· 

【美術解説】ウンベルト・ボッチョーニ「速度とダイナミズムの前衛彫刻」

ウンベルト・ボッチョーニ / Umberto Boccioni

速度とダイナミズムの前衛彫刻


概要


《人間のダイナミズムの合成》1913年
《人間のダイナミズムの合成》1913年
生年月日 1882年10月19日
死没月日 1916年8月17日
国籍 イタリア
表現媒体 絵画、彫刻
ムーブメント 未来派
代表作

・《空間における連続性の唯一の形態》

・《都市の夜明け》

ウンベルト・ボッチョーニ(1882年10月19日-1916年8月17日)はイタリアの画家、彫刻家。前衛芸術運動「未来派」を支えた主要メンバーの1人として知られている

 

短い生涯にも関わらず、彼の造形のダイナミズムや脱構築的な構造は、死後も多くの芸術家に影響を与えており、作品は多くの美術館で展示されている。

 

1916年8月16日、騎兵隊訓練中に落馬して馬に踏みつけられ、その翌日に33歳で死亡。1988年にメトロポリタン美術館がボッチオーニの大回顧展を開催し、100以上の作品が展示された。

略歴


若齢期


ウンベルト・ボッチョーニは1882年10月19日にレッジョ・カラブリアで生まれた。彼の父親は、北部のロマーニャ地方出身のマイナーな政府職員で、イタリア全土での頻繁な転勤をしていた。

 

ウンベルトと姉のアメリアは、フォルリ(エミリア=ロマーニャ州)、ジェノバ、そして最後はパドヴァで育った。15歳の時、1897年、ウンベルトは父親とともにシチリア島のカターニアに移り、そこで彼は学校を卒業した。1898年以降、ローマに移り、ローマ芸術アカデミーのヌード学校で美術を学んだ。

 

ボッチョーニのローマ時代については、友人のジーノ・セヴェリーニ(1883-1966)の自叙伝の中に書かれている。1901年の二人は出会いと、ニーチェ、反逆、人生経験、社会主義について語り合ったという。

 

このころのボッチョーニの文章に、彼の生涯の特徴となるであろう「怒り」と「皮肉」の組み合わせがすでに見られる。彼の批判的で反骨的な性格と総合的な知的能力は、未来派の発展に大きく貢献することになる。

 

美術の基礎を学んだあと、印象派を通して古典を学び、ボッチョー二とセヴェリーニの両方が、現代の点描技法に焦点を当てた画家であるジャコモバラ(1871–1958)の弟子となり、混合色ではなくドットやストライプの分割点描で絵を描いた。

 

セヴェリーニは「このような人物に出会えたことは、私たちのキャリアのすべての方向性を決定づける大きな幸運だった」と書いている。

 

1906年にはパリに移り、印象派とポスト印象派を学んだ後、ロシアに3ヶ月間滞在し、市民の不安や政府の取り締まりを肌で感じた。

 

1907年にイタリアに戻り、ヴェネツィアのアカデミア・ディ・ベル・アルティで短期的にデッサンの授業を受ける。1901年にはミラノの芸術家協会Famiglia Artisticaを初めて訪れている。

 

都市から都市へと移動しながら、最も画期的な芸術活動と並行して、商業イラストレーターとしても活動した。1904年から1909年までの間、彼はリトグラフやガッシュ画を、ベルリンを拠点とするStiefbold & Co.などの国際的に有名な出版社に提供した。

 

この分野でのボッチョーニの作品は、セシル・アルディン、ハリー・エリオット、アンリ・カシエル、アルバート・ベルツなどのヨーロッパの現代イラストレーションを意識したものであり、当時の視覚芸術全般の現代的な傾向を知ることができる。

《セルフポートレイト》1905年
《セルフポートレイト》1905年

未来派グループに参加


ボッチョーニは1907年にミラノに移住。1908年の初め、彼はそこで分割絵画の画家ガエターノ・プレヴィアーティと出会う。1910年初頭には、前年に『未来主義宣言』を発表していたフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティと出会う。 

