カテゴリ:オークション



【アートマーケット】クリスティーズが本社移転「マネー・アートの中心になる香港」
マーケット · 28日 7月 2021
アート・マーケットが東アジアに軸足を移しつつある中、大手オークションハウスのクリスティーズが、2024年に最新設備を備えた広大な香港本部をザハハディッドが設計した高級タワー「ザ・ヘンダーソン」へ移転することを発表した。 このビルは香港・中環のマレーロードにある印象的な新しい都市のランドマークである。 本社移転は、2021年上半期にアジアの支出が10億ドルを超え、全売上高の39%を記録したことが最大の理由である。

【オークション】ロッカクアヤコ「無題」木版画作品が200万円以上で落札【価格】
マーケット · 06日 3月 2021
2021年3月6日、ヤフオクでロッカクアヤコの木版画作品「無題」が2,015,000円で落札された。 本作品に詳細に説明はないが、おそらく2020年11月に制作され、2021年1月にギャラリー・ターゲットで抽選販売された木版画作品『無題』(エディション120)で、「魔法の手 ロッカクアヤコ作品展」にて展示された作品の版画だと思われる。元値は385,000円(税込、送料別途)額なし。 商品説明画像にはギャラリー・ターゲットからの当選メールや納品書の写真が添付されているので、真作の可能性は高い。 ロッカクアヤコ作品は、12月に抽選で販売されたロッカクアヤコ サイン入りポスターが定価11,000円から200,000円前後で転売された。 また、昨年12月には66枚限定+サイン入りのダンボール版画作品が1,600,000円で落札されたが、その版画作品を大きく上回る値段で落札された。 今後まだまだ作品の値段は上がる注目のオークション作家である。

【オークション】Backside works.「Maneater 」シルクスクリーン作品が120万円で落札【価格】
マーケット · 23日 2月 2021
2021年2月22日、今世界で注目を浴びている日本のアーティストBackside works.のシルクスクリーン作品が1,200,000円で落札された。サイズは2枚とも縦500mm × 横395mm。 商品説明によれば、本作品は2020年にSH ART PROJECT抽選で当選して購入できた作品で、Backside works.代表作だという。エディション30でサイズは約60×60。サイン入り。 なお、同じ作品が、SBIアートオークションでは1,115,500円で落札されており、今回のヤフオクの落札結果はSBIアートオークションを上回ったという。

【オークション】KYNE「無題」2017年2枚がヤフオクで265万円で落札【価格】
マーケット · 22日 2月 2021
2021年2月21日、今世界で注目を浴びている日本のストリート・アーティスト、KYNEのシルクスクリーン作品2枚セットが2,655,000円で落札された。サイズは2枚とも縦500mm × 横395mm。 商品説明によれば、本作品は2017年8月26日から同年9月17日にかけて、「KIYONAGA&CO.実験的POP-UP第4弾 "KYNE FUKUOKA"」で発売された各50枚限定のシルクスクリーンであるという。...

マーケット · 19日 5月 2020
サザビーズの初のオンライン・オンリー・デイの現代アート・セールでは、過去最高の1370万ドルの売り上げを記録した。1ヶ月前に設定された500万ポンド(640万ドル)というサザビーのオンライン・オークションの過去の記録を2倍以上に伸ばしたという。

マーケット · 06日 9月 2019
アート・オークション、またはファイン・アート・オークションとは、ほとんどの場合オークションハウスで芸術作品を売買することを意味する。 イギリスにおけるアート・オークションの歴史は競売人の名前がまだほとんど秘匿されていた17世紀後半までさかのぼる。 1693年6月、蒐集家で作家のジョン・イーヴリンはホワイトホールのバンケティング・ハウスで「素晴らしいオークション絵画(ジョン・ドラモンド所蔵)」に言及しており、その言及はほかの現代、およびのちのライターに頻繁に引用されている。 通常、オークションで販売予定の芸術作品をリスト化したオークションカタログが開催日のかなり前に作成され、参加者は作品を出品物をチェックすることができる。 最も有名なオークションハウスはクリスティーズとサザビーズである。最も古いオークションハウスはストックホルムオークションハウスで、それは1674年にスウェーデンで設立された。

実業家 · 28日 6月 2019
パトリック・ドライ(1963年生まれ)は、フランス、ポルトガル、イスラエルの3つの国籍を持つ実業家。1999年からスイスに在住。ドライはオランダのユーロネクスト・アムステルダム証券取引所に上場している電気通信事業者アルティスの創始者であり支配株主。 2019年6月に米競売大手の「サザビーズ」は、パトリック・ドライに37億ドル(約4000億円)で同社を売却し、非上場化することで合意したと発表。サザビーズは上場企業としての31年の歴史に終止符を打った。 パトリック・ドライはモロッコのカサブランカのユダヤ人の家庭に生まれた。15歳のときに家族はフランスのモンペリエへ移る。両親は二人とも数学の教師。 ドライはパリにあるエコール・ポリテクニーク大学で工学の学位を取得し、大学院で光学とエレクトロニクス分野で学位を取得。その後、シリア・ギリシア正教の妻と結婚し、スイスのジュネーブで暮らしている。

その他 · 10日 12月 2018
クリスティーズはファイン・アートのオークション会社。ほかに宝石、時計、家具など80種以上におよぶ分野の商品を取り扱っている。 現在世界最大のオークション会社の1つで、2014年には半年間で8億ポンドの売上を記録、2013年の同期間より20%売上が増加した。本社はロンドンのキングストリートとニューヨークのロックフェラープラザをにあり、東京、ロサンゼルス、パリ、ジュネーブ、香港、シンガポールなど世界各地にオークションハウスがある。

その他 · 10日 12月 2018
クリスティーズはファイン・アートのオークション会社。ほかに宝石、時計、家具など80種以上におよぶ分野の商品を取り扱っている。 現在世界最大のオークション会社の1つで、2014年には半年間で8億ポンドの売上を記録、2013年の同期間より20%売上が増加した。本社はロンドンのキングストリートとニューヨークのロックフェラープラザをにあり、東京、ロサンゼルス、パリ、ジュネーブ、香港、シンガポールなど世界各地にオークションハウスがある。