· 

【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア作品一覧

ジャン=ミシェル・バスキアの作品一覧

ファイン・アーティストに転向した後に発表したバスキア作品ほか、アンディ・ウォーホルとのコラボレーション作品など派生的な作品についても解説します。バスキアの概要や略歴を知りたい方はこちらへ。

オークション高額作品


《無題(1982年)》
《無題(1982年)》

《無題(1982年)》は、ジャン=ミシェル・バスキアが1982年に制作した絵画。本作は、これまで購入されたバスキア作品の中で最も高価な絵画で、2017年5月、サザビーズのオークションで前澤友作が1億1,050万ドルで落札した。(続きを読む



《ジョニー・ポンプの少年と犬》
《ジョニー・ポンプの少年と犬》

《ジョニー・ポンプの少年と犬》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。犬を連れた少年が描かれている。最も高額な絵画の1つとみなされており、バスキア作品では2番目に高額な絵画で1億ドルで取引された。(続きを読む



《In this case》
《In this case》

《In This Case》は、1983年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画作品。頭蓋骨が描かれたこの作品は、バスキア作品で最も高額な作品の1つとみなされている。2021年5月、クリスティーズ・ニューヨークで9,310万ドルで落札された。(続きを読む


代表作


《黒人警察官の皮肉》
《黒人警察官の皮肉》

《黒人警察官の皮肉》は、1981年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。アイロニーを含みながら「黒人警察官」を描いている。絵画に描かれているミッドナイトブルーの警察官の制服を着た黒人男性は、全体主義的体制化における黒人の大衆を表現したものだとみなされている。(続きを読む



《ハリウッド・アフリカン》
《ハリウッド・アフリカン》

《ハリウッド・アフリカン》は、1983年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した作品。本作品はハリウッドにおける黒人描写に対する反応であるという。(続きを読む



《無題(頭蓋骨)》
《無題(頭蓋骨)》

《無題》は、1981年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。生と死の間に存在する頭部の内と外の両方の次元を描いている。目は、ロボトミー手術を受けたかのように、元気がない。控えめな表情は、内的活動の豊かさを示唆する鮮やかな色彩とは対照的である。(続きを読む



《ラ・ハラ》
《ラ・ハラ》

《ラ・ハラ》は、バスキアが描いた数少ない白人男性の作品である。赤色の背景に、尖った帽子をかぶった白い骸骨のような人物が威嚇するように描かれ、絵の随所に鮮やかな色や図が描かれている。(続きを読む



《ミシェル・スチュワートの死》
《ミシェル・スチュワートの死》

《ミシェル・スチュワートの死》は、1983年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。《改ざん》と呼ばれることもある。本作は、マイケル・スチュワートが、地下鉄に落書きをしたためニューヨーク市交通局の警察官に殺された事件に反応して制作されたもので、反黒人人種差別と警察の残虐行為を表現している。(続きを読む



《黒人の歴史》
《黒人の歴史》

《無題(黒人の歴史)》は、1983年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。《ナイル》と呼ばれることもある。本作品でバスキアは、古代エジプトとアメリカ南部の文化を題材として、西洋社会の認識と奴隷制に対する忘却を批判している。(続きを読む



《専門家のパネル》
《専門家のパネル》

《専門家のパネル》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。作品の一部(左上の二人の拳闘)は、バスキアの恋人であるスザンヌ・マルークやマドンナ間のキャットファイトを描写したもので、バスキアの個人的な生活の特定のイベントを題材にしている。(続きを読む



《キャデラック・ムーン》
《キャデラック・ムーン》

《キャデラック・ムーン》は、1981年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。歌手のデビー・ハリスが200ドルで購入した作品で、バスキアの最初のファイン・アート作品として認知されている。(続きを読む



《戦士》
《戦士》

《戦士》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。2021年3月、香港のクリスティーズで4,180万ドルで落札され、アジアのオークションで落札された西洋美術品の中で最も高額な作品となった。(続きを読む



《チャールズ・ザ・ファースト》
《チャールズ・ザ・ファースト》

《チャールズ・ザ・ファースト》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。この作品は、ビバップの発展に貢献したジャズサックス奏者、チャーリー・パーカー(愛称:バード)へのオマージュである。(続きを読む



《お金の鳥》
《お金の鳥》

《お金の鳥》は、1981年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。ジャズ音楽はバスキアの芸術に共通するテーマであり、彼はしばしばジャズ音楽に合わせて絵を描いていた。(続きを読む


《フレキシブル》は、1984年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画、グリオが描かれたこの作品は、2018年5月にフィリップスで4530万ドルで落札された。(続きを読む


コラボレーション作品


《ゼニス》
《ゼニス》

《ゼニス》は、1985年にジャン=ミシェル・バスキアとアンディ・ウォーホルによって共同制作された絵画。2014年5月にフィリップス・オークションで1,140万ドルで落札され、ウォーホルとバスキアのコラボレーション作品では最高額を記録した。(続きを読む



《オリンピック》
《オリンピック》

《オリンピック》は、ジャン=ミシェル・バスキアとアンディ・ウォーホルが1984年に制作した絵画。1984年にロサンゼルスで開催された夏季オリンピックを記念して制作されたものである。(続きを読む