男性がエロティック・アートの主役であった時代に、女性アーティストとしてエロティック・アートを制作したことで批判を浴びた。

 

エーデルハイトがフェミニズム芸術運動の先駆者であるのは、エロティック・アートを制作した女性であり、また多くの作品に自分自身を描いたことで、女性の性表現における平等性への道を切り開いたからである。

 

エーデルハイトは、ポルノであるという一般的な固定観念に立ち向かい、自分自身に対する別の見方を提供した。彼女の作品は、女性が性的な欲望をオープンに表現するための道を切り開いたのである。

 

1970年代には、男性のヌードを描くことは珍しく、彼女のアートは、70年代に起こったこの女性表現革命の最前線に立つことを可能にした。

 

エロティック・アートの受容と人気は、このジャンルをポップカルチャーのメインストリームまで押し上げ、多くの有名なアイコンを生み出してきた。

 

フランク・フラゼッタ、ルイス・ロヨ、ボリス・ヴァレホ、クリス・アキレオス、クライド・コールドウェルなどが挙げられる。

 

また、自己表現と現代に向けた官能的なエロティカ・アートの普及を唯一の目的とし、同じ志を持つ人々の集まりとして、2002年に「ギルド・オブ・エロティック・アーティスト」が結成された。

 

2010年から2015年にかけて、米国ラスベガスにあるエロティック・遺産博物館とシン・シティ・ギャラリーのキュレーターである性科学者兼ギャラリストのローラ・ヘンケルは、多様な性愛観を表現し、ハイアートとローアートという概念に挑戦するアートに焦点を当てた展示「12 Inches of Sin」を開催した。

 

エロティックなものは、今日でも新しいタイプの芸術作品において探求され、採用され続けており、20世紀の深遠な発展が一般的なエロティック・アートや芸術的意図の多くを今も支えている。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Erotic_art、2022年4月24日アクセス