· 

【作品解説】アンディ・ウォーホル「撃ち抜かれたマリリンたち」

撃ち抜かれたマリリンたち / Shot Marilyns

最も価値のあるウォーホルのマリリンシリーズ


概要

作者 アンディ・ウォーホル
制作年  1964年
技法 シルクスクリーンに弾痕
サイズ 各40インチ正方形(101.6cm)
カラー レッド、オレンジ、ブルー、セージブルー

撃ち抜かれたセージブルーのマリリン / Shot Sage Blue Marilyn


"Shot Sage Blue Marilyn"
"Shot Sage Blue Marilyn"

最も高額な20世紀美術


アンディ・ウォーホルの代表的なマリリン・モンローのポートレイト作品が、2022年5月にニューヨークで競売にかけられ、最も高額な「20世紀美術」として落札される可能性があるという。オークション会社のクリスティーズによれば、「約2億ドル」の入札を見積もっているという。

 

本作品は、ウォーホルが、1960年代に制作したマリリン・モンローシリーズ『撃ち抜かれたマリリンたち』の4枚のうちの1枚《Shot Sage Blue Marilyn》である。

 

これまで2億ドルを超える値がついた絵画はウィレム・デ・クーニングやジャクソン・ポロックの作品などの一人握りで、それらはオークション売買ではなく個人売買だった。

 

オークションで2億ドル超えを達成したのは、2017年に4億5000万ドルを超える価格で売れた古典絵画のレオナルド・ダヴィンチの《サルバトール・ムンディ》だけで、20世紀絵画、いわゆる近現代美術におけるオークション記録は、2015年に1億7940万ドルで落札されたパブロ・ピカソの《アルジェの女たち》となっている。

 

なお、ウォーホルの作品の現在のオークション記録は、1963年に車の衝突事故を題材にした《銀色の車の衝突(二重災害)》で、約10年前に1億500万ドル以上で落札されて以来、その記録は破られていない。

 

2022年5月9日のオークションが始まると、開始4分で1億9500万ドル、日本円でおよそ254億円で落札され、最も高額な20世紀絵画となった。

 

なお、インフレ価格調整では、2015年5月11日にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、約1億7900万ドル(約215億円)で落札されたピカソの《アルジェの女》のほうがやや上回っているという。価格調整では現在の《アルジェの女》は約2億500万ドルだという。

2022年春、NYのいたるところにマリリン・モンローが


2022年4月29日(金)の夜から、クリスティーズはロックフェラー・センターのファサードにアンディ・ウォーホルの代表的な肖像画の画像を投影しているが、これは5月9日にトーマス&ドリス・アマンのコレクションからこの絵画がオークションにかけられることを盛り上げる活動の一貫である。

 

同時に、現在アメリカで起きているあらゆるマリリン・モンローに関連を網羅したマーケティングキャンペーンの一環である。

 

マリリン・モンローは、Netflixの新しいドキュメンタリー、近日公開のNC-17映画、発売されたばかりのJ.C.ペニーのファッションライン、そして今、ニューヨークで最も有名な建物ロックフェラーセンターにまで、いたるところに現れている。

 

「この絵がオークションに出品され、販売価格の記録を塗り替える勢いであることは、歴史的な瞬間です」と、クリスティーズのマーケティング責任者であるネダ・ホイットニーは述べている。

 

ごく一部の人しか参加できないオークションであるのに、その出品作品をロックフェラー・センターに投影する意味があるのかたずねたところ、クリスティーズの20世紀と21世紀の美術品担当会長であるアレックス・ロッターはこう答えた。

 

「でもね、私たちがここでやっていることは、公に展示することなんです。小切手帳を見せなくとも、ドアをくぐることはできる。アートを見せたいんだ」。

 

