· 

【作品解説】フランシス・デ・ゴヤの作品一覧「ブラックペインティング」

フランシス・デ・ゴヤの作品一覧

代表作


《我が子を喰らうサトゥルヌス》
《我が子を喰らうサトゥルヌス》

《我が子を食らうサトゥルヌス》は1819年から1823年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤによって制作された油彩作品。もともとは自宅の壁を装飾するために描いた装飾壁画だったが、ゴヤの死後、ほかの人の手によりキャンバスに移された。(続きを読む



《裸のマハ》
《裸のマハ》

《裸のマハ》は1797年から1800年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤによって制作された油彩作品。裸の女性がベッド上の枕に寄りかかった姿を描いたもので、おそらく当時のスペインの首相マヌエル・デ・ゴドイからの注文で制作されたプライベート注文絵画(続きを読む



《着衣のマハ》
《着衣のマハ》

《着衣のマハ》は1800年から1805年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤによって制作された油彩作品。1797年から1800年にかけて制作された《裸のマハ》の着衣バージョン。(続きを読む



《カルロス4世とその家族》
《カルロス4世とその家族》

《カルロス4世とその家族》は1800年から1801年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤによって制作された油彩作品。280 cm × 336 cm。スペイン王カルロス4世とその家族を豪華な衣と宝石で彩って誇張気味に描いた等身大の集団肖像画。(続きを読む



《1808年5月2日》
《1808年5月2日》

《1808年5月2日》は1814年にフランシスコ・デ・ゴヤによって制作された油彩作品。《1808年5月3日》のペア作品で、1808年5月2日にマドリードのプエルタ・デル・ソル近くのアルカラ通りで起こったフランス軍に対するスペイン市民の暴動を描写したものである。(続きを読む



《1808年5月3日》
《1808年5月3日》

《1808年5月3日》は1814年にフランシスコ・デ・ゴヤによって制作された油彩作品。本作品は1808年の半島戦争期間中に起きたナポレオン軍に対するスペイン民衆の抵抗を祝して描いたものである。同サイズのペア作品《1808年5月2日》とともに、スペイン臨時政府から依頼を受けて制作された。(続きを読む



《理性の眠りは怪物を生む》
《理性の眠りは怪物を生む》

《理性の眠りは怪物を生む》は1799年にフランシスコ・デ・ゴヤによって制作されたエッチング作品。1797年から1799年にかけて制作された80枚からなる銅版作品『ロス・カプリチョス(気まぐれ)』の43番目にあたる作品。(続きを読む



《魔女の夜宴》
《魔女の夜宴》

《魔女の夜宴》は1821年から1823年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤが制作した油彩の壁画作品。『黒い絵』シリーズの1つで、ゴヤが居住していた「聾者の家」の壁に描かれたプライベート装飾絵画。(続きを読む


《戦争の惨禍》
《戦争の惨禍》

《戦争の惨禍》は1810年から1820年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤが制作した版画(エッチング)作品。スペイン市民の反、その後1808年から1814年までの半島戦争、そして1814年のブルボン王朝復興体制による一連の自由主義運動の勃興と頓挫を表現したもの。(続きを読む