· 

【作品解説】グスタフ・クリムト作品一覧「接吻、キス、ユディット、金箔作品など」

グスタフ・クリムトの作品一覧

代表作


《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I》
《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I》

本作品は、クリムトの「黄金時代」後期における最も完成度の高い作品である。クリムトによるブロッホ=バウアーの全身肖像画は2作品存在しているが、これは最初の作品である。2作品目は1912年に完成した。(続きを読む


《接吻》
《接吻》

クリムト作品における共通の主題となるのは、「愛」「親密さ」「性愛」である。ここで解説する《接吻》は、それらクリムトの主題を集大成した作品であり、またクリムト作品において最も傑出した作品の1つであり、さらに当時のオーストリア、ウィーンの前衛芸術を代表する作品である。(続きを読む


ベートーベン・フリーズ
ベートーベン・フリーズ

1901年、オーストリアの作曲家ベートーベンに焦点をあてた第14回ウィーン分離派展示会を開催。《ベートーヴェン・フリーズ》はこの展示会のために描かれたものである。当時ほかに注目浴びた作品はマックス・クリンガーのベートーヴェンの彫刻作品である。(続きを読む


《ユディットⅠ》
《ユディットⅠ》

《ユディト》は1901年にグスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。ホロフェルネスの首をはね、手に持つヘブライ人寡婦ユディトの姿を描いたものである。クリムトは切断されたホロフェルネスの首を手に持つユディトが恍惚状態になっている瞬間の表情を描こうとした。(続きを読む


その他の作品


《裸のヴェリタス》
《裸のヴェリタス》

《裸のヴェリタス》は1899年にグスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。日本画における平面的表現に移行する以前の、象徴主義的なスタイルで描かれた女性ポートレイト作品。裸の赤毛の女性が真実の手鏡を手に持ち、その鏡を鑑賞者の方へ向けている。(続きを読む


《パラス・アテナ》
《パラス・アテナ》

女性のセクシュアリティを賛美するように描かれた作品と異なる。 この作品では女性のセクシュアリティは抑えられ、力強い女神、強さと勇気のある女性、伝統的に男性的な資質を持つ女性が描かれている。 アテネは、片方の手で槍の柄を握り、反抗的な姿勢で私たちの前に現れる。彼女は、安定した鋭い視線で鑑賞者を見つめてくる。(続きを読む


《人生の三段階》
《人生の三段階》

この作品では、幼少期、若年期、老齢期にある3人の女性を通じて「女の人生」を表現している。若年期を示す女性が幼少期を示す女の子どもを抱き、背後に老齢期を示す老婆が描かれている。(続きを読む


《ストックレット・フリーズ》
《ストックレット・フリーズ》

ベルギーのブリュッセルにあるストックレー宮殿から依頼され制作した3連のパネル画。それぞれのパネルには「期待(左側)」「生命の樹(中央)」「成就(右側)」が描かれている。この作品は、金箔を多用したクリムトの「黄金期」に制作された。(続きを読む


《希望Ⅱ》
《希望Ⅱ》

《希望Ⅱ》は1907年から1908年にかけてグスタフ・クリムトによって制作されて油彩作品。クリムトが好んだモデルの1人であるヘルマを描いたもので、妊婦に焦点を当てたクリム作品の2作目である。(続きを読む


《ダナエ》
《ダナエ》

モデルはクリムト作品でエミーレ・フレーゲに続いてよくモデルにされている“赤毛のヒルダ(Red Hilda)”という女性。彼女の詳細については分かっていない。ダナエとは、ギリシア神話に登場するアルゴスの王女の名前で、1900年前後に多くの芸術家たちの主題として扱われている。ダナエは愛の神の代表的なシンボルとして描かれることが多い。(続きを読む


《ヘレーネ・クリムトの肖像》
《ヘレーネ・クリムトの肖像》

ヘレーネ・クリムトはクリムトの姪にあたる。弟エルンストの娘である。弟のエルンストは1891年にヘレーネ・フレーゲと結婚、その年の7月28日にヘレーネが生まれる。しかし翌年1892年にエルンストが急死すると、クリムトは残された母子を預かる身となり、ヘレーネの法律上の保護者となった。(続きを読む


《メーダ・プリマヴェージ》
《メーダ・プリマヴェージ》

モデルはクリムトやウィーン幻想派の大型パトロンだったオーストリアの実業家で銀行家のオットー・プリマヴェージの9歳の娘。

ほかの女性ポートレイトと比べて装飾模様が少なく、輪郭線を中心に質素に描かれているのが特徴。(続きを読む


《乙女》
《乙女》

《乙女》は、1913年にグスタフ・クリムトによって制作された絵画。現在、チェコ共和国プラハの国立美術館に保管されている。クリムトは、少女のまわりにカラフルな模様のスカーフやガウン、花冠を散りばめ、雲のような空や雲のような形で女性の星座を作り上げている(続きを読む


《ウィーン大学講堂の天井画》
《ウィーン大学講堂の天井画》

1894年、クリムトは天井画の制作を依頼を受けて「哲学」「医学」「法学」の絵を描いたところ、「ポルノ」「変態的な過剰表現」を理由にバッシングされ、この絵は大学に一切展示されないことになった。(続きを読む


《水蛇Ⅱ》
《水蛇Ⅱ》

クリムトの最盛期の作品の1つと見なされている。水中生物との関わりは、クリムトのような象徴主義の傾向のある作家にとって、人間への未知で超越的な宇宙を表現する代表的な方法の1つだった。(続きを読む


《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ》》
《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ》》

アデーレ・ブロッホ=バウアー(1881−1925)はクリムトの親友でありパトロンである。またウィーンの芸術愛好家サロンに出入りしていた女性で、クリムトが唯一、絵のモデルとして描いた人物である。もうひとつの作品が、《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Ⅰ》で、一般的にはこちらのほうが有名である。(続きを読む


《死と生》
《死と生》

クリムトはこれを現代の死のダンスとしたが、シーレとは異なり、希望と融和のニュアンスを導入しており、死の姿に脅威を感じるが、人間はそれをあえて無視しているかのようである。(続きを読む