· 

【作品解説】アント二・ガウディ「サグラダ・ファミリア」

サグラダ・ファミリア / Sagrada Família

世界最大のスペインの教会建築


2017年8月のサグラダ・ファミリア
2017年8月のサグラダ・ファミリア

概要


設計 アントニ・ガウディ
着工 1882年3月19日〜
場所 スペイン、バルセロナ
様式 ゴシック・モダニズム
公式サイト https://sagradafamilia.org/

サグラダ・ファミリアはスペインのカタルーニャ・バルセロナにある巨大なローマ・カトリック教会。正式名称はサグラダファミリアのバシリカ(The Basílica de la Sagrada Família)。スペインの建築家のアントニ・ガウディが設計、現在も建設中であるが、既にユネスコ世界遺産に登録されている。

 

また2010年11月には、ベネディクト16世 (当時のローマ教皇)が礼拝に訪れて、正式にローマ・カトリック教会として認定するミサを行い、着工から128年目にして大聖堂(カテドラル)とは異なる上位の教会「バシリカ」となる。

 

サグラダ・ファミリアの着工は1882年に始まっている。1882年3月19日、建築家フランシスコ・デ・パウラ・デル・ビジャールの指揮下でサグラダ・ファミリアの建設が始まった。しかし、1883年にビジャールが辞任するとガウディが主任建築士に任命され、建設計画を独自の方向へ変更した。

 

就任後、ガウディはゴシック様式と曲線的なアール・ヌーヴォー様式を組みわせたゴシック・モダニズム様式路線に変更。直線、直角、水平がほとんどない外観が特徴である。

 

ガウディは1923年、76歳の最晩年まで精力的にこの建設企画に関わったが、彼が生きている間に完成することはできなかった。なお、ガウディの亡骸はサグラダ・ファミリアに埋葬されている。1926年に彼が亡くなった時には、プロジェクトの4分の1以下が完成していた。

 

サグラダ・ファミリアの建設は、個人の寄付金のみに頼っていたが、スペイン内戦の影響で工事が遅れ、中断された。1936年7月、革命家たちが地下室に火を放ち、作業場に侵入したため、ガウディのオリジナルの図面や図面、石膏模型が一部破壊され、16年の歳月をかけてオリジナルの設計図の断片をつなぎ合わせる作業が行われた。

 

建設は1950年代に断続的に再開された。その後、コンピュータ支援設計やコンピュータ数値制御(CNC)などの技術の進歩により、より速い進歩が可能となり、2010年には半分が完成した。

 

プロジェクトの最大の課題は、新約聖書の重要な聖書の人物を象徴する10本の尖塔を建設することだという。1980年代には、完成までに300年くらいはかかると言われていたが、IT技術などの進展により、現在ではガウディ没後の2026年の完成が見込まれている。

 

美術批評家のライナー・ツェルプストは、「全地球の美術史においてこのような教会建築は前代未聞である」と批評しており、またアメリカの建築批評家のポール・ゴールドバーガーは「中世以来のゴシック様式において最も異常で個人的なカラーの強い建築物」と批評している。

 

 2020年3月11日、スペインでCOVID-19が大流行したため、建設が中止され、サグラダ・ファミリアは無期限で閉鎖された。 スペイン内戦以来、建設が中止されたのは初めてである。

歴史


背景


サグラダ・ファミリアの建設は、「聖ヨセフ信者の霊的な協会」の創設者である本屋のジョセップ・マリア・ボカベラの構想がルーツとなっている。

 

1872年にバチカンを訪問したボカベラは、ロレートにあるサントゥアリオ・デッラ・サンタ・カーザに影響を受けて、イタリアに戻ると教会の建設を企画する。教会の地下礼拝堂が、1882年3月19日の聖ヨセフ祭の日に、建築家フランシスコ・デ・パウラ・デル・ビジャールの設計で寄付金により建設された。当初は標準的なゴシック・リヴァイヴァル建築になる予定だった。

 

地下礼拝堂は1883年3月18日にビジャールが辞任する前に完成していたが、アントニ・ガウディがデザインの責任を担当するようになると、当初の設計を根本的に変更した。ガウディは1883年に教会の工事を開始したが、1884年まで建築家の総監督には任命されなかった。

建設開始


建設期間が非常に長くなることについて、ガウディは次のように語ったと言われている。「クライアントは急いでいない」。1926年にガウディが亡くなったとき、教会は15〜25%の完成度だった。

