· 

【Artpedia】ルシアン・フロイド「フロイトの孫にして戦後ポートレイト絵画の代表」

ルシアン・フロイド / Lucian Freud

フロイトの孫にして戦後ポートレイト画の代表


ルシアン・フロイド《子猫と少女》1947年
ルシアン・フロイド《子猫と少女》1947年

概要


生年月日 1922年12月8日
死没月日 2011年7月20日
国籍 イギリス
表現形式 絵画
ムーブメント スクール・オブ・ロンドン

ルシアン・ミシェル・フロイド(1922年12月8日-2011年7月20日)はドイツ生まれのイギリスの画家。祖父は精神分析医のジークムント・フロイト、兄のクレメント・フロイドは政治家。

 

初期はドイツ表現主義シュルレアリスムの影響が多々見られたが、アングルや初期フランドル派などの影響を受け、1950年ころから厚みのある油彩で描いたポートレイト作品特にヌードを描くようになる。

 

作品にはアーティストとモデルとの間の心理的な不安や緊張感などが具象的に反映されている。

 

フロイドにとってモデルとの親密な関係は制作において重要な要素だった。1970年代初頭、夫と死別したフロイドの母はフロイドのおもなモデルとなった。また、娘のベラやエステルもヌードモデルとなっている。特に、1951年の妻キャサリンを描いた《白い犬と少女》は以後にヌード絵画制作に焦点をおくきっかけとなった重要な作品である。

 

フロイドは、フランシス・ベーコンとともに芸術集団『School of London(スクール・オブ・ロンドン)』の代表的メンバーとみなされている。特にベーコンとは仲がよく、また、ライバルでもあった。

 

ローナ・ガーマンと付き合った後、フロイドは1948年に彼女の姪のキャサリン・キティ・エプスタインと結婚。彼女は彫刻家のジェイコブ・エプスタインとセレブのキャサリン・ガーマンの娘だった。

 

2015年、クリスティーズ・ニューヨークで『Benefits Supervisor Resting』が5620万ドルで落札され、フロイド作品の中で最高値を記録した。この作品は2008年5月にクリスティーズ・ニューヨークで競売にかけられ3360万ドルで落札され、当時の存命芸術家における高額作品を更新している。

重要ポイント

  • 20世紀後半におけるヌード・ポートレイトの重要画家
  • スクール・オブ・ロンドンの代表的メンバー
  • モデルとの関係性を特に重視して制作した

略歴


幼少期と家族


フロイドはドイツのベルリンで、ユダヤ・ドイツ系の母ルーシーとユダヤ・オーストリア系で建築家のエルンスト・L・フロイトの間に生まれた。

 

祖父は心理学者のジークムント・フロイト、兄はアナウンサーで著述家で政治家のクレメント・フロイドである。ほかにステファン・ガブリエル・フロイドという弟がいる。

 

1933年にフロイド一家はナチスの迫害を逃れ、ロンドンのセント・ジョンズ・ウッドへ移る。

 

ルシアンは1939年にイギリス国籍を取得し、デヴォンのトットネスにあるダーティントン・ホール・スクールに通う。その後、素行不良で退学になるまでの1年間ブライアンストン・スクールに通った。

初期キャリア


フロイドはロンドンの中央美術大学に短期間通ったあと、1939年から1942年までドリック・モリスのデダムにあるイースト・アングリアン美術学校に通い、優秀な成績を修めて卒業する。1940年にサフォークのハドレー近郊の家ベントンエンドへ移る。

 

1942年から43年の間、ロンドン近くのゴールドスミス大学に通う。1942年に傷病兵として免役される以前、1941年に大西洋輸送船団で商人の船員として勤めた。

 

1943年、詩人で編集者のメアリー・ジェームズ・トリラジャ・テンバマチュがニコラス・ムーアによる詩集『ガラスの塔』のイラストレーションをフロイドに依頼する。翌年、エディションズ・ポエトリー・ロンドン社から詩集が出版された。

 

出版された詩集には、フロイドによるシマウマのぬいぐるみやヤシの木などのドローイングが描かれていたという。両方の主題は1944年にルフェーブル・ギャラリーで開催されたフロイドの初個展で展示された《The painter's Room》にも描かれている。

