アーティスト一覧

【解説】アンディ・ウォーホルのパーソナル
アーティスト一覧 · 09日 5月 2022
ウォーホルは同性愛者だった。1980年、彼はインタビュアーに、自分はまだ処女であると語った。 そのインタビューに同席していた伝記作家のボブ・コラセロは、それはおそらく事実であり、彼がしたわずかなセックスはおそらく「盗撮と自慰の混合-(アンディの)抽象的な言葉を使えば」であると感じた。

【美術解説】アンディ・ウォーホル「ポップ・アートの巨匠」
アーティスト一覧 · 02日 5月 2022
アンディ・ウォーホル(1928年8月6日-1987年2月22日)はアメリカの美術家。ポップ・アートムーブメントを率いた代表的な人物として知られており、ファイン・アートとセレブ文化と1960年代に流行した広告における関係性を表現した。 商業イラストレーターとして成功した後、ファイン・アートへ転身して成功した珍しいタイプである。アメリカ現代美術において最も議論の対象となるアーティストだった。 ウォーホルの美術においては非常にさまざまなメディアが利用される。ドローイング、ペインティング、シルクスクリーン、写真、版画、彫刻、映像、音楽など数えるときりがない。また、1984年に発売されたアミガ社のコンピューターを利用したコンピュータアートの先駆者でもある。

ポルタス・アボナエ「バンクシー風の作品を描いた」と主張するストリート・アーティスト
アーティスト一覧 · 28日 3月 2022
あるストリートアーティストが、ブリストルでバンクシー風の壁画を制作したこと主張している。この作品はイーストンの建物の側面に描かれているもので、「バンクシー風の作品」ではなく、「本物のバンクシーの作品」ではないかと憶測を呼んでいる。 この作品は、ブリストル東部地区のコルストンロードの下にある3人の子どもが描かれている。2人は空を見上げ、小さな子どもは壁に向かって、アーティストが「Colston Four(コルストン・フォー)」を支援するためにデザインしたTシャツの1枚を付けた棒を振っている。

【アートモデル】カミーユ・ドンシュー「モネの最初の妻で印象派の代表的モデル」
アーティスト一覧 · 13日 2月 2022
カミーユ=レオニー・ドンシュー(1847年1月15日 - 1879年9月5日)は、フランスの画家クロード・モネの最初の妻。クロードとの間に2人の息子をもうけている。 彼女はモネをはじめ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、エドゥアール・マネらによって多くの絵画でモデルを務め、描かれている。

【美術解説】ダンテ・アリギリエール「西洋の芸術に多大な影響を与えた詩人」
アーティスト一覧 · 04日 1月 2022
ダンテ・アリギリエーリ(1265年-1321年9月14日)は、イタリアのフィレンツェの詩人、作家、哲学者。 彼の代表作『神曲』は中世の最も重要な詩の一つで、イタリア語最大の文学作品と広く認識されており、イタリアの文学の確立に貢献した。 地獄、煉獄、天国の描写は、後の西洋の芸術や文学に多大なインスピレーションを与え、ルネサンス文化の先駆者とみなされている。

【美術解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「後期印象派の代表で近代美術の父」
アーティスト一覧 · 27日 12月 2021
フィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853年3月30日-1890年7月29日)はオランダの画家。後期印象派運動の中心人物。西洋美術史において最も有名で影響力のある芸術家の1人。近代美術の創設者とみなされており、20世紀初頭に出現した前衛芸術家たちに大きな影響を与えた。 わずか10年の創作期間のうちに約2100点以上の作品を制作。そのなかの約860点は油彩作品であり、フランスに滞在し、37歳で自殺するまでの約2年間で短期集中制作されたものである。風景画、静物画、ポートレイト、セルフポートレイトなどを大胆な色使いと表現主義的な激しいブラシストロークで描く。 上層中産階級の家庭で生まれたゴッホの子ども時代は、真面目で、大人しく、ナイーブだったという。若い頃のゴッホは画商で、よくヨーロッパ中を旅してまわっていたが、ロンドンに移り、失恋後、うつ病を患い画商の仕事をたたむ。

