カテゴリ:詩人



画家 · 12日 5月 2017
ギヨーム・アポリネール(1880年8月26日-1918年11月9日)はフランスの詩人、劇作家、短編作家、小説家、美術批評家。 アポリネールは20性初頭の最も重要な詩人の一人であり、また20世紀初頭の最も重要な前衛美術の批評家とみなされている。彼は熱心なキュビスムやシュルレアリスムの擁護者だった。 美術用語をたくさん作ったことでも知られる。1911年に"キュビズム”という言葉を作り、キュビズム運動を先導する。1917年には作曲家のエリック・サティの作品を描写する言葉として"シュルレアリスム"という言葉を作った。ほかに1912年にオルフィスムという言葉も作っている。