ルシアン・フロイド《The painter's Room》1944年,CURIATORより
ルシアン・フロイド《The painter's Room》1944年,CURIATORより

1946年の夏、フロイドはパリへ旅行したあと、ギリシャに数ヶ月滞在し、そのときにジョン・クラクストンを訪問している。また、1950年代前半にフロイドはダブリンを頻繁に訪れ、そこでパトリック・スウィフトとスタジオを共有して制作している。フロイドは生涯ロンドンから離れることはなかった。

 

この頃、フロイドはのちに美術家のR・B・キタイが名付けた「スクール・オブ・ロンドン」という芸術集団のメンバーとなる。このグループではメンバー同士がお互いによく認識しており、共通的なスタイルとしては世の中全体が抽象絵画のトレンドにあるなかで、ロンドンで同時期に具象絵画を制作していた芸術家たちだった。

 

グループのおもなメンバーとしては、フランシス・ベーコン、フランク・アウエルバッハ、ミハエル・アンドリューズ、レオン・コゾフ、ロバート・コルクホーン、ロバート・マクブライド、レジナルド・グレイなどである。

 

フロイドは1949年から1954年までロンドン大学のスレード美術学校で教師をしていた。

ルシアン・フロイド《キティの肖像》1948-1949年,Wikipediaより
ルシアン・フロイド《キティの肖像》1948-1949年,Wikipediaより

成熟期


フロイドの初期絵画のほとんどは非常に小さなサイズで、ドイツ表現主義やシュルレアリスムの影響を受けた作風が特徴だった。描かれるモチーフは人物、植物、動物が多かった。

 

初期作品の中には、1940年に制作した《セドリック・モリスの肖像》のようにフロイド成熟期の作品における肌の色調を予見するものがある。

 

しかし、終戦後のフロイドは薄めの色彩で正確な直線的スタイルの作品を制作するようになった。1946年に自身のセルフポート作品である《カザミと男》が代表的な作品である。

ルシアン・フロイド《セドリック・モリスの肖像》1940年,Art Collections Onlineより
ルシアン・フロイド《セドリック・モリスの肖像》1940年,Art Collections Onlineより
ルシアン・フロイド《カザミと男》1946年,Tateより
ルシアン・フロイド《カザミと男》1946年,Tateより

ヌード画へ転身


1950年代からフロイドの肖像画の多くはヌード画に集中するようになる。身体以外の部分はほとんどすべてといってよいほど排除していった。

 

ヌード画への転身にあわせて大きな豚毛ブラシを使いはじめ、また肉の質感や色を出すために厚塗りにするなど自由なスタイルを模索、実践していった。

 

1951年から1952年にかけて制作した《白い犬と少女》はヌード画作家転身のきっかけとなる代表的な作品である。激しい筆致、中間サイズ、ビューポイントにおいてこの前後の作品と多くの特徴を共有している。

 

《白い犬と少女》のモデルはフロイドの最初の妻のキティ・ガーマンである。

ルシアン・フロイド《白い犬と少女》1951-1952年,Wikipediaより
ルシアン・フロイド《白い犬と少女》1951-1952年,Wikipediaより

動物と人間の並列


このころからフロイドは立ち上がったまま絵を描きはじめる。スタンディングでの作業はハイチェアに切り替える老年まで続いた。

 

また、身体以外の部分は基本的に控えめなトーンは落ちていくが、対照的に身体の色彩はどんどん激しく変化していった。

 

1960年ころまでに、フロイドは残りのキャリアのためにスタイルを変えていった。後のポートレイトではよく等身大サイズで描かれることがあるが、このころはまだ比較的小さな頭部、もしくは半身像が中心だった。

 

後年にしたがってポートレイトは大きくなった。晩年には別のポーズの被写体のエッチングを作成し、モデルを視界に入れてプレートに直接絵を描いた。

 

フロイドの肖像画はよくモデルのみ描かれ、また、ときどき床やベッドの上で裸で横たわっているか、または《少女と白い犬》や《裸の男とネズミ》のように動物と人間など並列して描かれる。

 

