· 

【作品解説】パブロ・ピカソ作品一覧

パブロ・ピカソの作品一覧

オークション高額作品


《アルジェの女》
《アルジェの女》

《アルジェの女》は1954年から55年の冬にかけてパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。1954年から1963年の間にピカソは古典巨匠のオマージュとなる連作をいくつか制作している。2015年5月11日にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、約1億7900万ドル(約215億円)で落札された。(続きを読む



《夢》
《夢》

《夢》は1932年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。コーエンは、2013年に1億5000万ドルで手に入れた。この価格は米国コレクターが支払った価格で最高額だと言われている。(続きを読む



《ドラ・マールと猫》
《ドラ・マールと猫》

2006年5月3日のサザビーズの「モダニズム/印象派」のオークションで売りだされ、オークション史上最高価格を付けた。2012年版フォーブス世界長者番付では153位(資産64億ドル)のグルジアの富豪ビジナ・イヴァニシヴィリが,2006年に9520万ドル(108億円)で購入した。(続きを読む



《裸体、緑葉と胸像》
《裸体、緑葉と胸像》

《裸体、緑葉と胸像》は、1932年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。9500万ドルで落札されたが、買い手のプレミアムを含めて価格は1億600万ドルに達した。(続きを読む


代表作


《ゲルニカ》
《ゲルニカ》

ゲルニカ》は、1937年6月に完成したパブロ・ピカソによる壁画サイズの油彩作品。《ゲルニカ》は、スペイン市民戦争に介入したナチスドイツやイタリア軍が、スペイン・バスク地方にある村ゲルニカの無差別爆撃した出来事を主題とした作品。(続きを読む



《泣く女》
《泣く女》

《泣く女》は1937年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソは「泣く女」という主題に関心を抱き、その年に何度も同じテーマの作品を制作、100種類以上のバリエーションが存在している。本作は「泣く女」シリーズの最後の作品で、最も完成度の高い作品とされている。(続きを読む



《人生》
《人生》

《人生》は1903年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソの「青の時代」の作品であり「青の時代」の集大成ともいえる傑作とみなされている。ピカソの「青の時代」(1901-1904年)は、薄暗い青や青緑で描かれた陰鬱な描写が特徴である。実際に「青の時代」の時期のピカソの人生で最も悲惨な時期だった。(続きを読む



《老いたギター弾き》
《老いたギター弾き》

《老いたギター弾き》は、1903年後半から1904年初頭にかけてパブロ・ピカソによって制作された油彩の絵画。ボロボロの擦り切れた服を身につけ、やつれてうなだれた盲目の老人が、スペインのバルセロナの通りでギターの演奏を弾いている情景を描いた作品である(続きを読む



《パイプを持った少年》
《パイプを持った少年》

《パイプを持った少年》は1905年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソの「ばら色の時代」の代表作の1つ。描かれているのは左手にパイプを持ったパリの少年で、頭には花輪を付けている。(続きを読む



《サルタバンクの家族》
《サルタバンクの家族》

《サルタバンクの家族》は「青の時代」の後の1904年後半から1906年初頭に描かれた「バラ色の時代」の作品で、ピカソはサルタンバンクを主題にした作品に熱心取り組み、よくモントマトレのサーカス劇場に通っていた。(続きを読む



《アヴィニョンの娘たち》
《アヴィニョンの娘たち》

《アヴィニョンの娘たち》は、1907年にパブロ・ピカソによって制作された大型の油彩作品。ニューヨーク近代美術館が永久所蔵している。バルセロナのアヴィニョン通りに存在した売春宿にいた5人の売春婦のヌード画である。(続きを読む



《鏡の前の少女》
《鏡の前の少女》

《鏡の前の少女》は、1932年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソの愛人で、1930年代前半におけるピカソの主要な主題の1つであるマリー・テレーズ・ウォルターを描いたものである。(続きを読む



《舟と少女》
《舟と少女》

《おもちゃの舟を持つ少女(マヤ・ピカソ)》は、1938年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。モチーフは娘のマヤ・ピカソ。苦痛や残酷性をテーマにすることが多いピカソだが、1938年に描かれた本作品はきわめて日常的な明るい作品であると思われる。(続きを読む



《花と女性》
《花と女性》

《花と女性》は、1932年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。1927年から影響を受け始めたシュルレアリスムの技法が最も色濃く反映された作品である。その後長らくピカソの愛人となったマリー・テレーズで、女と花を重ねあわせて描いている。(続きを読む



《母と子》
《母と子》

《母と子》は1921年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソの新古典主義と言われるスタイルのころで、ドミニク・アングルの「オダリスク」やルノワールのヌード絵画からはっきりと影響を受けていた。(続きを読む



《シカゴ・ピカソ》
《シカゴ・ピカソ》

《シカゴ・ピカソ》は、アメリカ・イリノイ州のシカゴ市に設置されているパブロ・ピカソによる無題の記念碑彫刻の通称。1967年8月15日に、シカゴ市随一の市民センターであるリチャード・J・デイリーセンターに設定された。(続きを読む



《眠る女》
《眠る女》

《読書》は1932年1月にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソの愛人でミューズのマリー・テレーズ・ウォルターがモデルとなっている。膝の上に本を置いて椅子の上で裸姿でうたた寝しているテレーズの姿のである。(続きを読む



《黒椅子の上のヌード》
《黒椅子の上のヌード》

《黒椅子の上のヌード》は1932年3月9日にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。モデルはマリー・テレーズ・ウォルター。またピカソによれば、マティスの官能的な曲線と、喜びを表現するためのピンクの肌を強調するためにマティスの黒を借りたと話している。(続きを読む



《女性の胸像》
《女性の胸像》

《女性の胸像(マリー・テレーズ)》は1931年にパブロ・ピカソが制作した彫刻作品。当時のピカソの愛人マリー・テレーズ・ウォルターを表現している。2016年にアメリカの画商ラリー・ガゴシアンとカタール王室の間で所有権問題を起こした作品として知られている。(続きを読む



《朝鮮虐殺》
《朝鮮虐殺》

朝鮮戦争におけるアメリカの軍事介入を批判した内容である。1950年に信川虐殺事件の虐殺事件を主題としており、《ゲルニカ》《納骨堂》《戦争と平和》《サビニの女たちの略奪》と並んで、ピカソ作品のなかでは政治メッセージの強い作品。(続きを読む



《マンドリンを弾く少女》
《マンドリンを弾く少女》

《マンドリンを弾く少女》は1909年から1910年にかけてパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソの初期分析的キュビズムの代表的な作品。モデルはピカソの当時の妻フェルナンド・オリヴィエ。(続きを読む