ブログカテゴリ:ポール・セザンヌ



画家 · 13日 8月 2018
ポール・セザンヌ(1839年1月19日-1906年10月22日)はフランスの画家。後期印象派の画家。 セザンヌは19世紀の印象派から20世紀初頭の前衛運動の架け橋を築いた画家として評価される。特にキュビスムのにおける芸術概念の基礎となった。 セザンヌは複雑な画面を生成するために小さな筆致や平面的な色使いを行う。マティスととピカソはスザンヌについて"近代美術の父"と述べている。

作品解説 · 19日 5月 2017
「カード遊びをする人々」は、1894年から1895年にかけてポール・セザンヌによって制作された油彩作品。「最後の時代」と呼ばれる1890年代初頭のスザンヌ晩年のシリーズ内の作品。 「カード遊びをする人々」は5点存在しており、各作品ごとにサイズ、人物の数、ゲーム設定が異なっている。またセザンヌは「カード遊びをする人々」のための習作やドローイング作品を膨大に作っている。 2011年にカタール王室が、「カード遊びをする人々」の1点(最後の作品)を2億5000万ドルから3億ドルで購入。別の4点はそれぞれニューヨークのメトロポリタン美術館、パリのオルセー美術館、ロンドンのコートールド・ギャラリー、フィラデルフィアのバーンズ・コレクションが所蔵している。