エドワード・チェイニーによれば「フロイトが多くのモデルに要求した独特な横たわるポーズは、彼の祖父の精神分析的な意味でのベッドやエジプトのミイラ、夢を見ている人、衣服と裸体の両方の意識的または無意識的影響を示唆している」という。

 

フロイド作品の構成において動物が描かれることが多いが、これはペットと飼い主の関係性を主題として制作しているためである。1980年の《Guy and Speck》、2005年から2006年にかけて制作した《Eli and David》、1985年から1986年にかけて制作した《Double Portrait》などのフロイド作品では、動物と人間の両方が並列して描かれている。

 

フロイドはダーティストンの学校で乗馬を楽しんだり馬小屋で寝たこともあるせいか、動物の中でも特に馬に対して特別な感情を抱いている。馬の絵は2003年の《Grey Gelding》、 2004年の《Skewbald Mare》、2006年の《Mare Eating Hay》などがよく知られている。

 

また、肖像画作品にはしおれた観葉植物が並列して描かれることがある。特に1960年代の作品に際立っており、人間と並列した描かれたものだけでなく純粋な植物画を多数制作している。

 

他の特徴としては、初期作品におけるマットレス、ブラシを掃除するために使用したリンネルのぼろぎれの巨大な堆積が描かれていた。

 

一般的な肖像画、特に1980年代には、スタジオの窓から見たロンドンの屋根の景色が注意深く描かれている。

ルシアン・フロイド《Guy and Speck》1980年,IMMAより
ルシアン・フロイド《Guy and Speck》1980年,IMMAより
ルシアン・フロイド《Double Portrait》1985-1986年,
ルシアン・フロイド《Double Portrait》1985-1986年,
ルシアン・フロイド《Skewbald Mare freud》2004年,Pinterestより
ルシアン・フロイド《Skewbald Mare freud》2004年,Pinterestより

肖像画のモデル


フロイトが主題とするものは、主題とするものに対して非常に大きくなあやふな時間を作る必要があった。そうしたことからフロイトが描く主題は友人、家族、仲間の画家、恋人、子どもなど彼の人生で出会った人々であることが多い。

 

「主題(描く人物)は自伝的であり、それらは「希望」「記憶」「官能性」「親密性」すべてに関連している」とフロイドは話している。

 

しかし、絵画タイトルはほとんどが匿名であり、モデルの名前を明らかにすることはない。

 

1970年代、フロイドは母親の肖像画シリーズの制作に4000時間を費やしたが、美術史家のローレンス・ゴーウィングは、「300年前に画家と母親の直接的かつ視覚的な関係を明らかにした美術家がいた。それはレンブラントだった」と類似性を指摘している。

 

フロイトは実物モデルの前で絵を描くことが多かったが、モデルに対して多大な時間のポージングを要求した。肖像画の背景部分を描いているときでもモデルにポージングの要求をした。

 

2007年に完成したヌード作品は16ヶ月の制作期間を費やしている。その間モデルは4晩を除きほとんどポージングしていたという。各セッションの平均時間は5時間で、塗り終えるのに約2400時間費やした。

 

絵画を完成させる時期を明確にすることの難しさに関して、フロイドは「他の誰かの絵に取り組んでいると感じはじめたとき、絵は完成したと思っている」と話している。

ルシアン・フロイド《スージー》1980年。フロイドの妹の肖像画。Wikipediaより
ルシアン・フロイド《スージー》1980年。フロイドの妹の肖像画。Wikipediaより

まず、キャンバスに木炭でドローイングを描くのがフロイトの絵画制作のはじまりだった。その後、キャンバス上の小さな領域に絵具を塗り、その小さな領域から徐々に外側に向かって拡大するように塗っていった。

 

フロイドはモデルのことを深く理解するためにまず頭部からから描きはじめる。その後、残りの全身を塗っていき、モデルの理解が深まるにつれ最終的に頭部に戻った。

 

キャンバスの一部は、絵が完成するまで意図的に何も描かなかった。完成した絵画は、何ヶ月にもわたる集中的な観察と同様に、豊かに顔料の層の蓄積で構成される。

後期作品


フロイドはフランク・アウアーバッハやフランシス・ベーコンなど仲間の画家の肖像を描き、また、パフォーマンスアーティストのリー・バワリーの多数の肖像画を描き、多くのソーホーにいる芸術家のモデルとして活躍したヘンリエッタ・モラエスを描いた。