クリスティーズのロゴが入った『撃ち抜かれたマリリン(セージ・ブルー)』は、5月13日までの毎晩7時半から真夜中まで30ロックフェラーファサードを飾り、同時間帯にオークションハウスのニューヨーク本社があるビルの側面には、ウォーホルの仕事中のアーカイブ映像が投影される予定。

本当に銃で撃ち抜かれた問題作


写真撮影かとおもったら・・・
写真撮影かとおもったら・・・

この作品は、モンローの髪を黄色、青いアイシャドウ、真っ赤な唇で描いたもので、1964年に制作された。ヘンリー・ハサウェイによる1953年の映画『ナイアガラ』のプロモーション写真に影響を受けて描かれている。

 

赤、オレンジ、青、セージブルー(オークションにかけられる作品)、ターコイズなど、さまざまな色で描かれたパターンがある。

 

マリリン・モンローの作品シリーズは、シルクスクリーンと呼ばれる、網目の細かい絹をステンシルのように重ねて紙やキャンバスに複製する技法で、モンローの死後すぐの1962年から制作が始められた。

 

数あるモンロー作品の中でも、イギリスのテート・モダンが所有する《マリリン二連画》は、ウォーホルが2枚のキャンバスに50枚のマリリン・モンローのポートレートを格子状にプリントしたもので、最も有名な作品として知られている。

 

ほかに、ニューヨーク近代美術館が所蔵する《金のマリリン・モンロー》は金色の背景に1枚の写真をプリントしたものが有名だ。

 

ウォーホルは1964年に、赤、オレンジ、水色、セージブルー、ターコイズという異なる色の背景を持つ5色のマリリンを実際に描いている。彼はそれらをマンハッタンの東47丁目にある彼のスタジオ、ザ・ファクトリーに保管していた。

 

ファクトリーの写真家ビリー・ネームの友人であるドロシー・ポッドバー(1932-2008)は、完成したばかりの絵画がスタジオに積み上げられているのを見て、ウォーホルに「撃ってもいいか(shot)」と尋ねたところ、一発で貫通したという。

 

ウォーホルは、「写真を撮ってもいいか?(shot)」という意味だと思い、了承したらしい。しかし、ポッドバーはかばんから銃を取り出し、積み上げられた絵画に発砲したのである。

 

5枚目の絵(背景がターコイズブルーの絵)は、積み重ねられた絵に含まれていなかったので、被害を免れた。ポッドバーはその後、ファクトリーから出入り禁止になった。

 

4点の弾痕がついたが、後に修復された。

 

2007年、シカゴ在住のコレクター、ステファン・エドリスは、素晴らしい『ターコイズ・マリリン』(銃撃を免れた唯一の絵画)を、ヘッジファンド王スティーブン・コーエンに8000万ドルと言われる価格で売却した。

 

2018年、ニューハウスの死去に伴い、元サザビーズの競売人トビアス・マイヤーがニューハウス家の依頼で、『オレンジ・マリリン』の売却を手配することになった。彼はヘッジファンドの巨人ケネス・グリフィンに2億ドルで売却した(2億5千万ドルという数字も飛び交っている)。

 

このときの2億ドルという数字は、クリスティーズが『撃ち抜かれたマリリンたち(セージブルー)』の落札予想価格を設定する際に用いられたと思われる。

 

 

1989年、ロサンゼルス在住のコレクターのマックス・パレフスキーが、オークションでレッド版400万ドルで日本の鰐淵正夫というコレクターに売却した。その5年後、美術品市場の不況のさなか、彼はこの作品を360万ドルでフィリップ・ニアルコスに赤字で売却した。

 

ブルー版は、1967年にピーター・ブラントが5000ドルで購入。オレンジは1998年に1730万ドルで購入され、その後、ケネス・C・グリフィンに2億ドル以上と噂される価格で売却された。ターコイズは、スティーブ・コーエンが8000万ドルで購入したと噂されている。