 

ガウディの死後は、1936年のスペイン内戦で中断されるまで、ドメネク・スグラネス・イ・グラスの指揮の下で工事が続けられた。

 

未完成のバシリカとガウディの模型と工房の一部は、内戦中にカタルーニャのアナーキストによって破壊された。現在のデザインは、火災で焼失した図面を復元したものと、現代的にアレンジしたものをベースにしている。

 

1940年以降は、建築家のフランチェスク・キンタナ、イシドレ・プイグ・ボアダ、ルイス・ボネット・イ・ガリ、フランチェスク・カルドナーが事業を引き継いできた。

 

イルミネーションはカルレス・ブイガスがデザインした。現在のディレクターであり、リュイス・ボネットの息子でもあるジョルディ・ボネで、1980年代から設計や建築のプロセスにコンピュータを導入している。ニュージーランドのマーク・バリーがエグゼクティブ・アーキテクト兼研究員を務めている。

 

ジャウマ・ブスケッツや外尾悦郎による彫刻や物議を醸したジュセップ・マリア・スビラクスらが幻想的なファサードを装飾している。2012年にはバルセロナ出身のジョルディ・フォーリが建築監督に就任した。

 

2000年には中央の身廊のヴォールトが完成し、それ以降の主な作業は、トランセプトのヴォールトとアプスの建設だった。2006年の時点では、イエス・キリストの主尖塔と中央身廊の南側の囲い(グローリーファサードとなる)の横断面と支持構造に集中して工事が行われていた。

 

サグラダ・ファミリアは、1909年にガウディが建設作業員の子供たちのために設計したサグラダ・ファミリア・スクールと建物と敷地を共有していたが、2002年に敷地の東側の角から南側の角に移設され、現在は展示室となっている。

サグラダ・ファミリア完成モデル
サグラダ・ファミリア完成モデル
サグラダ・ファミリアの新しい石工は、汚れて風化した古い部分と対照的なのがはっきりとわかる。
サグラダ・ファミリアの新しい石工は、汚れて風化した古い部分と対照的なのがはっきりとわかる。
1905年
1905年
1915年
1915年
1930年
1930年

現在の工事状況


建築監督のジョルディ・フォーリは2015年10月、建設が70%完了し、6つの巨大な尖塔を仕上げる最終段階に入ったと発表した。尖塔と教会の構造物の大部分は、ガウディの没後100周年の2026年までに完成する予定で、2017年の見積もりでは、装飾的な要素は2030年か2032年までに完成するとされている。

 

現在、15~20ユーロの入場料で年間2500万ユーロの建設予算をまかなっている。

 

コンピュータ支援設計技術が、建設を早めるために使用されている。20世紀には石は手で彫られていたのに対し、現在の技術は現場外ではCNCフライス盤で石を効率的に彫ることができるようになった。

 

2008年には、カタルーニャの著名な建築家の中には、ガウディのオリジナルデザインが完全ではないが部分的に破壊されたため、尊重して建設の中止を提唱した者もいたが、近年では部分的に再建されている。

 

2018年、イギリスのチョーリー近郊にあるブリンスコールの採石場で、工事に必要な石種が発見された。

トンネル問題


2013年以降、AVEの高速鉄道がバルセロナ中心部の地下を走るトンネルを通ってサグラダ・ファミリア付近を通過するようなったた。2010年3月26日に着工したこのトンネルの建設は物議を醸した。

 

スペイン公共事業省(フォメント大臣)は、このプロジェクトは教会にリスクをもたらさないと主張していた。しかし、サグラダ・ファミリアの技術者や建築家は、トンネルが建物の安定性に影響を与えないという保証はないと言って反対した。

 

サグラダ・ファミリア理事会と近隣団体のAVE pel Litoral(海岸沿いのAVE)は、このルートに反対するキャンペーンを主導していたが、成功しなかった。

 

2010年10月には、トンネル掘削機が教会の正面ファサードの位置の地下に到達した。 2013年1月8日には、トンネルを通過するサービスが開始された。トンネル内の道路は、振動を減衰させるためにレールが弾性素材に埋め込まれたEdilon Sedra社のシステムを使用してる。サグラダ・ファミリアへの被害は今のところ報告されていない。

聖別


2010年半ばには主身廊が覆われ、オルガンが設置され、まだ未完成ではあるが宗教的な礼拝に使用されるようになった。

 

