ブログカテゴリ:アート・ワールド



実業家 · 08日 8月 2019
エマニュエル・ペロタン(1968年5月生まれ)はフランスの画商。モントルイユ生まれ。2000年以降の世界で最も重要なギャラリストの1人として注目されている。 エマニュエル・ペロタンは銀行員の父ミシェル・ペロタンと専業主婦の母オーディオ・プリナスのあいだに生まれ、フランス北西部のレタン=ラ=ヴィルで育った。 1990年、21歳のときに最初のギャラリーを開設。以来、アーティストの作品を鑑賞する創造的な環境を提供することを目的とし、現在までに世界中に18を超えるさまざまな展示スペースを開設。 また、25年以上にわたって村上隆、ミスター、KAWS、マウリツィオ・カテラン、ジャン=ミシェル・オトニエル、グザヴィエ・ヴェイヤン、ソフィ・カルといった芸術家たちと深い信頼関係を築き上げながら、野心的な展示プロジェクトを遂行してきた。

実業家 · 29日 6月 2019
デビッド・ツヴィルナー(1964年10月23日生まれ)はドイツ人画商でニューヨークやロンドンにあるデビッド・ツヴィルナー・ギャラリーのオーナー。取扱作家はドナルド・ジャッド、トーマス・ルフ、草間彌生、河原温など、大規模なミニマル作品を制作する作家が多い。 2012年以來、ツヴィルナーは『ArtReview』が毎年企画している現代美術で最も影響力のある人物を分析してランキング化した「Power 100」の常連番付者となっている。 ツヴィルナーは4位(2010年)、5位(2012年)、2位(2013年)、2位(2014年)、3位(2015年)、4位(2016年)、5位(2017年)、そして2018年には1位にランク付けされた。 2012年にツヴィルナーは『フォーブス』誌の「アメリカで最も力のある画商」企画でナンバー2に選出された(1位はラリー・ガゴシアン)。

実業家 · 28日 6月 2019
パトリック・ドライ(1963年生まれ)は、フランス、ポルトガル、イスラエルの3つの国籍を持つ実業家。1999年からスイスに在住。ドライはオランダのユーロネクスト・アムステルダム証券取引所に上場している電気通信事業者アルティスの創始者であり支配株主。 2019年6月に米競売大手の「サザビーズ」は、パトリック・ドライに37億ドル(約4000億円)で同社を売却し、非上場化することで合意したと発表。サザビーズは上場企業としての31年の歴史に終止符を打った。 パトリック・ドライはモロッコのカサブランカのユダヤ人の家庭に生まれた。15歳のときに家族はフランスのモンペリエへ移る。両親は二人とも数学の教師。 ドライはパリにあるエコール・ポリテクニーク大学で工学の学位を取得し、大学院で光学とエレクトロニクス分野で学位を取得。その後、シリア・ギリシア正教の妻と結婚し、スイスのジュネーブで暮らしている。

ストリート・アート · 04日 6月 2019
ブライアン・ドネリー(1974年11月4日生まれ)、通称KAWSは、ニューヨークを基盤にして活動している画家、グラフィック・デザイナー、彫刻家、トイ作家、ファッションデザイナー、グラフィティ・アーティスト。 KAWSの作品では同じ具象的なキャラクターやモチーフが繰り返し使われる。それらの多くは彼の初期キャリアである1990年代初頭に創造したもので、当初は平面で描かれていたが、のちに立体に発展した。 KAWSのキャラクターの中にはオリジナルのものと、他のクリエイターのキャラクターをリメイクしたものがある。

現代美術家 · 24日 4月 2019
ジェフ・クーンズ(1955年1月21日生まれ)はアメリカの芸術家。ポップカルチャーを主題と、表面に鏡面処理を施したステンレス製のバルーン・アニマルといったシンプルなオブジェ作品でよく知られる。 クーンズはアメリカにおけるキッチュ性を最もよく表現した作家の1人である。現在ニューヨーク市とペンシルヴァニア州ヨークにある自宅の両方で活動している。 現在、ニューヨークと彼のホームタウンである。ペンシルバニア州のヨークの両方で作品を制作している。 現役で活動している現代美術家の中で、オークション市場で最も高価格で取引される作家の1人としても知られいている。2013年11月に、クーンズの《バルーン・ドッグ(オレンジ)》は、クリスティーズがニューヨークで開催した「戦後美術と現代美術セール」で、5,840万ドル(約60億円)で落札された。

現代美術家 · 04日 2月 2019
ダミアン・ハースト(1965年6月7日生まれ)はイギリスのア現代美術家、実業家、コレクター。「ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)」の中心的な存在であり、1990年代のイギリス・アートシーンに最も貢献した人物である。 イギリスで最も稼ぐアーティストとしても知られており、2012年の『サンデー・タイムズ・リッチリスト』によれば、ハーストの財産は約10億ドルだと見なされている。1990年代にハーストの芸術活動はコレクターのチャールズ・サーチと密接な関わりがあったが、摩擦があり2003年までには疎遠になっている。 「死」はハースト作品の主要テーマである。ハーストが有名になったのはホルマリン漬けされた動物作品(サメ、羊、牛など)シリーズ『自然史』だとされている。代表的な作品は、4.3メートルのイタチザメを透明ケースにホルマリン漬けした『生者の心における死の物理的な不可能』だろう。

現代美術家 · 10日 12月 2018
プッシー・ライオット(Pussy Riot)は、モスクワを活動の中心としたロシアのフェミニスト・ロックグループである。2011年8月にバンド結成。20歳から33歳のおおよそ11人の多様な女性で構成されている。 彼女たちは赤の広場やモスクワ地下鉄といった公共空間でゲリラパフォーマンスで即興演奏し、その様子を編集したミュージックビデオをインターネットに投稿するのが特徴である。 彼女らのコンセプトはフェミニズム、同性愛者の権利、そしてウラジミール・プーチン大統領のロシア体制への批判である。彼女らはプーチンをスターリンとみなし、またロシア正教会総主教との間に癒着があると指摘する。