マーケット

【オークション】ロッカクアヤコ「無題」木版画作品が200万円以上で落札【価格】
マーケット · 06日 3月 2021
2021年3月6日、ヤフオクでロッカクアヤコの木版画作品「無題」が2,015,000円で落札された。 本作品に詳細に説明はないが、おそらく2020年11月に制作され、2021年1月にギャラリー・ターゲットで抽選販売された木版画作品『無題』(エディション120)で、「魔法の手 ロッカクアヤコ作品展」にて展示された作品の版画だと思われる。元値は385,000円(税込、送料別途)額なし。 商品説明画像にはギャラリー・ターゲットからの当選メールや納品書の写真が添付されているので、真作の可能性は高い。 ロッカクアヤコ作品は、12月に抽選で販売されたロッカクアヤコ サイン入りポスターが定価11,000円から200,000円前後で転売された。 また、昨年12月には66枚限定+サイン入りのダンボール版画作品が1,600,000円で落札されたが、その版画作品を大きく上回る値段で落札された。 今後まだまだ作品の値段は上がる注目のオークション作家である。

【オークション】Backside works.「Maneater 」シルクスクリーン作品が120万円で落札【価格】
マーケット · 23日 2月 2021
2021年2月22日、今世界で注目を浴びている日本のアーティストBackside works.のシルクスクリーン作品が1,200,000円で落札された。サイズは2枚とも縦500mm × 横395mm。 商品説明によれば、本作品は2020年にSH ART PROJECT抽選で当選して購入できた作品で、Backside works.代表作だという。エディション30でサイズは約60×60。サイン入り。 なお、同じ作品が、SBIアートオークションでは1,115,500円で落札されており、今回のヤフオクの落札結果はSBIアートオークションを上回ったという。

【オークション】KYNE「無題」2017年2枚がヤフオクで265万円で落札【価格】
マーケット · 22日 2月 2021
2021年2月21日、今世界で注目を浴びている日本のストリート・アーティスト、KYNEのシルクスクリーン作品2枚セットが2,655,000円で落札された。サイズは2枚とも縦500mm × 横395mm。 商品説明によれば、本作品は2017年8月26日から同年9月17日にかけて、「KIYONAGA&CO.実験的POP-UP第4弾 "KYNE FUKUOKA"」で発売された各50枚限定のシルクスクリーンであるという。...

マーケット · 05日 11月 2020
一般市場で最も高額で取引された絵画ランキング。 2019年現在の最も高額なのは、2017年11月15日にニューヨークのクリスティーズで競売がかけられたレオナルド・ダ・ヴィンチの《サルバトール・ムンディ》の4億5000万ドル。一般市場で流通している作品において史上最高額となる4億5000万ドルで落札された。 続いて、2015年11月にデヴィッド・ゲフィンからケネス・C・グリフィンに個人間取引されたウィレム・デ・クーニングの『インターチェンジ』の3億ドル。ケネス・C・グリフィンは『ナンバー17A』も2億ドルでデヴィッド・ゲフィンから購入している。

マーケット · 19日 5月 2020
サザビーズの初のオンライン・オンリー・デイの現代アート・セールでは、過去最高の1370万ドルの売り上げを記録した。1ヶ月前に設定された500万ポンド(640万ドル)というサザビーのオンライン・オークションの過去の記録を2倍以上に伸ばしたという。

マーケット · 19日 10月 2019
「ある天才がアフリカのどまんなかに住んでいるとして、どんなに毎日、すごい絵を描いていようとも、誰もその絵を見ないとすれば、そんな天才はいないことになるでしょう。芸術は2つの極によって生み出されるのです。作品をつくる者という極があり、それを見るものという極があります。芸術家が重要と思われますが、実は作品を作る者と同じだけの重要性を作品を見るものにも与えるのです。(マルセル・デュシャン)」

マーケット · 11日 9月 2019
このリストはオークションでの落札された存命芸術家による高額作品更新記録である。 現在の最高額となる作品は、2019年5月に記録したジェフ・クーンズの1986年の彫刻作品《Rabbit》で価格は9,110万ドルである。オークションで売買された存命芸術家による最も高額な絵画は、2018年9,303万ドルで落札されたデビッド・ホックニーの1972年の絵画《Portrait》である。 オークションをのぞいて存命芸術家の芸術作品で最も高額な作品とされているのはジャスパー・ジョーンズの1958年の絵画《Flag》である。これは、スティーブン・A・コーエンから画商のレオ・カステリへ売却されたプライベート作品で、2010年に約1億1000万ドルと見積りされており、インフレーションを考慮し現在の価格に調整すると1億2600万ドルである。

マーケット · 06日 9月 2019
アート・オークション、またはファイン・アート・オークションとは、ほとんどの場合オークションハウスで芸術作品を売買することを意味する。 イギリスにおけるアート・オークションの歴史は競売人の名前がまだほとんど秘匿されていた17世紀後半までさかのぼる。 1693年6月、蒐集家で作家のジョン・イーヴリンはホワイトホールのバンケティング・ハウスで「素晴らしいオークション絵画(ジョン・ドラモンド所蔵)」に言及しており、その言及はほかの現代、およびのちのライターに頻繁に引用されている。 通常、オークションで販売予定の芸術作品をリスト化したオークションカタログが開催日のかなり前に作成され、参加者は作品を出品物をチェックすることができる。 最も有名なオークションハウスはクリスティーズとサザビーズである。最も古いオークションハウスはストックホルムオークションハウスで、それは1674年にスウェーデンで設立された。

マーケット · 23日 6月 2019
このリストはオークションでの落札された存命芸術家による高額作品更新記録である。 現在の最高額となる作品は、2019年5月に記録したジェフ・クーンズの1986年の彫刻作品《Rabbit》で価格は9,110万ドルである。オークションで売買された存命芸術家による最も高額な絵画は、2018年9,303万ドルで落札されたデビッド・ホックニーの1972年の絵画《Portrait》である。 オークションをのぞいて存命芸術家の芸術作品で最も高額な作品とされているのはジャスパー・ジョーンズの1958年の絵画《Flag》である。これは、スティーブン・A・コーエンから画商のレオ・カステリへ売却されたプライベート作品で、2010年に約1億1000万ドルと見積りされており、インフレーションを考慮し現在の価格に調整すると1億2600万ドルである。

マーケット · 10日 1月 2019
2019年1月の世界のアートニュースのログです。

さらに表示する