教会は2010年11月7日、教皇ベネディクト16世によって6,500人の信徒の前で聖別された。さらに5万人が聖別ミサに続いてバシリカの外から聖別ミサが行われ、100人以上の司教と300人以上の司祭が聖餐を捧げた。

 

2017年7月9日から、毎週日曜日と義務のある聖日には、バシリカで午前9時から一般公開された国際ミサが行われている(教会が満員になるまで)。

火事


2011年4月19日、放火魔が聖具室で小さな火事を起こし、観光客や建設作業員の避難を余儀なくされた[35]。 聖具室は損傷を受け、火事の鎮火に45分を要した。

パンデミック


2020年3月11日、スペインでCOVID-19が大流行したため、建設が中止され、サグラダ・ファミリアは無期限で閉鎖された。 スペイン内戦以来、建設が中止されたのは初めてである。 グエル公園にあるガウディ家博物館も閉鎖された。

デザイン


サグラダ・ファミリアの様式は、スペインの後期ゴシック、カタルーニャのモダニズム、ほかにアール・ヌーヴォーなどさまざまな関連性がある。

 

サグラダ・ファミリアは美術史において一般的にアール・ヌーヴォー運動として位置づけられているが、表面装飾としての通常のアール・ヌーヴォー装飾よりはるかに過剰な様式にしていると指摘されている。

 

サグラダ・ファミリアは、決して大聖堂(司教座)にすることを意図したものではなかったが、当初から大聖堂サイズの建物になるように計画されていた。そのグランドプランは、ブルゴス大聖堂、レオン大聖堂、セビリア大聖堂などの初期のスペインの大聖堂との明らかな関連性がある。

 

カタルーニャや他の多くのヨーロッパのゴシック様式の大聖堂と共通してサグラダ・ファミリアは、その幅に比べて短く、二重の通路、7つの礼拝堂のシュベットを持つ回廊、多数の尖塔、3つの門など、非常に複雑な部分があり、それぞれ構造や装飾が大きく異なる。

 

スペインの大聖堂は、多くの礼拝堂や教会建築に囲まれているのが一般的ですが、この教会の図面には珍しい特徴がある。教会を囲むように四角形を形成し、3つの門のそれぞれの祭壇を通り抜けて、屋根付きの通路や回廊があるのが特徴である。

 

この特殊性はさておき、ビジャールの地下室の影響を受けた図面をみると、ガウディのデザインの複雑さは伝統的な教会建築からの逸脱が見られる。教会の内外に正確な直角はなく、デザインの中には直線がほとんどない。

幾何学の詳細


生誕のファザードの尖塔は、キュビスムを思わせる幾何学的な形をした頂部を冠しており(1930年頃に完成)、複雑な装飾は同時代に流行っていたアール・ヌーヴォーの影響のように思えるが、ガウディはほかの芸術家や建築家からの影響は受けていおらず、おもにに自然から得た独自のスタイルを持っており、カテゴライズされることを嫌った。

 

ガウディは、サグラダ・ファミリアの後期のデザイン(1914年以降のデザイン)では、双曲面構造を利用している。しかし、生誕のファザードには、ガウディの線織面デザインとは異なるデザインであるが、双曲面構造の場所がいくつかある。

象徴


装飾全体のテーマは典礼の言葉を含んでいる。尖塔は「ホサナ」、「エクセルシス」、「サンクトゥス」などの言葉がつけられている。

 

受難ファサードの大扉はカタルーニャ語を中心とした様々な言語で新約聖書のイエスの受難を再現している。栄光ファサードは使徒信条の言葉がつけられている。

 

正面扉はカタルーニャ語で「主の祈り」を再現し、その周囲には他の言語で「今日も私たちの日々のパンを与えてください」という言葉が散りばめられている。

 

3つの入り口は3つの美徳を象徴している。信仰、希望、愛である。それぞれの入り口は、キリストの生涯の一部と関連づけられている。生誕祭のファサードはキリストの誕生に捧げられている。栄光のファサードは、彼の栄光の時代に捧げられている。受難ファサードはキリストの苦しみを象徴している。アプスの尖塔にはラテン語で「アヴェ・マリア」の文字が刻まれている。全体として、サグラダ・ファミリアはキリストの生涯を象徴しています。

 

聖域の領域は、聖人、美徳、罪などの様々な概念と、地域などの世俗的な概念を表すために指定され、おそらくそれに合わせた装飾が施されている。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Sagrada_Fam%C3%ADlia、5月29日アクセス