· 

【美術解説】ヤン・ファン・エイク「初期ネーデルラント絵画の改革者」

ヤン・ファン・エイク / Jan van Eyck

初期ネーデルラント絵画の改革者


《アルノルフィーニ夫妻像》,1434年
《アルノルフィーニ夫妻像》,1434年

概要


生年月日 1390〜1395年頃
死没月日  1441年7月9日
活動場所 フランドル
ムーブメント 初期ネーデルランド絵画、北方ルネサンス
代表作

・アルノルフィーニ夫妻像

・ヘントの祭壇画

・宰相ロランの聖母

・受胎告知

・教会の聖母子

ヤン・ファン・エイク(1390年-1441年7月9日)は、ブルージュで活動したフランドル地方の画家。

 

初期ネーデルラント絵画の革新者の1人として知られており、また初期北方ルネサンス芸術の最も重要な画家の1人でもある。

 

ファン・エイクは1380年から1390年頃、現在のベルギーのマーセイク(当時のマーセイク、それが彼の名前の由来)で生まれた可能性が高い。

 

1422年頃ハーグで活動をはじめたときには、すでに助手を雇い、工房も所有するそれなりに地位のある宮廷画家となっており、オランダとハイノーの支配者であったピティレス家のヨハネ3世の庇護のもと画家兼使用人(バレット・ド・シャンブル)として活動した。

 

1425年にヨハネ3世が亡くなると、ブルゴーニュ公フィリップ・ザ・グッドの宮廷画家としてリールで活動し、その後、1429年頃にブルージュに移り住んで、亡くなるまでそこで暮らした。

 

フィリップに公に高く評価され、公爵とポルトガルのイザベラの婚約交渉において、1428年にリスボンを訪問するなど外交官としても活躍した。

 

現存する約20点の絵画の中には、《ヘント祭壇画》や『トリノ=ミラノ時祷書』の装飾画など、1432年から1439年の間に描かれたものがある。

 

ファン・エイクは、祭壇画、宗教的な人物、依頼された肖像画など、世俗的なものと宗教的なものの両方を主題とし、一枚板、二枚板、三枚板、ポリプティク板など多様な形式で制作している。

 

パトロンだったフィリップは、画家が「好きな時に好きなだけ」描くことができるよう安定した高額報酬を支払い、また芸術的な自由を保証していたので、ファン・エイクは好きなときに好きなだけ描くことができた。

 

ファン・エイクの作品はもともとは国際ゴシック様式に由来しているが、自然主義とリアリズムを重視する方向へ発展した。また、油絵具の技法の質を高め、その後、非常に影響力を持ち、その技術やスタイルは、初期ネーデルラントの画家たちに受け継がれて、洗練されていった

略歴


幼少期


ヤン・ファン・エイクの生い立ちはほとんどわかっておらず、正確な生年月日も出生地も記録されていない。

 

彼の生涯についての最初の記録は、ハーグのバイエルンのヨハネ3世の宮廷にある会計記録である。それによると1422年から1424年の間、ファン・エイクはバレット・ド・シャンブルの地位を兼任するヨハネ3世の宮廷画家として、最初は1人、のちに2人の弟子を雇って制作活動をしていた。

 

このことから、遅くとも1395年には生まれていると推測される。しかし、1433年のロンドンの自画像から、ほとんどの学者が1380年頃だろうと考えている。

 

出生地に関しては、ファン・エイクは16世紀後半にリエージュ司教領のマーセイクで生まれたと推測されている。彼の名字は、3つのMillrind紋章に関連する系譜情報からベルジェイクという地名と関連している。このことは、彼がローデ(シント=ウーデローデ)の領主に由来することも示唆している。また、ファン・エイクの娘のリーヴィーヌは父の死後、マーセイクの尼僧院で暮らしていたことからもマーセイク出身であることを裏付けている。

 

ファン・エイクには妹のマルガレタと、少なくとも2人の兄弟がいた。兄弟の1人フーベルト(1426年死去)はおそらくファン・エイクの見習いをしていて、ランベルト(1431年から1442年にかけて活躍した画家)は画家であったという。両者ともファン・エイクにとって兄か弟かの順列はよくわかっていない。

 

なお、南フランスで活躍したもう一人の重要な画家、バルテミー・ファン・エイクは、ファン・エイクと関係があると推定されている。

 

ファン・エイクがどこで教育を受けたかは不明だが、ラテン語の知識があり、ギリシャ語とヘブライ語のアルファベットを碑文に使用していたことから、伝統的な教育を受けていたと思われる。なお、《ニッコロ・アルベルガーティ枢機卿の肖像》の習作画に関するメモは、マースランド方言で書かれている。

 

こうした教育水準の高い画家は当時珍しかったこともあり、教養のあるフィリップにとって魅力的な存在だった。

宮廷画家


ファン・エイクは、オランダ、ハイノー、ゼーラントを統治していたバイエルン・ストラウビングのヨハネ3世に仕えていた。この頃までに、小さな工房をかまえ、ハーグのビンネンホーフ宮殿の改装に携わっている。

 

1425年にヨハネ3世が亡くなると、ブルージュに移り、1425年にフィリップ・ザ・グッドの目に留まる。ファン・エイクが収集に値する画家として注目されるようになったのは、一般的にフィリップの宮廷に任命された後であり、この時点から宮廷での彼の活動は比較的よく記録されるようになった。

