カテゴリ:ヤン・ファン・エイク



作品解説 · 27日 8月 2020
《アルノルフィーニの肖像》は、1434年にオランダの画家ヤン・ファン・エイクによって制作された油彩画。オーク材のパネルに描かれている。 イタリアの商人ジョヴァンニ・ディ・ニコラオ・アルノルフィーニと彼の妻を描写したと考えられている全身二重肖像画である。おそらく、フランドル地方の都市ブルージュにある2人の住居内の様子を描いたものとされている。 その美しさ、複雑な図像、幾何学的な直交的遠近法、鏡を用いた絵画空間の拡大などから、西洋美術の中でも最も独創的で複雑な絵画の一つとみなされている。 エルンスト・ゴンブリヒによれば、「イタリアのドナテッロやマサッチョの作品と同じくらい新しく、革命的なものだった。現実世界のシンプルな一角が突然、魔法のようにパネルに固定されていた... 歴史上初めて、芸術家は真の意味での完璧な目撃者となった」という。

古典 · 26日 8月 2020
ヤン・ファン・エイク(1390年-1441年7月9日)は、ブルージュで活動したフランドル地方の画家。 初期ネーデルラント絵画の革新者の1人として知られており、また初期北方ルネサンス芸術の最も重要な画家の1人でもある。 ファン・エイクは1380年から1390年頃、現在のベルギーのマーセイク(当時のマーセイク、それが彼の名前の由来)で生まれた可能性が高いとされている。 1422年頃ハーグで仕事をはじめたときには、すでに助手付きの工房を所有する巨匠で、オランダとハイノーの支配者であったピティレス家のヨハネ3世の庇護のもと画家や使用人として活動した。