 

1910年2月11日、ボッチョーニは、バッラ、カルロ・カッラ、ルイジ・ルッソーロ、セヴェリーニとともに、未来派画家宣言に署名し、3月8日にトリノのポリテタマ・キアレッラ劇場でマニフェストを朗読した

 

1912年には、ジョルジュ・ロック、アレクサンダー・アルキペンコ、コンスタンティン・ブラシュイ、レイモン・デュシャン=ヴィヨン、アウグスト・アジェーロ、そしておそらくメダルド・ロッソのアトリエを含むパリの様々なアトリエを訪問し、彫刻家になることを決意した。

 

1912年には、他のイタリアの未来派の画家たちとベルンハイム=ジューン画廊で絵画を展示し、翌年にはラ・ボエティ画廊で彫刻作品を展示した。

 

展示された彫刻は、ボッチョーニが前衛彫刻の知識を深めるために、コンスタンティン・ブランシュイ、レイモン・デュシャン=ヴィヨン、アレクサンダー・アルキペンコなどのキュビスム彫刻家のアトリエで見たものをさらに発展させたものとなっている。

 

1914年、ボッチョーニは『Pittura e scultura futuriste』(ディナミズモ・プラスチックス)を出版し、未来派の美学を説明した。

 

「印象派がある特定の瞬間をとらえるために絵を描き、その瞬間への類似性に絵の生命を従属させるのに対し、私たちはあらゆる瞬間(時間、場所、形、色調)を合成して絵を描く」

 

ボッチョー二は未来派のグループともにロンドンで、1912年にサックビル・ギャラリーと1914年にドレ・ギャラリーで展覧会を開催した。この2つの展覧会は、多くのイギリスの若い芸術家、特にC.R.W.ネビンソンに深い印象を与え、運動に参加させるきっかけとなった。他のアーティストは、ウィンダム・ルイスを中心としたイギリスのよく似た芸術運動のボルティシズムに参加した。

 

「ボッチョーニの才能は、視覚芸術や文学における近代的な動きの本質をも定義するような方法で、現実に新鮮な目をもたらすことだった」 --マイケル・グローバー(美術評論家)

《3人の女性》(1910年)
《3人の女性》(1910年)
《サイクリストのダイナミズム》1913年
《サイクリストのダイナミズム》1913年

死去


第一次世界大戦へのイタリアの参戦は、1915年5月下旬、イタリアがオーストリア・ハンガリーに宣戦布告したことから始まった。

 

ボッチョーニが所属していた「ロンバルド大隊有志自転車・オートバイ大隊」は、6月初旬にミラノからガララーテを経て、トレンティーノ戦線後方のペスキエラ・デル・ガルダに向けて出発した。

 

1915年10月24日、ボッチョーニはドッソ・カッシーナの戦いに参加。1915年12月1日、大隊は一般的な再編成の一環として解散され、志願兵は一時的に解雇され、その後、階級と共にそれぞれが召集された。

 

1916年5月、ボッチョーニはイタリア陸軍に徴兵され、ヴェローナ近郊のキエーヴォのソルテで砲兵連隊に配属された。1916年8月16日、騎兵訓練中に馬から落馬し、踏みつけられる。 翌日、33歳でヴェローナ軍事病院で死亡し、同市の記念碑墓地に埋葬された。

ボッチョーニが致命傷を負ったキエーヴォのソルテにある記念碑
ボッチョーニが致命傷を負ったキエーヴォのソルテにある記念碑

作品


初期の肖像画と風景画


1902年から1910年まで、ボッチョーニは最初はドローイングを中心に描き、その後、母親をモデルにして肖像画を描いた。

 

彼はまた、工業化の到来、列車や工場などの風景も描いている。この時期、彼は点描主義と印象派の間を行き来し、ジャコモ・バラの影響を受けている。ほかに、初期の絵画には分割主義の技法が見られる(後に大部分が放棄された)。

 

