アーティスト一覧

【美術解説】マックス・エルンスト「コラージュ技法で知られるシュルレアリスト」
アーティスト一覧 · 29日 2月 2024
マックス・エルンスト(1891年4月2日-1976年4月1日)はドイツの画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、詩人。ダダおよびシュルレアリスム・ムーブメントの開拓者。ケルン・ダダの創始者。 正規の美術教育を受けていないが、1921年にコラージュ作品を発表して大きな影響を与える。コラージュの代表作は『百頭女』や『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』といった物語とコラージュを融合させたコラージュ・ロマンシリーズ。 シュルレアリスム時代には「自動記述」の最初の実験をおこなっている。ほかに、鉛筆による擦過で物体の輪郭を浮かび上がらせる技法であるフロッタージュや、絵具をキャンバスに擦りつけて下に置かれた物体の痕跡を明らかにする類似の技法であるグラッタージュを考案した。 第二次世界大戦中は、戦火を避けてニューヨークに亡命し、アンドレ・マッソン、フェルナン・レジェ、ピエト・モンドリアンらとともにのちのアメリカ美術に多大な影響を与えた。 画家、彫刻家、詩人として、生涯にわたりシュルレアリスムの深さと多様性を体現。理論家として論文も多数書いて評価を高めた。
【美術解説】サルバドール・ダリ「ダブルイメージを発明したシュルレアリスト」
アーティスト一覧 · 26日 2月 2024
サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク(1904年5月11日-1989年1月23日)は、一般的に“サルバドール・ダリ”という名前で知られているスペイン・カタルーニャ州の画家。シュルレアリスト。 ルネサンスの巨匠たちに影響を受けて身につけた熟練した絵画技術でもって、数々のシュルレアリスム作品を制作。 あるイメージをあるイメージに重ね合わせて表現するダブルイメージ手法「偏執狂的批判的方法」の発明者として、シュルレアリスムでは評価されている。代表作品は1931年8月に完成させた『記憶の固執』。ここでは、時計とカマンベールチーズを重ね合わせて表現している。 絵画以外の活動も多彩で、メディア露出をほかのシュルレアリストより重視していたのが最大の特徴。著述、映画、彫刻、写真などさまざまな大衆メディアに頻繁に登場。アメリカでは大衆文化のスターとなり『Time』誌の表紙にもなった。特に注目を集めたのはダリの奇行癖。作品以上にむしろ奇行のほうが知られていたといっても過言ではない。

【美術解説】アンドレ・ブルトン「シュルレアリスム宣言」
アーティスト一覧 · 26日 2月 2024
アンドレ・ブルトン(1896年2月19日-1966年9月28日)は、フランスの著述家、詩人。シュルレアリスム創始者であり指導者。オートマティスムによるシュルレアリスム表現を解説した『シュルレアリスム宣言』(1924年刊)が、代表的な著作物。 パリの初期ダダ運動においても重要な役割をはたすが、1921年にトリスタン・ツァラおよびダダと決別する。24年に『シュルレアリスム宣言』を起草して以来、シュルレアリスム運動の理論的支柱となる。 シュルレアリム情報誌『シュルレアリム革命』の編集長となり、シュルレアリムの普及に長くつとめる。その多くの著作はシュルレアリストや多くの芸術関係者から注目を集め、ムーブメントの活気をよびおこし、その後は現代の芸術、文学、美学および倫理に絶大な影響をおよぼした。
【美術解説】ヘンリー・ダーガー「アウトサイダアートの巨匠」
アーティスト一覧 · 20日 2月 2024
ヘンリー・ジョセフ・ダーガー.ジュニア(1892年4月12日-1973年4月13日)はアメリカの隠遁作家、芸術家、イリノイ州シカゴの病院清掃員。 ダーガーは、死後、ワンルームのアパートで1万5145ページ(世界一だが出版されていないのでギネスに登録されず)のファンタジー小説の原稿『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコ・アンジェリニアン戦争の嵐の物語』と、その小説のドローイングと水彩による挿絵が発見されて有名になり、アウトサイダー・アートの有名な代表例の1つとなった。

【美術解説】マッジ・ギル「迷宮の女主人」
アーティスト一覧 · 11日 2月 2024
マッジ・ギル(1882-1961)はイギリスのアウトサイダー・アーティスト。世界で最も有名なアウトサイダー・アーティストの1人で、多くのアウトサイダー・アーティストと同様に、1961年の死後も名声を得続けている。 ギルは38歳のときに突然デッサンに目覚め、その後40年間に何千もの霊媒主義的と言われる作品を制作したが、そのほとんどが白黒のインクで描かれた。彼女は「ミルニーネレスト」(私の内なる休息)と呼ばれる霊に導かれて描いていると主張し、作品にはこの霊の名前を入れている。 評論家によれば、スピリチュアル系の芸術家によくあることだが、自分の能力や意志で絵を描いているのではなく、霊界からの意思を伝えるための物理的な媒介物と自身を考えていたと思われる。
【美術解説】アドルフ・ヴェルフリ「絵画、テキスト、音楽に彩られた聖アドルフ王国」
アーティスト一覧 · 09日 2月 2024
スイス出身の画家、アドルフ・ヴェルフリは、アール・ブリュットの時代における前衛的なアウトサイダー・アートの巨匠として輝きました。美術には興味を示さなかった彼が精神病を経て絵画の世界に目覚め、その独自の才能を発揮するようになったのは驚くべきことでした。

【美術解説】ルイ・ステール「時を超えた音楽と絵画の探求者」
アーティスト一覧 · 07日 2月 2024
ルイ・アドルフ・ステールは、スイス人画家、グラフィック・アーティスト。一般的にアール・ブリュットの画家として認知されている。音楽家としても活動し、ヴァイオリンを演奏した。母方のいとこに建築家のル・コルビジェがいる。
アーティスト一覧 · 06日 2月 2024
フリードリヒ・シュレーダー・ゾネンシュターン(1892年9月11日-1982年5月10日)はドイツの画家。ムーブメントとしてはシュルレアリスムに含まれるが、現在はアール・ブリュットやアウトサイダー・アート史において最も重要な芸術家とみなされている。...

【美術解説】クラレンス・シュミット「廃材から芸術へ、奇跡を紡ぐ異端の造形家」
アーティスト一覧 · 05日 2月 2024
クラレンス・シュミット、アメリカの異端芸術家は、ニューヨーク州ウッドストックのオハヨー山で、拾った物や再利用材料を用いて創造した「山の奇跡」で知られます。奇抜な服装と風変わりな生活スタイルの持ち主で、カウンターカルチャーの象徴とみなされた彼は、光と影の人生を歩みました。1940年から1972年にかけて築き上げた彼の作品群は、火災という試練を乗り越え、再建された。晩年は隣人や家族との紛争、法的な問題に直面しながらも、彼の創作意欲は衰えることなく、1978年にこの世を去るまで続きました。
【美術解説】サイモン・ロディア「天に昇る奇妙な塔の夢」
アーティスト一覧 · 05日 2月 2024
サイモン・ローディア、小柄でありながら強靭な心を持つ一人のイタリア移民が、ロサンゼルスの地に永遠の足跡を刻んだ。約7000袋のセメントと壊れた瀬戸物を用い、ワッツ地区に立つ3つの塔を含む複雑な建造物群を33年の歳月をかけて築き上げた。彼の作品は、故郷の宗教行事の記憶を反映し、ナポリ近郊での幼少期の記憶と新天地での生活が交錯する中、人々の嘲笑を超え、アートとして永遠に残ることとなった。

さらに表示する