【美術解説】ウォルフガング・パーレーン「芸術雑誌『DYN』の編集者」
アーティスト一覧 · 24日 12月 2021
ヴォルフガング・ロバート・パーレン(1905年7月22日-1959年9月24日、メキシコ・タスコ)は、オーストリア系メキシコ人の画家、彫刻家、美術理論家。 1934年から1935年まで「抽象-クレアション」グループのメンバーとして活動し、1935年にシュルレアリスム運動参加。1942年までその主要メンバーの一人として活動した。 メキシコに亡命中に、ブルトン主導のシュルレアリスム理論に対抗する芸術雑誌『DYN』を創刊し、編集者および芸術哲学者としての才能を発揮する。 シュルレアリスムにおけるラディカルな主観主義とフロイト・マルクス主義に対する批判的態度を、偶然性の芸術哲学としてまとめ、ブルトンもパーレンの批判を認めた。 1951年から1954年にかけて、パリ滞在中に再びシュルレアリスムグループに参加。

【美術解説】JR「芸術写真とグラフィティの融合」
アーティスト一覧 · 23日 12月 2021
トム・サックス(1966年7月26日生まれ)はアメリカの現代美術家。ニューヨーク在住。ファッションと暴力を融合させたり、NASAの月着陸船やその他のオブジェを、木材を使って荒削りにDIYする彫刻作品で知られている。 NFTアートに参加しており、トム・サックスはロケット船のイラストをNFTで制作し、コレクターがカスタマイズできるようにしている。 コレクターは、さまざまなブランドロゴをあしらった先端、胴体、尾翼を自由に組み合わせることができ、また、オプションで画像の現物を郵送で受け取ることも可能だという。 購入者は、ロケットが打ち上げられる様子を撮影したビデオも入手でき、2021年のアート・バーゼル・マイアミで実際にパフォーマンスが行われた。

【美術解説】オスカル・ドミンゲス「デカルコマニーの発明者」
アーティスト一覧 · 19日 12月 2021
オスカル・M・ドミンゲス(1906年1月7日-1957年1月1日)はスペインの画家。シュルレアリスト。 ドミンゲスは、美術史において1936年にシュルレアリスムのオートマティスム技法の1つであるデカルコマニーを発明、普及させたことで評価されている。 デカルコマニーとは、紙などの表面(ガラスが使われたこともある)に薄く広げたガッシュを、キャンバスなどの別の表面に押し付け、獣、人物、岩の多い風景を連想させる奇妙な形を作った。

【美術解説】マックス・エルンスト「コラージュ技法で知られるシュルレアリスト」
アーティスト一覧 · 18日 12月 2021
マックス・エルンスト(1891年4月2日-1976年4月1日)はドイツの画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、詩人。ダダおよびシュルレアリスム・ムーブメントの開拓者。ケルン・ダダの創始者。 正規の美術教育を受けていないが、1921年にコラージュ作品を発表して大きな影響を与える。コラージュの代表作は『百頭女』や『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』といった物語とコラージュを融合させたコラージュ・ロマンシリーズ。 シュルレアリスム時代には「自動記述」の最初の実験をおこなっている。ほかに、鉛筆による擦過で物体の輪郭を浮かび上がらせる技法であるフロッタージュや、絵具をキャンバスに擦りつけて下に置かれた物体の痕跡を明らかにする類似の技法であるグラッタージュを考案した。 第二次世界大戦中は、戦火を避けてニューヨークに亡命し、アンドレ・マッソン、フェルナン・レジェ、ピエト・モンドリアンらとともにのちのアメリカ美術に多大な影響を与えた。 画家、彫刻家、詩人として、生涯にわたりシュルレアリスムの深さと多様性を体現。理論家として論文も多数書いて評価を高めた。

さらに表示する