カテゴリ:ドローイング



作品解説 · 04日 6月 2020
「悲しみ」は、1882年にフィンセント・ヴァン・ゴッホによって制作されたドローイング作品。44.5cm×27.0cm。イギリスのウォルソール新美術画廊のガマン・ライアン・コレクションの1つ。カタログ・レゾネではF929aとなっている。 ゴッホが画家になる決心をして2年後に描かれた作品で、ゴッホのドローイング作品において最もよく知られているマスターピース。描かれている女性は、ゴッホの当時の愛人で娼婦だったクラシーナ・マリア・ホールニク(通称シーン)。

作品解説 · 01日 2月 2017
「コーヒー挽き」は、1911年にマルセル・デュシャンによって制作されたドローイング作品。機械に関心を持ち始めたデュシャンの最初の作品であり、のちの「大ガラス」の最初の一歩となる記念的作品。デュシャンにとって機械と人間は、異質なものではなく、どちらもメカニカルな同質のものなのであるという考えが起こり始めて、作り始めた。...