 

また、宮廷画家、外交官を務め、トルナイの画家ギルドの上級会員だった。1427年10月18日の聖ルカの祭日には、トルナイを訪れ、ロベール・カンピンやロジェ・ファン・デル・ウェイデンも同席したファン・エイクの栄誉祝祭会に出席した。

 

宮廷から多額の安定した給料を支給されていたため、商業的な依頼仕事から解放され、自由に芸術活動ができたという。その後の10年の間に、おもに油絵具に対する技巧に関する革新的なアプローチから、ファン・エイクの評判と技術力は高まっていった

 

他の多くの同業者と異なり、ファン・エイクの評価が下がることはなく、その後の数世紀にわたって高く評価され続けた。

 

ジョルジョ・ヴァザーリは永続された神話、ファン・エイクこそ油絵を発明したという評価している。

 

ファン・エイクの最も有名な作品である《ヘント祭壇画》は、兄弟のハンバルト・ファン・エイクと共同で制作したもので、美術史家は一般的にハンバルト・ヴァン・エイクが1420年頃に制作を始め、ヤンが1432年に完成させたと考えている。

 

もう一人の兄弟ランバルトは、ブルゴーニュ地方の宮廷文書に記載されており、ヤンの死後、ヤンの工房の管理を引き継いでいた可能性がある。

《ヘント祭壇画》,1432年
《ヘント祭壇画》,1432年

最盛期


生涯の間に考えついたファン・エイクの革命的となデザインや手法は、後に多くの模倣と複製が行われた。

 

彼の座右の名でもあり、名前のダジャレである「ALS ICH KAN("AS I CAN")」は、美術史上最初であり、現在も最も特徴的なサインの1つとして知られている。1433年の《ターバンを着た男の肖像》で初めて書かれ、当時の彼の自信の表れが見られる。

 

1434年から1436年にかけては、《ローリン議長の聖母》《ルッカの聖母》《ファン・デル・パーレの聖母子》などの作品を制作した時期で、彼の最盛期にあたる考えられている。

 

ファン・エイクは、おそらく1432年頃、ブルージュに家を買った時期に、年の離れた若いマーガレットと結婚した。2人の間には1434年に第一子が生まれている。マーガレットについてはほとんどわかっておらず、彼女の旧姓さえも不明である。現代の記録では、彼女はおもにダモワゼル・マルグリットと呼ばれている。

《ローリン議長の聖母》,1435年
《ローリン議長の聖母》,1435年
《ルッカの聖母》,1436年
《ルッカの聖母》,1436年
《ファン・デル・パーレの聖母子》,1434年-1436年
《ファン・デル・パーレの聖母子》,1434年-1436年
《マーガレット・ファン・エイクの肖像》,1439年
《マーガレット・ファン・エイクの肖像》,1439年

ファン・エイクは1426年から1429年の間に、ブルゴーニュ公フィリップの要請で外遊しているが、記録には「秘密の」任務として記載されており、年俸の何倍もの報酬が支払われている。その正確な内容はまだ不明だが、宮廷の特使として行動していたようだ。

 

1426年、ファン・エイクは「ある種の遠方の土地」、おそらく「聖地」に向けて旅出ているが、これは、1440年頃に彼の工房の仲間にによって完成された《墓の上の三人のマリア》で描かれているエルサレムの地形の正確さにから、エルサレムに旅に出たと推定されている。

 

はっきり記録化されている旅は、ポルトガルのイザベラとブルゴーニュ公フィリップ3世の結婚式準備のために集団でのリスボンへ旅行である。そこでのファン・エイクの仕事は、結婚前の花嫁の絵を描くことだった。ポルトガルでは疫病が蔓延していたため、宮廷の人々は町を離れており、オランダ人の一行は人里離れたアビス城で迎えられた。

 

ヴァン・エイクはそこで9ヶ月間を過ごし、イザベラを花嫁として迎え入れオランダに戻った。2人は1429年のクリスマスに結婚した。

 

王女は特に魅力的ではなく、ファン・エイクが失われた肖像画の中で彼女が表現したのも、まさにその通りで、モデルに威厳を持たせるように見えるが、その不完全さを隠さないようにした。

 

帰国後、《ヘント祭壇画》の完成に集中し、1432年5月6日、フィリップ3世の公式セレモニー時にサン・バボー大聖堂で奉献された。

 

1437年の記録によると、彼はブルゴーニュ貴族の上層部から高い評価を受けており、外交職に就いていたという。

死去


ヤン・ファン・エイクは1441年7月9日、ブルージュで亡くなった。彼は聖ドナティアン教会の墓地に埋葬された。フィリップ3世は敬意を表して、未亡人マーガレットに年俸に相当する金額を一度支払った。

 

多くの未完成作品があったが、それらは工房の職人たちに引き継がれた。

 

ランベルト・ファン・エイクが工房を管理することで、ヤンの名声と名声は着実に高まっていった。1442年初頭、ランベルトは遺体を発掘し、聖ドナティアン大聖堂に安置した。

 

1449年にイタリアの人文主義者であり古美術家でもあるチリアコ・デ・ピチコッリが評価すべき画家として言及し、1456年にはバルトロメオ・ファッキオがファン・エイクを評価している。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Jan_van_Eyck、2020年8月26日アクセス