映画『ナイアガラ』のマリリン・モンローの広報用ポートレート。
映画『ナイアガラ』のマリリン・モンローの広報用ポートレート。

死や腐敗、暴力というテーマ


 ウォーホルのマリリン作品が不吉な要素を含んでいるのは、1962年に彼女が不慮の死を遂げた後に制作されたものだからである。

 

表面的には、愛されるアイコンへのオマージュのように見えるが、これらのキャンバスの中には、死や腐敗、暴力といったテーマが潜んでいる。

 

そのヒントは、制作技法に見出すことができる。ウォーホルのマリリンシリーズの最も有名な作品のひとつである《マリリン二連画》は、シルクスクリーンの工程で生じる欠陥を利用して、朽ち果てた肖像画のような効果を生み出している。

 

ウォーホルの《撃ち抜かれたマリリンたち》は、1発の銃弾で額を撃ち抜かれた4枚のキャンバスで構成されている。このように、ウォーホルのアートは、作品そのものと同じくらい、その制作過程が重要なのである。

アンディ・ウォーホル《マリリン二連画》
アンディ・ウォーホル《マリリン二連画》

ウォーホルの初期のモンローの絵は、1962年にエレノア・ワードのステイブル・ギャラリーで行われたニューヨークでの最初の展覧会で展示された。そこで、ウォーホルの知名度を飛躍的に向上させた。

 

レオ・カステリ・ギャラリーのディレクター、アイヴァン・カープは、この展覧会以前から、ウォーホルの代理人を務めるよう上司に懇願していた。

 

しかし、カステリは、すでに自分が代理人を務めていたロイ・リキテンシュタインの作品とあまりにも似ていると考えた。

 

ウォーホルは、ジャスパー・ジョーンズ、ロバート・ラウシェンバーグ、フランク・ステラらと並ぶカステリにどうしても入りたかったので、断られたことに深く落胆した。

 

タイトルのほとんどは、ライフセーバーのキャンディーのフレーバーに由来していた。価格は1本250ドルだった。そのすべてが売れた。この画期的な展覧会には、建築家のフィリップ・ジョンソン氏が寄贈した「ゴールド・マリリン」も展示されていた。

 

カープとカステリはオープニングレセプションに出席し、「マリリン」の迫力と美しさに圧倒され、その場を後にした。

 

カステリは、絵画の売れ行きと同様に、ウォーホルのことを誤解していたことをカープに打ち明けた。

 

この間違いはすぐに修正され、ウォーホルは2回目のステーブル・ギャラリーでの展示の後、レオ・カステリ・ギャラリーへの参加を要請された。

 

この展示も、彼の象徴であるブリロ・ボックスを使った歴史的な展示となった。 

マリリン・モンローとは?


1960年代当時のハリウッド・スターは、ポップ・アートの大きなインスピレーションの源であった。

 

モンローは、ウォーホルの作品だけでなく、ジェームズ・ローゼンクイストの《マリリン・モンロー、私》やポーリーン・ボティの《カラー・ハー・ゴーン》《世界で唯一の金髪》など、同時代の芸術で繰り返し登場するモチーフだった。

 

ノーマ・ジーン・モーテンソンとして生まれ、20世紀FOX社によってマリリン・モンローと改名された彼女は、ハリウッド史上最も輝かしいスターの一人となり、『紳士は金髪がお好き』や『お熱いのがお好き』などの名作に出演したことで知られている。

 

彼女は、ポップ・アーティストたちが1950年代から1960年代のアメリカ文化を象徴すると考えた消費主義とセレブリティの華やかな世界を象徴する存在だった。

 

しかし一方で、マリリン・モンローは悲劇的存在の象徴でもあった。彼女の精神的な苦しみ、波乱万丈の私生活、そして彼女の死をめぐる謎は、Netflixのドキュメンタリー『マリリン・モンローの謎』をはじめ、無数の伝記、映画、テレビ番組でよく報じられている。

 

