アーティスト一覧

【アートモデル】カミーユ・ドンシュー「モネの最初の妻で印象派の代表的モデル」
アーティスト一覧 · 13日 1月 2022
カミーユ=レオニー・ドンシュー(1847年1月15日 - 1879年9月5日)は、フランスの画家クロード・モネの最初の妻。クロードとの間に2人の息子をもうけている。 彼女はモネをはじめ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、エドゥアール・マネらによって多くの絵画でモデルを務め、描かれている。

【美術解説】ダンテ・アリギリエール「西洋の芸術に多大な影響を与えた詩人」
アーティスト一覧 · 04日 1月 2022
ダンテ・アリギリエーリ(1265年-1321年9月14日)は、イタリアのフィレンツェの詩人、作家、哲学者。 彼の代表作『神曲』は中世の最も重要な詩の一つで、イタリア語最大の文学作品と広く認識されており、イタリアの文学の確立に貢献した。 地獄、煉獄、天国の描写は、後の西洋の芸術や文学に多大なインスピレーションを与え、ルネサンス文化の先駆者とみなされている。

【美術解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「後期印象派の代表で近代美術の父」
アーティスト一覧 · 27日 12月 2021
フィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853年3月30日-1890年7月29日)はオランダの画家。後期印象派運動の中心人物。西洋美術史において最も有名で影響力のある芸術家の1人。近代美術の創設者とみなされており、20世紀初頭に出現した前衛芸術家たちに大きな影響を与えた。 わずか10年の創作期間のうちに約2100点以上の作品を制作。そのなかの約860点は油彩作品であり、フランスに滞在し、37歳で自殺するまでの約2年間で短期集中制作されたものである。風景画、静物画、ポートレイト、セルフポートレイトなどを大胆な色使いと表現主義的な激しいブラシストロークで描く。 上層中産階級の家庭で生まれたゴッホの子ども時代は、真面目で、大人しく、ナイーブだったという。若い頃のゴッホは画商で、よくヨーロッパ中を旅してまわっていたが、ロンドンに移り、失恋後、うつ病を患い画商の仕事をたたむ。

【美術解説】ウォルフガング・パーレーン「芸術雑誌『DYN』の編集者」
アーティスト一覧 · 24日 12月 2021
ヴォルフガング・ロバート・パーレン(1905年7月22日-1959年9月24日、メキシコ・タスコ)は、オーストリア系メキシコ人の画家、彫刻家、美術理論家。 1934年から1935年まで「抽象-クレアション」グループのメンバーとして活動し、1935年にシュルレアリスム運動参加。1942年までその主要メンバーの一人として活動した。 メキシコに亡命中に、ブルトン主導のシュルレアリスム理論に対抗する芸術雑誌『DYN』を創刊し、編集者および芸術哲学者としての才能を発揮する。 シュルレアリスムにおけるラディカルな主観主義とフロイト・マルクス主義に対する批判的態度を、偶然性の芸術哲学としてまとめ、ブルトンもパーレンの批判を認めた。 1951年から1954年にかけて、パリ滞在中に再びシュルレアリスムグループに参加。

【美術解説】JR「芸術写真とグラフィティの融合」
アーティスト一覧 · 23日 12月 2021
トム・サックス(1966年7月26日生まれ)はアメリカの現代美術家。ニューヨーク在住。ファッションと暴力を融合させたり、NASAの月着陸船やその他のオブジェを、木材を使って荒削りにDIYする彫刻作品で知られている。 NFTアートに参加しており、トム・サックスはロケット船のイラストをNFTで制作し、コレクターがカスタマイズできるようにしている。 コレクターは、さまざまなブランドロゴをあしらった先端、胴体、尾翼を自由に組み合わせることができ、また、オプションで画像の現物を郵送で受け取ることも可能だという。 購入者は、ロケットが打ち上げられる様子を撮影したビデオも入手でき、2021年のアート・バーゼル・マイアミで実際にパフォーマンスが行われた。

【美術解説】オスカル・ドミンゲス「デカルコマニーの発明者」
アーティスト一覧 · 19日 12月 2021
オスカル・M・ドミンゲス(1906年1月7日-1957年1月1日)はスペインの画家。シュルレアリスト。 ドミンゲスは、美術史において1936年にシュルレアリスムのオートマティスム技法の1つであるデカルコマニーを発明、普及させたことで評価されている。 デカルコマニーとは、紙などの表面(ガラスが使われたこともある)に薄く広げたガッシュを、キャンバスなどの別の表面に押し付け、獣、人物、岩の多い風景を連想させる奇妙な形を作った。

【美術解説】マックス・エルンスト「コラージュ技法で知られるシュルレアリスト」
アーティスト一覧 · 18日 12月 2021
マックス・エルンスト(1891年4月2日-1976年4月1日)はドイツの画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、詩人。ダダおよびシュルレアリスム・ムーブメントの開拓者。ケルン・ダダの創始者。 正規の美術教育を受けていないが、1921年にコラージュ作品を発表して大きな影響を与える。コラージュの代表作は『百頭女』や『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』といった物語とコラージュを融合させたコラージュ・ロマンシリーズ。 シュルレアリスム時代には「自動記述」の最初の実験をおこなっている。ほかに、鉛筆による擦過で物体の輪郭を浮かび上がらせる技法であるフロッタージュや、絵具をキャンバスに擦りつけて下に置かれた物体の痕跡を明らかにする類似の技法であるグラッタージュを考案した。 第二次世界大戦中は、戦火を避けてニューヨークに亡命し、アンドレ・マッソン、フェルナン・レジェ、ピエト・モンドリアンらとともにのちのアメリカ美術に多大な影響を与えた。 画家、彫刻家、詩人として、生涯にわたりシュルレアリスムの深さと多様性を体現。理論家として論文も多数書いて評価を高めた。

【美術解説】岡上淑子「伝説の女性コラージュニスト」
アーティスト一覧 · 13日 12月 2021
岡上淑子(1928年生まれ。高知出身のシュルレアリスム系コラージュ作家。現在(2021年)93歳、高知在住。 学生時代に瀧口修造に見出され、コラージュアーティストとしてデビューして、おもに1950年代に美術活動を行う。60年代以後は、姿を見せなくなるが、2000年頃から再評価されはじめる。 初の大規模な回顧展「岡上淑子コラージュ展--はるかなる旅」が2018年、高知県立美術館で催される。 また、東京都庭園美術館で2019年3月から4月にわたり、個展「フォトコラージュ—岡上淑子 沈黙の奇蹟」を開催。 海外でも注目高まり、2021年にメトロポリタン美術館の「国境を越えるシュルレアリスム」展に古賀春江、岡本太郎と並んで日本のシュルレアリスム作家として参加、紹介される。

【美術解説】ジャン=ミシェル・バスキア「アメリカで最も重要な新表現主義の画家」
アーティスト一覧 · 09日 12月 2021
ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。 1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。 1980年代までにバスキアは、グラフィティ・アート、プリミティヴィズム、そしてジュリアン・シュナーベル、デイビット・サル、フランチェスコ・クレモント、エンツォ・クッキらとともに新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。

アーティスト一覧 · 01日 11月 2021
レオナルド・ダ・ヴィンチは、土木工学、化学、地質学、幾何学、流体力学、数学、機械工学、光学、物理学、火工学、動物学などの科学分野でも才能を発揮している。 彼の科学的研究の全貌が明らかになったのは、ここ150年のことであるが、生前からその技術力と発明の腕前が評価されていた。...

さらに表示する