カテゴリ:アンディ・ウォーホル



【作品解説】アンディ・ウォーホル「ブリロ・ボックス」
作品解説 · 14日 5月 2022
《ブリロ・ボックス》は、1964年にアンディ・ウォーホルによって制作された作品。市販のブリロのパッケージの精密な模倣品である。 この作品は、「芸術は人生を模倣する」という考えを表現し、また、私たちが何が芸術であるかと認識し、そして芸術の価値を見出すことについて疑問を投げかけている。 ウォーホルがありふれた大量生産の商業製品をアートに変えたとすれば、それはどのような変化が起きるだろうか。 それは、ウォーホルが多数のブリロ・ボックスを制作し、美術品コレクターや美術館に販売したことを考えると、ウォーホルのアートは大量生産された消費財であるとも言えるだろう。

【作品解説】アンディ・ウォーホル「銀色の車の衝突」
作品解説 · 13日 5月 2022
《銀色の車の衝突(二重災害)》は、1963年にアンディ・ウォーホルが制作したセリグラフ作品。「死と災害」シリーズの一部である。 「死と災害」シリーズは、自動車事故、電気椅子、自殺、飛行機墜落事故などの描いた新聞や警察の報道写真を利用した作品である。 本作品は、銀色の車が事故でぐちゃぐちゃになった車体を描いている。

【作品解説】アンディ・ウォーホル「コカ・コーラ3」
作品解説 · 11日 5月 2022
《コカ・コーラ3》は、1962年にアンディ・ウォーホルによって制作された油彩絵画。当時販売されていたコカ・コーラのボトルを描いた6フィートのモノクロ絵画である。 「コカ・コーラ」の絵画シリーズの一つで、ほかにも「緑のコカ・コーラ」「コカ・コーラ(4)」などさまざまなバリエーションが存在する。 本作品とコカ・コーラシリーズの他の作品は、ポップ・アート・ムーブメントを築いた絵画とみなされている。

【解説】アンディ・ウォホールとマーケット
マーケット · 07日 5月 2022
アンディ・ウォーホルの作品の価値は、1987年に亡くなって以来、果てしなく上昇を続けている。2014年、彼の作品はオークションで5億6900万ドルにのぼり、世界の美術品市場の6分の1以上を占めた。

【作品解説】アンディ・ウォーホル「撃ち抜かれたマリリンたち」
作品解説 · 04日 5月 2022
アンディ・ウォーホルの代表的なマリリン・モンローのポートレイト作品が、2022年5月にニューヨークで競売にかけられ、最も高額な「20世紀美術」として落札される可能性があるという。オークション会社のクリスティーズによれば、「2億ドル程度」の入札を見積もっているという。 本作品は、ウォーホルが、1960年代に制作したマリリン・モンローシリーズ『撃ち抜かれたマリリンたち』の4枚のうちの1枚《Shot Sage Blue Marilyn》である。

【美術解説】アンディ・ウォーホル「ポップ・アートの巨匠」
アーティスト一覧 · 02日 5月 2022
アンディ・ウォーホル(1928年8月6日-1987年2月22日)はアメリカの美術家。ポップ・アートムーブメントを率いた代表的な人物として知られており、ファイン・アートとセレブ文化と1960年代に流行した広告における関係性を表現した。 商業イラストレーターとして成功した後、ファイン・アートへ転身して成功した珍しいタイプである。アメリカ現代美術において最も議論の対象となるアーティストだった。 ウォーホルの美術においては非常にさまざまなメディアが利用される。ドローイング、ペインティング、シルクスクリーン、写真、版画、彫刻、映像、音楽など数えるときりがない。また、1984年に発売されたアミガ社のコンピューターを利用したコンピュータアートの先駆者でもある。

【作品解説】アンディ・ウォーホル「キャンベルスープの缶」
作品解説 · 28日 4月 2022
「キャンベルスープの缶」または「32のキャンベルスープの缶」は、1962年にアンディ・ウォーホルが制作した作品。32枚の51 cm × 41 cmのキャンバスから構成されている作品。 おのおのキャンバス、当時のキャンベル・スープ・カンパニーが販売していた32種類のスープ缶が描かれている。各作品は版画の手法、非絵画的で半機械化されたシルクスクリーン印刷で制作されている。 「キャンベルスープの缶」は、大衆文化から主題を得ることで、アメリカにおける大きな前衛芸術運動であるポップ・アートの生成と発展を導いた。また、「キャンベルスープの缶」で上げたウォーホルの名声は、最も有名なアメリカのポップ・アートティストにしただけでなく、現存する最も高価なアメリカ人美術家の作品となった。

【作品解説】アンディ・ウォーホル「マリリン二連画」
作品解説 · 20日 4月 2022
《マリリン二連画》は1962年にアンディ・ウォーホルによって制作されたシルクスクリーン作品。ウォーホルの代表作品の1つでカミーユ・パミラをはじめ多くの批評家から賞賛されている。 この作品は1962年8月にマリリン・モンローが死去した直後に制作されたもので、キャンバスに50ものモンローの顔を描かれている。描かれているモンローの顔は1953年に公開されたマリリン・モンロー主演のカラー映画『ナイアガラ』の宣伝広告用の写真を元にしている。 画面左側に敷き詰められた25のモンローの顔は明るく着色されているが、画面右側の25のモンローの顔は黒と白のモノクローム調になっている。キャンバスの"左右の関係性"やモンローの"生と死の関係性"など、モンローの人生における出来事や意味を多重的に見せる形で画面が構成されているのがポイントである。これに近い表現方法は、シュルレアリストことサルバドール・ダリのダブルイメージやマルセル・デュシャンの作品群などがある。

【作品解説】アンディ・ウォーホル「金のマリリン・モンロー」
作品解説 · 19日 4月 2022
《金のマリリン・モンロー》は、1962年にアンディ・ウォーホルが制作した金色に塗られた大きなキャンバス(2.11m×1.45m)にマリリン・モンローの顔が写っている写真を中心に構成されている作品。...

【美術解説】ジャン=ミシェル・バスキア「アメリカで最も重要な新表現主義の画家」
アーティスト一覧 · 09日 12月 2021
ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。 1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。 1980年代までにバスキアは、グラフィティ・アート、プリミティヴィズム、そしてジュリアン・シュナーベル、デイビット・サル、フランチェスコ・クレモント、エンツォ・クッキらとともに新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。

さらに表示する