カテゴリ:NFT



【NFTアート解説】コゾモ・ド・メディチ「正体不明のNFT投資家・コレクター」
NFT · 17日 3月 2022
コゾモ・デ・メディチはNFT投資家、コレクター、その取り巻き。 2021年8月にTwitterに登場して以来、その発言と賢明なNFT投資アドバイスで話題を読んでいるが、NFTワールドの大半は何者であるがよくわかっていない。 名称は、ルネッサンス期のフィレンツェのコレクターであるメディチ家と『となりのサインフェルド』に登場するコズモ・クレイマーから拝借したと思われるHNで活躍している億万長者。

【NFTアート解説】メラニア・トランプがNFTアートを発表
NFT · 22日 12月 2021
ドナルド・トランプの妻であるメラニア・トランプが、非代替トークン(NFT)のプラットフォームの開発と、最初の限定版シリーズとなるデジタルアートワーク、およびオーディオファイルである『メラニアのビジョン』を発表した。 メラニアは自身のウェブサイトMelaniaTrump.comでNFTアートを発行する。...

【美術解説】トム・サックス「DIY的な彫刻で知られる現代美術家」
NFT · 21日 12月 2021
トム・サックス(1966年7月26日生まれ)はアメリカの現代美術家。ニューヨーク在住。ファッションと暴力を融合させたり、NASAの月着陸船やその他のオブジェを、木材を使って荒削りにDIYする彫刻作品で知られている。 NFTアートに参加しており、トム・サックスはロケット船のイラストをNFTで制作し、コレクターがカスタマイズできるようにしている。 コレクターは、さまざまなブランドロゴをあしらった先端、胴体、尾翼を自由に組み合わせることができ、また、オプションで画像の現物を郵送で受け取ることも可能だという。 購入者は、ロケットが打ち上げられる様子を撮影したビデオも入手でき、2021年のアート・バーゼル・マイアミで実際にパフォーマンスが行われた。

【NFTアート解説】XCOPY「総販売額5910万ドルのベテランNFTアーティスト」
NFT · 21日 12月 2021
XCOPYはロンドンを拠点とするデジタルアーティスト。最も重要なNFT OGの一人として広く認知されている。 CMYKのパレット、漫画的な造形、昔ながらのテレビの放送休止画を思わせるツギハギの点滅グラフィックなどが特徴の作品で知られている。 現在、XCOPYの約2000作品の販売総額は、5910万ドルに上昇していると言われている。2021年11月には、もともと139ドルの価値で2018年に鋳造された『A Coin for the Ferryman』のNFT作品が、SuperRareで1,330ETH、つまり当時としては破格の600万ドルで落札された。 9月下旬、コゾモ・デ・メディチはXCOPYの2018年の作品『Some Asshole』を400万ドルで獲得した。

【NFTアート解説】プランクシー「世界最大のNFT投資家・コレクター」
NFT · 20日 12月 2021
プランクシーは、ロンドンを拠点とするNFYの投資家、コレクター。世界最大のNFTアートコレクションを所有している。 2017年、600ドルばかりのわずかな資金でNFTアート投資を開始。一日中パソコンの前に座り、朝に安く買い、夕方に売ってわずかな利益を得るという知識だけを武器にNFT投資に成功する。 最近プランクシー、ブルードラゴンの子供たちの財団を支援しており、慈善家としても注目を集めている。2002年にマイケル・ブロソウスキーが設立したこの財団は、路上で暮らす子どもたちの支援や人身売買・奴隷の被害者の救済を目的としているという。

【NFTアート解説】クリス・トーレス「ニャン・キャット」」
NFT · 16日 12月 2021
2021年2月、GIFアニメのオリジナルの作成者であるクリス・トーレスが「ニャン・キャット」の誕生10周年を記念して、NFT化してオークションに出品。58万7000ドルに相当する300エーテルの非代替トークン(NFT)で販売したことを報告した。 トーレスはそれ以来、他の人気ミームの作者にも支援を提供し、そのバイラルな人気をNFT市場での成功につなげようとしている。

【NFTアート解説】パク「オープンエディション性を推進したNFTアーティスト」
NFT · 16日 12月 2021
パク(Pak)は、デザイン、コーディング・デジタルアート、モーションデザインの分野で20年以上活動してきた匿名のデザイナー、テクノロジスト、プログラマー、デジタルクリエイター。以前はMuratPakという名称だった。 2021年12月に9,80万ドルの売上を記録したNFTアート『Merge』で、生存中のアーティストによる最も高額な芸術作品のランキングに入り、また、最も高額なNFTアートのトップとなった。

【NFTアート解説】ビープル「エブリデイズ:最初の5000日」
NFT · 16日 12月 2021
『エブリデイズ:最初の5000日』は、ビープルとして知られているマイク・ウィンクルマンが制作したデジタルアート作品。 ウィンクルマンが「エブリデイズ」シリーズのために制作した5000枚のデジタル画像をコラージュしたものである。 本作品に関連する非大体制トークン(NFT)は、2021年にクリスティーズで6930万ドルで落札され、NFTとしては最も高価で、存命中のアーティストによる作品の中でも最も高価な作品のひとつとなった。

【NFTアート解説】ビープル「世界で最も有名なNFTアーティスト」
NFT · 16日 12月 2021
ビープル(Beeple)は最も有名なアメリカのデジタル・アーティスト。本名はマイケル・ジョセフ・ヴィンケルマン(1981年6月20日生まれ)。グラフィックデザイナー、アニメーター。 政治的・社会的なコメントをポップカルチャーを基盤としたコミカルでファンタジックな作品で表現するアーティストとして知られている。 イギリスのオークションハウス、クリスティーズは彼を「NFTの最前線にいる先見の明のあるデジタルアーティスト」と讃えている。 最も有名な作品は『毎日:最初の5000日』(Everydays: the First 5000 Days)』で、2021年3月12日に6940万ドルで売却され、存命中のアーティストによる作品の中で4番目に高額となった。この作品は、クリスティーズが販売した初の純粋な非代替性トークンである。

【アート詐欺】バンクシーの偽NFTアートが24万4000ポンドで販売される
NFT · 01日 9月 2021
あるハッカーが英国のNFTコレクターを騙して、ハッキングされたバンクシーの公式サイトで宣伝されていた偽物のNFTアートを購入させ、336,000ドルを騙したとった(なお、返金している)。 バンクシーの公式サイト「banksy.co.uk」内では現在は削除されているが、「NFT」という新しいページが新設されており、その中に「Great Redistribution of the Climate Change Disaster」というNFTを販売しているオークションサイトへのリンクがあったという。 購入者はソーシャルネットワーク「Discord」上のコミュニティにいた匿名の人から、NFTオークションの存在を知らされたという。 このバンクシーの公式ページを見たファンは、オークションのサイトにアクセスして、他の入札者よりも90%以上高い価格で入札。オークションは直後に終了し、暗号通貨イーサリアムの資金が詐欺師に送られた。 バンクシーのチームはBBCに対し、「ハッカーの仕業でありバンクシーのNFTアートオークションは、いかなる形でもアーティストとは関係ない」と述べている。