 

1990年代なかばからの一連の巨大な裸の肖像画シリーズでは、太ったモデルとして有名なスー・ティリー、通称「ビッグ・スー」のヌード画を描いた。特に有名なのは1995年に制作したソファに寝そべった彼女の肖像画《Benefits Supervisor Sleeping》だろう。

 

この作品は2008年5月にクリスティーズ・ニューヨークで競売にかけられ3360万ドルで落札され、当時の存命芸術家における高額作品を更新した。

ルシアン・フロイド《Benefits Supervisor Sleeping》1995年,Wikipediaより
ルシアン・フロイド《Benefits Supervisor Sleeping》1995年,Wikipediaより

晩年期におけるフロイドの最も好んだモデルは、彼のスタジオのアシスタントであり、友人のデビッド・ドーソンであり、また彼の最終的な未完成作品の主題ともなった。

 

人生が終わりに近づくにつれフロイドは、ケイト・モッシュのヌードポートレートを制作するようになる。

 

フロイトは具象形式で絵画を制作している最も有名な英国のアーティストの一人として評価されるようになり、1989年にはターナー賞の候補に挙げられた。

 

1999年から2000年に制作されたフロイドの絵画《After Cézanne》はオーストラリア国立美術館が740万ドルで購入されている。

 

1996年、ケンダルのアボット・ホール・アート・ギャラリーは、27点の絵画と13点のエッチングを展示し、これまでのフロイドの作品を回顧する大規模な展覧会を開催した。

 

翌年、スコットランド国立近代美術館は「ルシアン・フロイド:初期作品」を開催。1940年から45年の間に制作された約30点のドローイングとペインティングで構成された展覧会だった。

 

その後、2002年にテイト・ブリテンで大規模な回顧展が開催された。2001年、フロイドはエリザベス女王2世の肖像画を完成させる。『Sun』誌は特に女王の肖像画について批判的で、「悲劇」とコメントした。

 

2005年、フロイドの回顧展がビエンナーレと同時に開催予定のヴェネツィアのコラー美術館で開催された。

 

2007年後半、エッチング作品のコレクションがMoMAで展示された。

 

2011年7月20日にロンドンで死去。フロイドはハイゲート墓地に埋葬された。ローワン・ウィリアムズ大司教がプライベート葬として喪主を務めた。

ルシアン・フロイド《After Cézanne》 1999〜2000年,Wikipediaより
ルシアン・フロイド《After Cézanne》 1999〜2000年,Wikipediaより

パーソナル・ライフ


ローナ・ガーマンと付き合った後、フロイドは1948年に彼女の姪のキャサリン・キティ・エプスタインと結婚。彼女は彫刻家のジェイコブ・エプスタインとセレブのキャサリン・ガーマンの娘だった。

 

1952年後半、フロイドはギネスの相続人で著述家のレディ・キャロライン・ブラックウッドとパリへ駆け落ちし、1953年に結婚。しかし、1959年に離婚した。

 

フロイドには40人以上の子どもがいると噂されたが、この数字は一般的に誇張されている。フロイトの最初の妻との間に2人、さまざまな愛人との間に12人、合計で14人の子どもが特定されている。作家のエステル・フロイドやファッション・デザイナーのベラ・フロイドは、ベルナディーン・カバーリーとの間に生まれた娘である。

おもな展覧会


  • 1994: Metropolitan Museum of Art, New York
  • 2003: Museum of Contemporary Art, Los Angeles
  • 2004: Scottish National Gallery, Edinburgh
  • 2005: Museo Correr, Venice
  • 2006: Acquavella Galleries, New York
  • 2007: Irish Museum of Modern Art, Dublin
  • 2008: Gemeentemuseum Den Haag, The Hague
  • 2010: Centre Georges Pompidou, Paris
  • 2012: National Portrait Gallery, London
  • 2012: The Modern, Fort Worth
  • 2013: Kunsthistorisches Museum, Wien
  • 2016–2021: Irish Museum of Modern Art, Dublin2008: Museum of Modern Art, New York