マーケット

【解説】アンディ・ウォホールとマーケット
マーケット · 07日 5月 2022
アンディ・ウォーホルの作品の価値は、1987年に亡くなって以来、果てしなく上昇を続けている。2014年、彼の作品はオークションで5億6900万ドルにのぼり、世界の美術品市場の6分の1以上を占めた。

【美術解説】アウトサイダー・アート・フェア
マーケット · 08日 3月 2022
「アウトサイダー・アート・フェア」はアウトサイダー・アートに特化した国際的なアートフェア。2013年より画商のアンドルー・エドリンが設立したワイド・オープン・アーツ合同会社(WOA)が企画・運営している。 アウトサイダー・アート・フェアは、1993年にニューヨークで初めて開催され、2022年で30年目を迎える。1993年にサンフォード・L・スミス協会によってフェアは設立・運営され、2012年に画商のアンドルー・エドリンに運営権が移動した。 もともとはニューヨークのメトロポリタン・パビリオンでわずか25人の出展者で始まったフェアだが、現在は世界9カ国から66のギャラリーが参加。毎年1月下旬にニューヨーク、10月にパリで開催されている。 1993年の最初のフェアで発掘されたのがヘンリー・ダーガーだった。当時彼の作品は1万ドルから1万5000ドルだったという。現在それらとよく似たダーガー作品は2014年にパリ・クリスティーズで74万5000ドルで落札され、アウトサイダー・アートというカテゴリにおいて最高額を記録した。

アート・ワールドの中心地になるアジア(中国、台湾、韓国の状況)
マーケット · 30日 11月 2021
アートマーケットは、パンデミックにより、市場をはじめあらゆる出来事が一時的に停止したが、その後回復。しかし、すべての地域が等しく回復したわけではなかった。パンデミック後、アジアが特に市場の回復において強力なエンジンとなった。 アートネットの力を得てモルガンスタンレーは、現在アジアのアートマーケットの進化と未来を研究している。まず、アートネット・プライス・データベースとアートネット・アナリティクスのデータをもとに、市場がどのように成長し、どの地域が先導しているか、そして傾向が時間とともに劇的に変化したかを解説する。 次に、オークション以外のアートシーンのさまざまな分野から、香港と中国本土、韓国、台湾のアートシーンがどのように形成され、将来どこに向かうのかを分析する。

【アートマーケット】クリスティーズが本社移転「マネー・アートの中心になる香港」
マーケット · 28日 7月 2021
アート・マーケットが東アジアに軸足を移しつつある中、大手オークションハウスのクリスティーズが、2024年に最新設備を備えた広大な香港本部をザハハディッドが設計した高級タワー「ザ・ヘンダーソン」へ移転することを発表した。 このビルは香港・中環のマレーロードにある印象的な新しい都市のランドマークである。 本社移転は、2021年上半期にアジアの支出が10億ドルを超え、全売上高の39%を記録したことが最大の理由である。

ハンター・バイデンの画商は中国との深い関係
マーケット · 27日 7月 2021
駆け出しのアーティストであるハンター・バイデンが、ジョルジュ・ベルジェス・ギャラリーで50万ドルもの高額な絵画を販売する可能性があるというスキャンダルが続く中、このギャラリストと中国との深いつながりが浮上してきた。 ベルジェスは、2015年にレジデント誌に「中国での主導権を握ることを計画している」と語っただけでなく、2014年にはクエスト誌に「年に3、4回中国に行っている」「25人ほどのコレクターの強固なグループがあり、そのほとんどが海外にいる」と語っている。 ニューヨーク・タイムズ紙が2014年に、主観的なアート作品の販売において「上品な賄賂」を意味する中国語があり、中国で芸術作品の売買が賄賂として広く行われていると報じたのもその頃である。

トランプ氏「ハンター・バイデンのアートは100%賄賂!」
マーケット · 25日 7月 2021
ドナルド・トランプ前大統領は、7月24日土曜日の夜、アリゾナ州フェニックスで開催されたターニング・ポイント・アクション会議での演説で、ハンター・バイデンが芸術業界に参加しようとしていることを批判した。 「ハンター・バイデンが1枚の絵に50万ドルで販売するのはどうか、彼は今まで一度も絵を描いたことがないのに」 「もし、私の子供たちがそんなことをしたら、あなたは想像できますか? そして今、ホワイトハウスはそれを「透明性のないものにする」ことを正当化していますと。いやいや、実際には透明性にすべきものだが、実際には全くすべきではないという。なぜだとおもう? それは賄賂だからだ。賄賂だから。100%賄賂だから!」

ハンター・バイデンの画商「詐欺と契約違反」
マーケット · 24日 7月 2021
ハンター・バイデンの取扱画商であるジョルジュ・ベルジェスは、2016年に彼のギャラリーに投資した芸術家から詐欺と契約違反で訴えられている。また、過去に個人破産しており、ほかに暴行、テロ容疑で起訴された過去がある。世界一の大国の大統領の息子が社会復帰を手助けするには、彼の人間性やキャリアに大きく依存しているため無視することはできない。

タッカー・カールソン「ハンター・バイデンの美術販売はひどく腐敗している」
マーケット · 11日 7月 2021
ハンター・バイデンが本当にやりたかったことは絵を描くことだったのです。そして今、ハンター・バイデンは彼の絵を販売していますが、その絵はとても素晴らしく、ニューヨークやロサンゼルスのプライベートギャラリーでは、1枚だけ買うために50万ドルも払う人がいたと言われています。 ワシントン・ポストによると、ホワイトハウスが彼を支援しているそうです。彼らはハンター・バイデンが絵画を購入した人を匿名にする契約を結ぶ手助けをしたそうです。

【アウトサイダー・アート】ハンター・バイデンが「賄賂としての芸術」を開く
マーケット · 11日 7月 2021
ジョー・バイデンの息子のハンター・バイデンが芸術家としてデビューしたが、キャリアのない彼の作品に5000万の価格が付けられると噂されている。この価格について、多くの芸術関係者はハンターの美術作品の価値に対して疑問を持っている。 さらに、疑問なのはホワイトハウスはハンターの作品の入札者や購入者を秘密にすると発表したことだ。 ホワイトハウス関係者は、大統領として発生する可能性のある倫理的問題を回避するために、ハンター・バイデンの芸術作品の売買に対して秘密裏に行う交渉と契約を画商と行った。ホワイトハウスの副報道官であるアンドリュー・ベイツは、バイヤーの守秘義務により、プロセスが倫理的であることを保証すると示唆した。 ニューヨークの画商のジョルジュ・ベルジェスはアートの価格を設定することを計画しているが、潜在的な入札者と最終的な購入者を含むすべての情報は差し控えるようにするという。ベルジェスはによれば、絵画の価格は75,000ドルから500,000ドルの範囲になるという。

レオナルドの熊の絵がオークションに出品
マーケット · 10日 5月 2021
レオナルド・ダ・ヴィンチの『熊の頭部』のドローイング作品が、7月のクリスティーズのオークションに出展される予定で、1600万ドル以上で落札されると予想されている。 ピンクベージュの紙に銀筆で描かれた「熊の頭」は、英国王室コレクションやチャッツワースのデボンシャー・コレクションを除いて、個人に所有しているレオナルドの8枚以下のデッサンのうちの1枚と見なされている。 もし、このドローイング作品が見積通りの価格で落札されれば、古典巨匠の新記録となる。ドローイングの最高額は、2001年の『Horse and Rider(馬と騎手)』で、1100万ドル以上で落札されている。

さらに表示する