カテゴリ:最も高額な美術作品



【作品解説】パブロ・ピカソ「パイプを持った少年」
作品解説 · 27日 12月 2021
《パイプを持った少年》は1905年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。ピカソの「ばら色の時代」の代表作の1つ。描かれているのは左手にパイプを持ったパリの少年で、頭には花輪を付けている。 本作の初期設定では、壁を背景に立ったり、かがんだりする少年を描く予定だったが、試行錯誤の上にピカソは椅子に座っている少年を描くことにしたという。次に腕の角度、高さ、位置をどこにするかを決めるのにかなりの時間を費やしたといわれる。

【作品解説】パブロ・ピカソ「アルジェの女たち」
作品解説 · 27日 12月 2021
「アルジェの女」は、1954年から55年の冬にかけてパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。1954年から1963年の間にピカソは古典巨匠のオマージュとなる連作をいくつか制作している。2015年5月11日にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、約1億7900万ドル(約215億円)で落札された「アルジェの女」は、この頃の作品。 ハーレムの女性たちを描いたフランスの画家ドラクロワの「アルジェの女たち」のオマージュ作品で、「A」から「O」までの合計15作品の連作となる。

【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「戦士」
作品解説 · 09日 12月 2021
《戦士》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。2021年3月、香港のクリスティーズで4,180万ドルで落札され、アジアのオークションで落札された西洋美術品の中で最も高額な作品となった。

【美術解説】ジャン=ミシェル・バスキア「アメリカで最も重要な新表現主義の画家」
アーティスト一覧 · 09日 12月 2021
ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。 1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。 1980年代までにバスキアは、グラフィティ・アート、プリミティヴィズム、そしてジュリアン・シュナーベル、デイビット・サル、フランチェスコ・クレモント、エンツォ・クッキらとともに新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。

【作品解説】バスキア&ウォーホル「ゼニス」
作品解説 · 08日 12月 2021
《ゼニス》は、1985年にジャン=ミシェル・バスキアとアンディ・ウォーホルによって共同制作された絵画。2014年5月にフィリップス・オークションで1,140万ドルで落札され、ウォーホルとバスキアのコラボレーション作品では最高額を記録した。

【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「ハリウッド・アフリカン」
作品解説 · 05日 12月 2021
《ハリウッド・アフリカン》は、1983年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した作品。本作品はハリウッドにおける黒人描写に対する反応であるという。

【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「ミシェル・スチュワートの死」
作品解説 · 04日 12月 2021
《ミシェル・スチュワートの死》は、1983年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。《改ざん》と呼ばれることもある。 本作は、マイケル・スチュワートが、地下鉄に落書きをしたためニューヨーク市交通局の警察官に殺された事件に反応して制作されたもので、反黒人人種差別と警察の残虐行為を表現している。

【作品解説】バスキアとウォーホル「オリンピック」
作品解説 · 04日 12月 2021
《オリンピック》は、ジャン=ミシェル・バスキアとアンディ・ウォーホルが1984年に制作した絵画。1984年にロサンゼルスで開催された夏季オリンピックを記念して制作されたものである。 本作品は2012年6月に開催されたフィリップスのコンテンポラリー・アート・イブニング・セールで1,050万ドルで落札され、当時、ウォーホルとバスキアのコラボレーション作品としては過去最高額を記録した。 オークションで落札されたウォーホルとバスキアのコラボレーション作品としては、《ゼニス》(1985年)に次いで2番目に高価な作品である。

【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「無題(頭蓋骨)」
作品解説 · 04日 12月 2021
《無題》は、1981年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。 バスキアは1981年初頭に《無題》の制作を始める。短期間で完成しがちなバスキア作品とは異なり、本作は数ヶ月間かかっている。 美術史家のフレッド・ホフマン氏は、バスキアがスタジオで思い描いていたであろうビジョンを次のように説明している。 「完成が長引いた理由は、推測の域を出ないが、私や当時のディーラーであったアンニナ・ノセイをはじめとするバスキアに近い人たちは、この若い未熟な作家が作品の完成を躊躇したのは、この予期せぬイメージから発せられるパワーとエネルギーに不意を突かれ、恐ろしくなったからではないかと考えている」。

【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「ジョニー・ポンプの少年と犬」
作品解説 · 03日 12月 2021
《ジョニー・ポンプの少年と犬》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。犬を連れた少年が描かれている。 最も高額な絵画の1つとみなされており、2020年に1億円以上で購入され、2017年に前澤友作が1億1050万ドル落札した《無題》(1982年)に続いて、バスキア作品では2番目に高額な絵画である。

さらに表示する