ブログカテゴリ:ジョルジュ・ブラック



実業家 · 14日 8月 2018
ダニエル・ヘンリー・カーンワイラー(1884年6月25日-1979年1月11日)はドイツの美術史家、画商。20世紀初頭のフランス美術を扱う重要な画商の1人。 1907年にパリで画廊を開き、特にパブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックらのキュビスムを中心とした前衛芸術の作家をサポートした。 カーンワイラーの家族は、ドイツのプファルツ地方にある小さな村ロッケンハウゼンからドイツ南西部のバーデン領邦へ移り、そこでカーンワイラーは1884年に生まれた。ドイツ中等学校の教育は、カーンワイラーを実践的なビジネスマンとして、また芸術哲学のエキスパートを養成した。

芸術運動 · 01日 12月 2016
キュビスムは、ヨーロッパの絵画や彫刻において革命をもたらし、また音楽、文学、建築などさまざまな分野に影響を与えた20世紀初頭の前衛芸術運である。20世紀において最も影響力のある芸術運動とみなされている。 ジョルジュ・ブラックとパブロ・ピカソがキュビスムの創立者であり、キュビスムという言葉そのものは、1908年のサロン・ドートンヌに持ち込まれたブラックの作品を審査したアンリ・マティスが、そこに登場する角張った家や木を見て"キュブ”(立方体)と呼んだことが起源とされている。ただし、キュビスム作品自体は、前年の1907年に発表したピカソの『アヴィニョンの娘』が起源とされている。 ピカソ、ブラックに影響を受けて、のちにジャン・メッツァンジェ、アンドレ・ロート、フェルナンド・レジェ、ロベルト・ドローネー、アルバート・グレーズ、ジャック・ヴィヨンらがキュビスムに参加。彼らは第2世代キュビスムに属し、キュビスムの理論を強化し、一般庶民への広めた。

27日 7月 2016
ジョルジュ・ブラック(1882年5月13日-1963年8月31日)はフランスの画家、彫刻家、版画家。 1906年にフォーヴィスムに参加し前衛芸術運動に参加。その後、パブロ・ピカソとともにキュビスムの発展に貢献。 ポール・セザンヌの多視点のアイデアを基盤にしながらキュビスムを発展。ピカソが移動に要する時間の差から生じる複数の視点に関心があったのに対し、ブラックは静止したオブジェを複数の視点から見つめることに関心があった。