1909年の《朝》(1909年)は、「大胆で若々しい色相の暴力」と「大胆な明度の行使」として注目されている。

《朝》1909年
《朝》1909年

未来派


ボッチョーニは、未来派への転機とされる2m×3mの巨大な絵画《都市の夜明け》(1910年)に1年近く取り組んでいる。ボッチョーニは友人に「私は労働、光、運動の偉大な合成を試みた」と書いている。

 

1911年5月にミラノで開催された展覧会では、多くの批評を集め、そのほとんどが賞賛された。1912年には、この絵はヨーロッパを巡回する展覧会の代表となり、未来派への序章となった。

 

同年、偉大なピアニスト、フェルッチョ・ブゾーニに4,000リラで売却され、現在ではニューヨーク近代美術館の絵画部門の入り口に頻繁に展示されている。

《都市の夜明け》1910年
《都市の夜明け》1910年

《笑み》(1911年)はボッチョーニの最初の真の未来派作品と評価されている。点描主義から完全に脱却したボッチョー二は、現代生活の観察から得られる感覚に焦点を当てていた。

 

ただ、この作品は、《三人の女》と比較してかなり否定的な評価を受け、訪問者がまだ描きたての絵の具を指でなぞって汚してしまった。

 

その後、キュビスムへの反応との見方もあり、批判が強くなった。この作品は、ベルリンで展示された未来派の作品20点を収集したドイツのコレクター、アルベルト・ボルカールトが購入した。彼が購入した作品にはほかに人通りの多い通りを見下ろすバルコニーの上に女性が描かれた《家に入る通り》(1911年)などがある。

 

現在、前者はニューヨーク近代美術館、後者はハノーファーのシュプレンゲル美術館に所蔵されている。

《笑み》1911年
《笑み》1911年
《家に入る通り》1911年
《家に入る通り》1911年

1914年にボッチョーニは著書『Pittura, scultura futuriste(未来派の絵画と彫刻)』を出版したが、これは彼自身と彼の未来派の同志たちとの間に軋轢を引き起こした。

 

その結果、彼はダイナミズムの探求を放棄し、その代わりに色彩を用いた主題のさらなる分解を求めた。 1915年の《水平のボリューム》と1916年の《フェルッチョ・ブゾーニの肖像》で、彼は具象絵画への完全な復帰を果たした。

 

おそらくこの最後の作品は、彼の最初の未来派作品である《都市の夜明け》を購入した巨匠の肖像画であった。

彫刻


1912年4月11日に発表された『未来派彫刻技術宣言』(Manifesto tecnico della scultura futurista)の執筆は、ボッチョーニの知的、物理的な彫刻への進出である。ボッチョーニは前年から彫刻にも取り組みはじめていた。

 

1913年末までに、彼の代表作とされる彫刻作品《空間における連続性の唯一の形態》を完成させた。この作品の目標は、フランティセック・クプカやマルセル・デュシャンなどのアーティストに見られる「分析的不連続性」ではなく、運動の「合成的連続性」を描くことであった。 彼が生きている間、この作品は石膏の鋳造品としてしか存在しなかった。この作品は1931年に初めてブロンズで鋳造された。

 

この彫刻は多くの批評対象となっており、1998年にはイタリアの20セント・ユーロ硬貨の裏面に彫られた像に選ばれている。

《空間における連続性の唯一の形態》1913年
《空間における連続性の唯一の形態》1913年

1916年にボッチョーニが亡くなった後(ミラノで記念展が開催された後)、ボッチョーニの家族は、彫刻家仲間のピエロ・ダ・ヴェローナにこれらの作品を一時的に託し、ダ・ヴェローナは彼の助手にゴミとして処分するよう依頼した。

 

1912年後半から1913年にかけての彼の実験的な作品の多くは、写真でしか知られていない同時代の絵画に関する作品を含めて破壊されている。現存する数少ない作品の一つは、「母」とも言われている《Antigrazioso》である。

《Antigrazioso》1912-1913年
《Antigrazioso》1912-1913年

■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Umberto_Boccioni、2020年5月13日アクセス