彼女は、繰り返される運命にある悲劇のアイコンというおなじみの物語を象徴している。1968年にヴァレリー・ソラナスの銃撃から生還したウォーホルは、このことをよく理解していたのである。

 

ウォーホルの『マリリン』の中心にある死は、単に悲しみに根ざしているだけでなく、より広い文化的景観の反映でもある。

 

1960年代は、20世紀アメリカの歴史において、著しく暗い時代であった。ウォーホルがこれらのイメージを制作した背景を考慮すると、一連のトラウマ的な出来事に悩まされた10年間であったことがわかる。

 

『ライフ』誌はベトナム戦争の暴力的な写真を掲載した。テレビ放送は、公民権運動の際の衝撃的な警察の残虐行為を暴露した。

 

ジョン・F・ケネディ、ロバート・ケネディ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの暗殺により、アメリカは震撼した。

 

ケネディの死を傍観したのアブラハム・ザプルーダーが捉えた映像は、繰り返しテレビで放送された。

 

マリリン・モンロー、ジュディ・ガーランド、ジェイン・マンスフィールド、シャロン・テートなど、名だたるハリウッドスターが若くして悲劇的な死を遂げました。

ポストモダンの理論家フレデリック・ジェイムソンは、1960年代を「仮想の悪夢」「歴史と反文化のバッドトリップ」と表現している。

 

モンローのようなスターは、ウォーホルの肖像画で見るほど完璧ではなく、「燃え尽き症候群と自己破壊の悪名高いケース」であった。

 

ウォーホルはそのことを誰よりも理解していた。彼の「死と災害」シリーズは、アメリカにおける死のスペクタクルを探求し、不安、恐怖、危機の時代であった1960年代を肯定している。

 

このシリーズは、自動車事故、自殺、処刑など、実際に起こった災害を新聞や警察のアーカイブから引用し、シルクスクリーンで撮影した膨大なコレクションで構成されている。

 

また、マリリン・モンロー、エリザベス・テイラー、ジャッキー・ケネディなど、重大な死や臨死体験に関連する有名人の死もシリーズの中心的なテーマとなっている。

 

「死と災害」は、1962年にウォーホルの共同制作者であるヘンリー・ゲルドザーラーが、「生を肯定する」作品を作るのをやめて、アメリカ文化の暗黒面を探求するべきだと提案したことから生まれました。

アンディ・ウォーホル「死と災害」シリーズ
アンディ・ウォーホル「死と災害」シリーズ

来歴・評価


本作品はニューヨークのグッゲンハイム美術館、パリのポンピドゥー・センター、ロンドンのテート・モダンなどのギャラリーで展示されてきた。

 

クリスティーズの20世紀および21世紀美術担当会長であるアレックス・ロッターは、「アメリカン・ポップの絶対的頂点」「オークションに出品される20世紀の絵画の中でこの一世代で最も重要なもの」と評している。

 

また、「ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」、ダ・ヴィンチの「モナリザ」、ピカソの「アヴィニョンの恋人たち」と並び、ウォーホルの「マリリン」は史上最高の絵画の一つであり、この傑作がオークションで公にされるのは世代を超えて一度限りの機会です 」と述べている。

 

《Shot Sage Blue Marilyn》は、スイスのアートディーラー、故トーマス・アマンが購入するまで、著名なギャラリストやコレクターの間で渡り歩いてきた。

 

プレスリリースによると、この作品は、トーマス・アマン(と彼の姉)の名前で設立された慈善団体、トーマス&ドリス・アーマン財団チューリヒ名義でオークションに出品され、その収益は世界中の子どもたちの健康と教育プログラムのために使われる予定だという。

 

マリリンの肖像画は、1960年代の懐かしさについてだけでなく、現在も表現している。おそらくウォーホルのマリリンは、揺れる60年代の象徴であるだけでなく、私たち自身と同じように激動し、不確実だった時代の美術である。